2011-10-25 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第455号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(富士山と東京スカイツリー)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ■1.クラブ・フォトバード撮影会『川崎工場夜景』 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』の撮影会。 今回の撮影地は川崎市にある『工場地帯』です。 http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.45.58N35.29.31&ZM=5
 どういう理由かは分かりませんが、昨年『工場夜景』というものがブームに なり、写真集が多く出版され、テレビ番組なども企画され、撮影ツアーが多数 組まれました。  私の写真クラブでも昨年撮影会を実施したところ、たいへん好評で、今年も また企画して実施しましたので、その様子をご紹介しましょう。  横浜駅で集合し、高速湾岸線を走って、川崎市の「東扇島」を目指します。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まずやってきたのは東扇島にある『川崎マリエン』です。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  この10階にある展望台は無料で入ることができるのでお勧めのスポットで す。ここから川崎市の工場地帯の夜景を見下ろすように撮影することができま す。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ちょうど日没の時間帯です。偶然にも西の空が燃えるように染まり始め、見 事な夕焼けになりました。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )
( photo27 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  思いがけず素晴らしい夕焼けのプレゼントをいただきました。 夜景のかなたにはうっすらと富士山のシルエットも見えます。
( photo28 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  ここは夕日の名所でもあるので、また日を改めて訪れて見たいですね。  空の光が薄れてゆくとともに、下界にある川崎の工場地帯が輝き始めました。
( photo29 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  さて、展望台を後にして、工場地帯のふところに飛び込んでみましょう。
( photo30 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  やってきたのは川崎市市営埠頭です。ここは工場を取り巻くようにしてバス 道路が走っていますから、そのたもとから工場を撮影することができる人気の スポットなのです。
( photo31 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  参加者の皆さん、カメラを三脚にしっかり立てて撮影開始です。
( photo32 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  ちなみに鳥越が用意したデジカメは「Nikon D700」です。 フルサイズセンサーを備えたデジカメはノイズ耐性が強く、暗い被写体を美し く再現してくれるので、こういうシチュエーションで有利だからです。  そして望遠ズームレンズは近づけない工場を大きく映し出せるので重宝しま す。
( photo33 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  工場だけでなく、その周りにある環境も撮影して見ましょう。手前に線路の レールを配置して縦位置で撮影してみました。
( photo34 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  工場地帯の周囲のバス道路も水銀灯が光って美しいですね。
( photo35 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  最後にやってきたのは『夜光運河』ぞいにある工場地帯です。「夜光」とは 地区の名称で、なんとなく素敵な名前ですね。  運河の水面に工場の夜景が写り込んで美しい写真が撮れるのです。
( photo36 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  標準ズームから望遠ズームに取り替えて、少しずつクローズアップしてゆき ましょう。
( photo37 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  工場のメカニカルな部分を思い切りクローズアップして撮影してみましょう。 この複雑に入り組んだパイプのデザインが、マニアな人に言わせるとたまらな いのだそうです。(笑)
( photo38 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  工場の光が運河の水面に写り込んで美しく輝いています。
( photo39 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )
( photo40 : Nikon D700 + SIGMA50-500mmF4-6.3EXDG/HSM )  昼間とはまるで異なった雰囲気に包まれる川崎の工場地帯。 夜間に一人で歩くには、ちょっと物騒ですが、撮影会で大勢で来るのなら安心 ですね。  また次回の撮影会レポートをどうぞお楽しみに。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  中京取材を終えた鳥越は、カレンダーの素材写真として、「東京スカイツリー」 を撮影することになりました。  対象物が自然なものではないのですが、ひとつのオブジェクトとして、たい へん興味ある被写体であることは間違いありません。  まずひとつの条件は「空が青くクリアーであること」です。 白く曇った背景では素材写真としてモノになりませんから。  というわけで、台風一過の晴天の日を選んで、行ってきました。 東京都墨田区へ。
( photo01 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  慎重に日を選んだだけあって、見事な好天に恵まれました。銀色のスカイツ リーが青空に映えます。
( photo02 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ひとくちにスカイツリーと言っても、「どこから見るか」が重要になってき ます。  撮影地のひとつに選定したのは、墨田区・十間川にかかる『十間橋』です。  ここからスカイツリーを見るとその姿が川に映りこんで『逆さスカイツリー』 が見えるからです。
( photo03 : Microsoft-ICEにてパノラマ化 )  時間は早朝の7:30。朝の方が風が静かで、水面が穏やかだからです。 昼になれば風が出て水面が波立ち、鏡のような映り込みは無くなってしまうで しょうから。  余談ですが、上記の写真、『パノラマ作成ソフト』を使って縦長の写真にし ました。画素数は5000万画素ほどあります。  どういうことかというと、カメラを「横位置」で構えて、上から下まで、何 枚かに分けて撮影した画像を縦方向に合成して縦位置写真のようにしたのです。  パノラマ写真というと一般的に横長の写真が思い浮かびますが、最近のパノ ラマ作成ソフトはなかなか優秀で『縦方向』あるいは『上下左右方向』に分解 された写真をつなげることもできてしまいます。  フォトショップにも搭載されていますが、私はマイクロソフトの 「ICE」(Image Composite Editor)が無料で使えるので気に入っています。  ご興味有ります方は、検索エンジンで「Microsoft ICE」などと検索してみ てください。 (英語版のみですが、簡単な英語なので使えると思います)  見上げるように高い東京スカイツリー。ここは有名な撮影地なので、しばら くすると、カメラを持った人が多数訪れて撮影していました。すっかり下町の 風物詩になっていますね。
( photo04 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、次に訪れたのは、千葉県の市川市です。JR市川駅の南口を降りてみ ましょう。降りたって、すぐ近くに『I-linkタウンいちかわ』のビルディング がそびえ立っています。
( photo05 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ビルは二つあるのですが、西側にある『ザ・タワーズウエスト』です。
( photo06 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  この45階にある展望施設は地上150mから360°の大展望が得られる スポットとして人気急上昇中なのです。
( photo07 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  展望エレベーターに乗ってみましょう。見晴らしが良いですね。
( photo08 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  どんどんと高度を上げることに、市川市の街並みが眼下に離れて行きます。
( photo09 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  エレベーターからも素晴らしい展望が楽しめます。もっとも高所恐怖症の方 は背中がむずむずするかも知れませんが。(笑)
( photo10 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  地上45階に到着しました。
( photo11 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  展望スカイサロンに入ってみましょう。青い空に白い雲がまぶしいですね。
( photo12 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さらにその上にある『展望デッキ』に登ってみましょう。
( photo13 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo14 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  空に屋根がありませんから、天候が悪い時には吹きさらしになります。もっ とも悪天の時は展望がありませんから、登る人もいないのでしょうが。(笑)
( photo15 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ご覧のように地上150mの展望は素晴らしいものです。
( photo16 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ちなみに『360°の大展望が得られる』というのがうたい文句ですが、展 望デッキのガラスの外側にビルの支柱があるので気になります。写真を撮影す るときは支柱が写り込まないように注意が必要でしょう。  眼下に見える線路は『JR総武線』です。向こうに見える川は東京都と千葉 県を隔てる『江戸川』です。
( photo17 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  東京都・江戸川区、江戸川、市川市の市街地とパノラマを作成してみました。 ビルの支柱が入らないように、苦労して位置を変えながら何枚か撮影したもの を合成してみました。
( photo18 : Microsoft-ICEにてパノラマ化 )  さて、いつまでも大展望に見とれているわけにはいきません。本来の目的で あるスカイツリーを撮影しなければいけないからです。西に目を向けてみましょ う。
( photo19 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  江戸川の遙か向こうに東京スカツリーの姿が見えます。
( photo20 : SONY α55 )+ Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA  このビルからだと、ちょうど富士山とスカイツリーが近くに写ります。 これは素晴らしいロケーションですね。
( photo21 : Canon EOS Kiss X4 + EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS )  林立する東京のビル群を従えて、まるで雲にまで届きそうなスカイツリーの 高度感が表現できます。まったく良いところに展望台を作っていただいたもの です。
( photo22 : Canon EOS Kiss X4 + EF-S18-135mm f/3.5-5.6 IS )  スカイツリーの開業は2012年の5月に予定されているそうですが、そう すればスカイツリーにイルミネーションが灯り、東京の大都会の夜景に浮かぶ、 富士山のシルエットとのコラボレーションが見られるかも知れませんね。  その時にはぜひまた訪れて見たいと思っています。 (※)ちなみにこの展望台は『三脚使用禁止』だそうです。  理由を尋ねたら「来場者の安全を確保するため」という答えが返ってきまし た。  「三脚がそんなに危険なモノなのかな?」と、ちょっと首をかしげましたが、 そういう決まりだとしたら仕方ありません。  しかしそこであきらめてしまってはいけません。  「カメラバッグ」を台にして、そこへカメラとレンズを乗せればいいのです。 「そばがら枕」や「ビーズ枕」などがあると、角度の微調整もできて重宝しま す。  さて、来年5月のブログには、スカイツリーの夜景が見られるでしょうか。 今から楽しみです。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Canon EOS Kiss X4 → http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissx4/index.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-10-25.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/10-25/2011-10-25.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09119 "Towards the ice wall." 『氷壁を目指して』 Img09206 "Spring has come on temple gate." 『山門の春』 Img09360 "Awaking of field horsetail." 『スギナの目覚め』 Img09488 "The philosophical rock." 『哲学の岩』 Img09769 "Eternal figure of Mt.Fuji." 『悠久たる富士』 Img09916 "It's hard mountain but beautiful." 『厳しくも美しき山よ』 Img09926 "Be bathed in the light." 『光が注いで』 Img09965 "Laud of giant trees." 『巨木達の賛歌』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-10-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.