2011-11-22 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第459号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(北軽井沢の紅葉)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2011年11月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジカメ教室」。  こちらは11月15日に実施された『横浜校デジカメ中級クラス』です。 午前のミニ撮影会で横浜市にある『三渓園』を訪問しました。  ちょうど『菊花展』が開催されており、被写体にことかきません。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  様々な形の菊の花が立ち並んでいます。
( photo35 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  受賞作品が多く、どの花にも気品が感じられます。
( photo36 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ100mmF2.8(D) )  マクロレンズを使うと最短撮影距離をほとんど気にしなくて良いので、被写 体にどんどん近づけてしまいます。花びらの抽象的なパターンを写しだしてみ ましょう。
( photo37 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ100mmF2.8(D) )  最近の標準ズームの最短撮影距離も短くなっているので、マクロレンズ並み の接写ができてしまいます。特にシグマのレンズが良いですね。
( photo38 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  単焦点レンズも負けてはいません。ズームレンズ全盛の時代だからこそ、口 径の大きな単焦点レンズの美しいボケ味を楽しみたいものです。
( photo39 : SONY α55 + ミノルタAF85mmF1.4G(D) )  こちらのおじさまはコンパクトデジカメ片手に何を撮っているのでしょうか。
( photo40 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  園の池にぷかぷかと浮かぶ鴨たちを撮っているのですね。 ちなみにこれは人間の目線のアングルです。
( photo41 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  これでは面白くありません。カメラを水面ぎりぎりにセットして撮影してみ ましょう。きっと鴨の目線に立った写真が撮れるはずですよ。
( photo42 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  けど、うっかりしてカメラを水の中に落とさないように気をつけて下さいね。(笑)  まだ紅葉には早いのですが、美しい色づきを見せる木の葉に出会いました。
( photo43 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  こういう被写体は腕の見せ所です。ちょっとした工夫で美しい写真が撮れる と思いますよ。
( photo44 : Nikon COOLPIX S640 )  コツは、奥の葉にピントを合わせて手前の葉を前ボケに使うことです。  ほら、まるで夢に包まれたような素敵な紅葉の写真が撮れましたよ。
( photo45 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  ベンチの上にふてぶてしく寝転んでいるネコちゃんを見かけました。 まずは逃げ出さないうちに、全体像をスナップ撮影しておきます。
( photo46 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  逃げ出さないように、静かにすこしづつ近づいて行きましょう。
( photo47 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  まだ逃げないですね。観光地のネコちゃんはいじめられることもなく、甘や かされているので、人間慣れしてすっかりふてぶてしくなっていますね。(笑)
( photo48 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  こんなに近づいてしまいました。文字通り眼と鼻の先です。(笑)
( photo49 : SONY α55 + SIGMA18-50mmF2.8EXDC MACRO )  こういうシチュエーションでも最短撮影距離の短い標準ズームレンズは大変 重宝します。一般のスナップ撮影からクローズアップ撮影までこなせてしまう のですから。  昼食後は室内に移動して、午前中ミニ撮影会の講評会を行います。
( photo50 : RICOH Caplio-R6 )  その後は机上レクチャー。今回は『レンズの特徴と使いこなし』の話でした。
( photo51 : RICOH Caplio-R6 )  こちらは11月16日に実施された『横浜校レタッチ中級クラス』です。 テーマは『RAW現像処理』の2回目です。
( photo52 : RICOH Caplio-R6 )  RAW現像では明るさやコントラストを柔軟に調整することができます。
( photo53 : RICOH Caplio-R6 )  最近のRAW現像ソフトには『補助光』『白飛び軽減』『自然な彩度』など の便利なパラメータが装備されています。  そうはいいつつ、それらのパラメーターを効果的に使いこなすのは難しいこ とです。この講習は実際の画像のレタッチをまじえて分かりやすく解説してい ます。
( photo54 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  美しい自然風景を自分のイメージ通りに調整できたらこんなに嬉しいことは ありません。皆さん頑張りましょう。
( photo55 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) ★あなたも参加して、一緒に夢のある写真を撮りませんか? フォトスクールは途中入校も受け付けております。 ↓詳しくは下の「写真教室」のページをご覧下さい↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』では、秋の2泊3日の 撮影会として『志賀高原〜軽井沢』に出かけてきました。  いよいよ今回はそのレポート最終回です。  3日目の未明、冷え込んだ中、車に乗車して出発です。
( photo01 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  昨夜、上空を通過した寒気の影響で、標高2000m付近の路面は凍結し、 大変危険な状態でした。また寒気の影響で渋峠付近は吹雪模様。日の出は望め そうもありません。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  そこで無理をせず、木戸池に戻りました。この冷え込んだ条件なら『霧氷』 が見られるかも知れないからです。
( photo03 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まだ霧に包まれた木戸池。この霧は晴れるのでしょうか?
( photo04 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ご覧のように、10月に入った志賀高原では寒気が一発入ると、雪が降るこ とは珍しくありません。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  笹の葉の上に砂糖菓子のように降り積もった雪がとても綺麗です。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  しばらく待っていると、霧が晴れ始め、対岸の風景が広がり始めました。
( photo07 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  完全な氷着ではありませんが、読み通り、見事な霧氷に出会うことができた のです。
( photo08 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  霧が晴れてゆくと同時に、真っ白に雪化粧した木々たちが現れると、参加者 は感動のあまり夢中でシャッターを切っていました。  霧が晴れると同時に、高原は晴天に恵まれました。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  雪化粧の山肌を撮るつもりで車を停めましたが、そこにはなんと猿の群れが 押し寄せていたのです。
( photo10 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  ムクムクして可愛らしいですね。
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  人間を小馬鹿にしたような態度にも愛嬌が感じられます。
( photo12 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  まったく人慣れしたものです。車の上は暖かいのでしょうか。
( photo13 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  悪さをしないうちに山に帰ってほしいものです。
( photo14 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  さて、こちらはスキー場のスロープに使われている山肌に付いた霧氷を狙っ てみましょう。山の斜面を見渡せるように、その山と反対側にある丘に登って みます。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  ご覧のように葉を落としたダケカンバ林に、見事な霧氷が現れました。
( photo16 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  しばし晴れていた空はにわかに曇り始め、高原はまた吹雪になってしまいま した。ホテルに退散しましょう。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  暖かいホテルのロビーでお弁当とお茶をいただいてほっと一息です。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  吹雪の中、ホテルをチェックアウトです。すっかり御世話になりました。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  『ホテルむつみ』の支配人さんが見送ってくれました。 吹雪の中にもかかわらず、ありがとうございました。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  長野市へと降りてゆく途中、真っ赤に実ったリンゴ畑に立ち寄りましたよ。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  まるでこぼれおちそうなくらい立派に実ったリンゴです。
( photo22 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  さて、長野道に乗って帰途につきました。
( photo23 : PENTAX Optio-A30 )  途中、軽井沢の紅葉が良いというので寄って行きましょう。
( photo24 : PENTAX Optio-A30 )  浅間山の山麓を巡る高原道路を走ります。 志賀高原での霧氷や吹雪がうそのように下界は好天になっていました。
( photo25 : PENTAX Optio-A30 )  軽井沢、千ヶ滝別荘地の『セゾン現代美術館』の前に、偶然、小さな池を発 見しました。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  小さくて静かな池です。しかし小さいがため、水面がさざなみたつこともな く、水も澄んでいて、鏡のように美しい池でした。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  その水面に空のブルーが映り込んで、なんとも神秘的な色彩を放っていました。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  見上げれば青い空の下、紅葉が燦々と輝いています。
( photo29 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  黄葉の色が水面に映りこんで、その上を鴨が滑るように泳いでゆきました。
( photo30 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この小さな池、看板などはなく、名前が分かりませんでした。 地元の方に問い合わせたところ、やはり決まった名前が無く、『里池』とか、 あるいは冬になると白鳥が飛来するそうで『スワンレイク』などと呼んでいる そうです。
( photo31 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  旅の最後は、北軽井沢にあるお洒落なレストランでランチをいただいてしめ くくりました。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-F550EXR )  終わりよければ全てよし。 木戸池の霧氷も素晴らしかったですし、池に映りこむ軽井沢の紅葉も実に見事 で、自然写真を撮る喜びを存分に味わえた最終日でした。  秋の志賀高原撮影会は大変好評だったので、来年には『志賀高原新緑撮影会』 が実現しそうな気配です。(笑)  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-F550EXR → http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/f/finepix_f550exr/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Nikon COOLPIX S640 → http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s640/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
RICOH Caplio-R6 → http://www.ricoh.co.jp/dc/caplio/r6/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-11-22.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/11-22/2011-11-22.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09121 "Pleated surface of Mt.Jiigatake." 『爺ヶ岳の山襞』 Img09162 "Awakening of cherry blossom." 『桜の目覚め』 Img09241 "Sun bless the sailing." 『出航の太陽』 Img09317 "Deers with a quiet." 『ひそやかなる鹿たち』 Img09379 "Sisters of flowers." 『花の姉妹』 Img09439 "Mountains with blue and green." 『青く緑深き山々』 Img09720 "The dawn on Otaru city." 『小樽市の夜明け』 Img09923 "The time to see Mt.Fuji in evening." 『夕富士の見える頃』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-11-22 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.