2011-12-13 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第462号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆(東京ドイツ村イルミネーション)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.2012年・川本製作所(川本ポンプ)カレンダーに採用 --------------------------------------------------------------------------  名古屋にあるポンプ製造会社として有名な『川本製作所』の企業カレンダー の写真を2009年より鳥越が担当させていただいておりますが、おかげさま で2012年も担当させていただく運びとなりました。 ●川本ポンプ・ホームページ http://www.kawamoto.co.jp/


 写真サイズは2Lほどですが、縦写真のみで構成された卓上タイプの週替わ りカレンダーで、50枚の写真が入っております。 毎週写真が変わるので、飽きずに楽しめると思います。 コンパクトな縦サイズなので邪魔になりません

 残念ながら、このカレンダーは非売品で、ブログの読者の方にお売りするこ とはできませんが、鳥越の主宰するデジカメ教室や撮影会に参加すると、 もらえる可能性があります。  2013年度のカレンダーをご希望される方は、ぜひ鳥越の教室や撮影会に ご参加ください。(笑) -------------------------------------------------------------------------- ●1.2012年・メタウォーター株式会社・カレンダーに採用 --------------------------------------------------------------------------  『メタウォーター株式会社』は、市民に水道水を供給する施設において、濾 過システム、水の安全性維持管理システムなど、私たちが普段御世話になって いる水の安全に関わる設備や技術を提供する会社です。 ●メタウォーター株式会社・ホームページ http://www.metawater.co.jp/
 ご縁ありまして、2012年の企業カレンダーの写真を鳥越が担当させてい ただく運びとなりました。  あまり大きな画像でご紹介できないのが恐縮ですが、 年間6枚のカレンダーを紹介させていただきます。 ●1−2月:長野県・上高地・田代池
●3−4月:長野県・小谷村・鎌池
●5−6月:北海道・美瑛町・青池
●7−8月:長野県・茅野市・御射鹿池
●9−10月:長野県・小谷村・鎌池
●11−12月:新潟県・糸魚川市・白池
 こちらのカレンダーも残念ながら非売品です。 ブログ読者の方には画像のみのお届けとなりますが、 どうかご容赦ください。  これからも美しい日本の自然写真を通して社会に貢献できるよう 努力して参ります。  どうぞ今後とも変わらぬご支援ご声援をお願いいたします。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  気がつけばもう師走ですね。  慌ただしい季節になってきました。  12月と言えばクリスマス・イルミネーションです。  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』では、12月初旬、冬 の日帰り撮影会として、千葉県袖ヶ浦市にある『東京ドイツ村』へイルミネー ション撮影会に出かけてきました。
( photo12 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  海老名駅、横浜駅で集合し、東京湾アクアラインを通って千葉県を目指しま す。
( photo13 : PENTAX Optio-A30 )  千葉県に上陸する前に、まずは海ほたるパーキングエリアで休憩をしましょ う。
( photo14 : PENTAX Optio-A30 )  ここからは、ゆったりと波打つ東京湾の素晴らしい展望が得られます。 折しも冬の太陽がゆっくりと西の海上に沈んで行くその最中でした。
( photo15 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さっそくカメラを撮りだして夕日撮影です。
( photo16 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  紅い夕日は心を躍らせますね。皆さん撮影に夢中のようです。
( photo17 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  夕日が照っているとそちらに眼を奪われがちですが、空にも眼を向けて見ま しょう。東京湾の海上を流れる夕焼け雲の迫力に眼を奪われます。 広角レンズで撮影し、レタッチの時にコントラストをアップさせてその迫力を 強調してみました。
( photo18 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  いよいよ落日が東京湾に文字通り落ちて行きます。ただ夕日だけでも絵にな りますが、海上を行き交う船舶をシルエットに入れると、ますます旅情が増す 絵になるでしょう。
( photo19 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  参加者の人が面白いものを見つけました。イルミネーションのついたオブジェ です。
( photo20 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  それを手前に配置して、奥の太陽にピントを合わせると、ちょっとオシャレ な写真になりますね!
( photo21 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  さて、海ほたるで一服した一行は、引き続きアクアラインを通って千葉県袖 ヶ浦市を目指します。
( photo22 : PENTAX Optio-A30 )
( photo23 : PENTAX Optio-A30 )  袖ヶ浦市の丘陵地帯にある東京ドイツ村に入りました。
( photo24 : PENTAX Optio-A30 )
( photo25 : PENTAX Optio-A30 )  それにしても素朴な疑問。 千葉県にあるのにどうして『東京ドイツ村』なのでしょうか? それを言ったら、『東京国際空港』も千葉県成田市にありますね。。  さっそく「ドイツ風」の建物が出迎えてくれました。
( photo26 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  今年のドイツ村は昨年の時ほど寒くはないようです。 さあ、早速撮影開始です。
( photo27 : SONY CyberShot DSC-TX5 )  メールを通していくつかアドバイス差し上げていたのですが、 この場でのアドバイスは「低い位置から撮影すること」です。 そうすると、手前のマウンドにあるイルミネーションを前ボケに使うことがで きるからです。
( photo28 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  望遠レンズを使って、遠くから奥のイルミネーションを撮影するようにしま しょう。
( photo29 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  するとこのように手前の丘のイルミネーションを前ボケにして配置して、キ ラキラしたイメージを演出することができるというわけです。
( photo30 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  誰でもイルミネーションを見ると「キラキラした印象」を受けると思います。 しかしそれが写真でなかなか再現されないのはなぜでしょうか?  その秘密は、人間の瞳(眼球)の構造にあります。  人間の眼球の中は完全な透明ではなく、液体が詰まっていて、瞳の中や眼球 の中で、光が適度に拡散され、にじむのです。  そのため、イルミネーションや水面の輝きなどを見ると「キラキラ」と感じ るのです。  一方、レンズというのは完全ではありませんが、ほぼ透明なので、イルミネー ションが拡散せずに「ただの点」に写ってしまいます。  これがイルミネーション人間の見た目の印象と、写真が異なる理由です。  それを再現するにはどうすればいいのでしょう?  鳥越は『クロスフィルター』や『ソフトフィルター』の使用が効果的だと考 えています。  例えばこちらは『クロスフィルター』を使用した作例。
( photo31 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  こちらはソフトフィルター(Kenko・プロソフトン[A])を使用した例です。
( photo32 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ソフト効果は好みの問題がありますが、私は、ふわりと光がにじむような効 果が、肉眼で見たときの印象に近いのではないかと思い、多用するようにして います。
( photo33 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  こちらはイルミネーションで飾られた観覧車のタワーとハウスです。 なんだかおとぎの国にやってきたみたいですね。
( photo34 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  そしてこれが噂の『光のトンネル』です。とっても素敵ですね。
( photo35 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  その光のトンネルの中から、望遠レンズを使って観覧車のイルミネーション タワーを撮影してみました。トンネルのイルミネーションが前ボケになってい て、まるでふわふわと光の海の中にいるようですね。
( photo36 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  こちらも光のトンネルの中から、とんがり屋根の『ハウス』を撮影してみま した。まるで雪の降る『ホワイトクリスマス』のイメージですね。
( photo37 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  恋人同士でも、家族連れでも、この光のトンネルを抜けると幸せな気持ちに なれることでしょう。
( photo38 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ここには他にも多くの種類のイルミネーションのオブジェがあります。 ひまわり畑であったり、
( photo39 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )
( photo40 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  まるで宇宙船のような光のアーチであったり、
( photo41 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  正面広場の周りには電飾が施されたハウスが建ち並んでいます。
( photo42 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらはイルミネーションで作られたフラミンゴ。
( photo43 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらはおなじみの白鳥さん。
( photo44 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  こちらは、先ほど紹介した『光のトンネル』をバックに、母と子が語らって いる様子です。童話のワンシーンのようなイメージで撮影してみました。
( photo46 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  夢とロマンにあふれた東京ドイツ村のイルミネーション。 撮りたい被写体が満載です。  あなたも訪れて見てはいかがでしょうか?  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ SONY CyberShot DSC-TX5 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2011/2011-12-13.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2011/12-13/2011-12-13.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09071 "A vital Far East Amur adonis." 『元気な福寿草』 Img09214 "On the slumber pond." 『まどろみの池で』 Img09299 "Giant in the deep mountain." 『深山の巨人』 Img09319 "The flower in the outlier." 『離島の花』 Img09475 "A Beech tree in silent green." 『静緑のブナ』 Img09512 "Tokyo tower with crescent moon." 『三日月と東京タワー』 Img09857 "River surface of feicui color." 『翡翠色の川面』 Img09910 "For far from sky." 『空の彼方まで』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2011-12-13 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.