2012-01-24 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第468号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『氷の造形』(長野県茅野市・横谷渓谷)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室グループ展2012〜所沢会場〜が始まります --------------------------------------------------------------------------
 鳥越が主宰するデジカメ教室の受講生による写真展がもうすぐ開催されます。 ★鳥越の作品も16点展示されます★ ●第1期:埼玉県、所沢市民ギャラリー 2012年2月1日(水)〜2月4日(土) AM9:00 - PM5:00 (※初日PM1:00スタート) (※入場無料※) ・展示サイズ:半切ノートリ(A3相当) ・受講生作品:30枚 ・講師作品:16枚  所沢教室は始まって1年目ですが、にもかかわらず力作が揃いました。 ぜひご来場ください。 (※)講師の鳥越は全ての日程で在廊予定です。 (※)地図などは下記のページをご覧ください。 http://tory.com/j/exhibition/2012cpb/index.html
お気軽にお越しいただき、ご意見ご質問などお寄せいただけると幸いです。
●第2期:神奈川県、茅ヶ崎市民ギャラリー  神奈川方面のグループ展は下記の日程で開催されます。  こちらは70点の作品が出展予定。  かなりのボリュームですので、どうぞお楽しみに! 2012年2月29日(水)〜3月4日(日) 10時〜18時 (※最終日は16時終了) (※入場無料※)  ご参考までに、昨年のグループ展の資料をご覧ください。 ≪2011年グループ展『横浜会場』作品集スライドショー≫ http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-04-18/
≪2011年グループ展パンフレット・ダウンロード≫ http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-04-18/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  年が明けて2012年を迎えましたが、その初頭、鳥越は長野県方面へ冬景色 の取材に出かけました。  3日間かけて、茅野市〜安曇野市〜志賀高原〜長野市・鬼無里村などを巡りま したが、今回はどのようなシーンに出逢えるのでしょうか。楽しみですね。  まずは中央道を走って、笹子トンネルを抜けて、甲州へと入りました。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  冬型の気圧配置のため、太平洋側は乾燥した晴天が続いています。 そのため山梨県付近では、南アルプスの山々がくっきりと見えますね。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  諏訪南インターチェンジで高速を下車しました。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  この付近の天候は良いようです。高原道路を東に向かって走ると正面に八ヶ岳 連峰の雄姿がそびえたちます。春夏秋冬、走っていてとても気持ちの良い道路で す。
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  山間に入って行くと道路が凍結しはじめました。慎重な運転が必要です。
( photo05 : PENTAX Optio-A30 )  東山魁夷先生の『緑響く』で有名になった御射鹿池(みしゃかいけ)です。 水面に映りこむカラマツ林が美しい場所ですが、今年は年末の冷え込みが厳しかっ たせいか、水面が凍り、一面の雪景色になっていました。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちなみにこちらがパノラマ写真の全体像です。
( photo07 : Microsoft-ICE にてパノラマ化 )  実は、このシーンにはがっかりしました。 というのは、『カラマツ林の霧氷』が撮れるのではないかと期待していたのです が、水面が完全に凍ってしまっては霧氷はでないのです。  霧氷が出るためには、冷え込む前に、空気中に水分が放散されることが必要で す。上高地などでは完全凍結しない梓川という水の流れがあるため、霧氷ができ るのです。  というわけで、ここで霧氷を狙うのならば、完全凍結しない前に訪れるべきで した。  さて、気を取り直して、別の撮影場所を探すこととしましょう。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  このカーブからは西に向かって展望が開けているので夕景の撮影にちょうどよ いようです。コンパスを使って方角をチェックをしておきましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  今はまだ撮影はしませんが、後の撮影の参考になるように、このような周囲の 状況も撮影しておくと良いでしょう。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そろそろお腹が空いてきました。信州と言えばやはり『そば』。 目に着いた看板のお店に入ってみます。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  どうやら土産物センターに併設されたそば屋さんのようですが、お味はいかが でしょうか。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  残念ながら、悪くはないのですが、ごく平凡な味でした。 しかも店員さんがアルバイトらしく、盛りつけ方にも丁寧さが感じられません。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちょっとがっかりです。しかも1000円もしましたが、とてもそれだけの価 値は感じられませんでした。  昼食については不完全燃焼に終わったので、午後になって、また別のお店を訪 れました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  お店はなかなか落ち着いていて素敵なたたずまいです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ちょっと高そうな雰囲気もしますが、どうでしょうか。入ってみましょう。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まずは、そばの前に一品ふるまわれました。これは好印象。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そばは、丁寧に盛りつけられて、清涼感と、歯ごたえ、のどごしともに良好で、 しかも800円の良心的な価格。うん、これなら満足です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 撮影会でご案内しても、安心のお店です。  良い蕎麦屋に巡り会えて、気分が治りました。  さて、茅野市にある横谷渓谷に到着です。撮影を開始しましょう。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  冷え込みが増すこの時期、この渓谷では氷瀑が見られるので、それが目的です。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  渓谷への遊歩道を下ってゆきましょう。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 2〜3分ほどで『乙女の滝』に到着します。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  一年を通して豊富な水量を誇るので、とても迫力があります。 冬季はその飛沫が周囲に飛び散って凍るので、見事な氷のオブジェができあがり ます。
( photo23 : Nikon D700 + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  ただし、この時期はまだ成長しきっていないようですね。冷え込みが最も厳し くなる2月に訪れるのが良いかも知れません。
( photo26 : Nikon D700 + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD )  一時期『マイナスイオン』が話題になりましたが、それにあやかってか、看板 が立っています。この付近の空気1CCあたり、マイナスイオンが20000粒 あるというのでしょうか。ちょっとピンと来ませんが、なんとなく爽やかになっ たような気がします。(笑)
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この時期の見物はなんといっても氷です。広角ズームを装着して思い切り近づ いて撮りましょう。シャッター速度は晴れていれば1/250〜1/500秒が 切れるので、手持ちでOK、三脚を立てるのは難しいからです。
( photo25 : Nikon D700 + TamronSPAF17-35mmF2.8-4DiLD ) (※)凍結していますので大変危険です。 撮りに来られる方は、アイゼンなど、滑り止めを必ずご用意ください。  今度は氷の柱を入れつつ、流れの核心部を撮ってみましょう。 こちらはシャッター速度、1/15秒で撮影。
( photo27 : Nikon D700 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  こちらはF値とISO値を調整して、シャッター速度1/1000秒で撮影し てみました。
( photo28 : Nikon D700 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  どちらも迫力はあると思いますが、水の表情がかなり違うのが分かりますね。 滝や川の撮影の時は常にシャッター速度を意識して、色々変えて撮影するのが大 切なのです。  さて、さらに奥へ進んで渓谷ぞいの川を撮影してみましょう。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  横谷渓谷はそれほど規模の大きい渓谷ではありませんが、氷柱なども見られて 被写体には恵まれています。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そして今回の狙いは、川の流れに沿って出来ている『氷のオブジェ』です。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  石の周囲に飛び散った水が凍って面白い形を作り出しているのです。  撮影するためには、それらに思い切って近づかなければなりません。 ウェーダーつきのフェルト底の長靴を履いて、水面の中に入ってしまったほうが 楽です。釣具屋で5000円くらいで売っているでしょう。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そしてマクロレンズで撮影するのが有効です。絞りはF11くらいに絞って撮 影した方がピントがしっかりします。  様々な形の氷があって、撮影していて飽きないことでしょう。
( photo33 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )
( photo34 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )
( photo35 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  狙っていたイメージを撮影できたので上機嫌で山を下ります。
( photo36 : PENTAX Optio-A30 )  白樺湖ぞいにある『すずらんの湯』(700円)で暖かい温泉につかって、 1日の疲れを癒しました。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-01-24.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/01-24/2012-01-24.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09282 "In the rainy forest." 『雨の森にて』 Img09410 "Leaf like glitters." 『きらめきのような葉たち』 Img09449 "Gallant figure of Mt.Maruyama." 『黒部丸山の雄姿』 Img09498 "A homely days." 『素朴なる日々』 Img09565 "The glitters of port sea." 『港のきらめき』 Img09683 "The blue sky in northland." 『北国の青空』 Img09873 "Toward Mt.Tsurugidake in morning glow." 『暁の剱岳を目指して』 Img09936 "The celestial coast." 『神聖なる海岸』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-01-24 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.