2012-02-28 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第473号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『大氷瀑に挑む』(長野県乗鞍高原・善五郎の滝)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室グループ展2012〜茅ヶ崎会場〜 --------------------------------------------------------------------------
 鳥越が主宰するデジカメ教室のグループ展が、いよいよ明日2月29日(水) より始まります。 半切ノートリで70点の作品が出展予定。講師出展の16点と合わせると 合計86点! かなりのボリュームですので、どうぞお楽しみに。 2012年2月29日(水)〜3月4日(日) 10時〜18時 (※最終日は16時終了) (※入場無料※) (※)講師の鳥越は2/29,3/2,3/4の3日間在廊しています。 (※)地図などは下記のページをご覧ください。 http://tory.com/j/exhibition/2012cpb/index.html
お気軽にお越しいただき、ご意見ご質問などお寄せいただけると幸いです。  ご参考までに、昨年のグループ展の資料をご覧ください。 ≪2011年グループ展『横浜会場』作品集スライドショー≫ http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-04-18/
≪2011年グループ展パンフレット・ダウンロード≫ http://tory.com/j/club/slideshow/2011/2011-04-18/
-------------------------------------------------------------------------- ●2.鳥越章夫デジカメ教室2011年2月の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  きめ細やかで、的確なアドバイスにより、ご好評いただいている 「鳥越章夫のデジカメ教室」。  2月14日に神奈川県横浜市で実施された『横浜校デジカメ初級』の様子をお 届けしましょう。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  本来なら、動物園や梅を撮影しに行きたかったのですが、寒さで梅は咲いてお らず、冷たい雨模様の天候のため、やむなくランドマークプラザに変更になりま した。  しかし、先週のテラスモール湘南が被写体として、とても充実していたのと同 様に、このランドマークプラザも人工的なものですが、造形美に満ちた被写体に あふれています。
( photo38 : FUJIFILM FinePix-S5Pro )  例えばなんでもない通路でも電飾のデザインに興味が引かれます。 ちょっとしゃがんで広角レンズを使い、ローアングルで見上げるように撮影して みましょう。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ほら、こんな素敵な写真になるでしょう?
( photo40 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR ) 通行人がごちゃごちゃしていない時を選んで、少ない人物が画面のワンポイント になるようにして撮影してみました。人物の人数や配置まで気を配ることがすっ きりした絵づくりの基本です。  こちらは通路の「鉄パイプ」に映り込んだ通行人(実は生徒さんなのですが) をクローズアップ撮影してみました。ガラスや金属への映り込みを狙うと視点が 広がりますよ。
( photo41 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらはガラス面に反対側のショップのポスターが映り込んでいますね。それ を狙ってみましょう。
( photo42 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ちょっと透明感のある面白い写真になりました。
( photo43 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  このような時も自分が上下左右に動くことによって背景との位置関係が変わっ てきますから。メインの被写体を生かすような背景の位置を考えながら撮ってみ ましょう。  通路の脇には水が流れています。このように正面から撮るのも面白いですが。
( photo44 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  例えば、草木の葉や、花びらや、水のような透明な被写体は、このように逆光 で狙ってみると透明感がいっそう表現できます。そのため水の流れの裏側に回っ て狙ってみましょう。
( photo45 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この渡り通路は金属質の柱に風景が反射しているので面白いアイデアが湧きそ うですね。
( photo46 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  行き交う通行人が金属面に反射しています。何枚も撮って、それぞれの人のファッ ションやポーズが決まっているものを選択しましょう。
( photo47 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR ) 感性とタイミングと、、いろんなものが鍛えられるのではないでしょうか。  壁にしつらえられたレリーフです。ストレートに造形美を切り取る練習をして もよいですが。
( photo48 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  広角レンズで思い切り近づいて遠近感を強調し、なおかつ被写体に接近するこ とで広角レンズでありながら背後を若干ぼかすこともできます。 (そうすれば通行人の肖像権も気にしなくていいですからね。(笑))
( photo49 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  造形美にあふれた建築物の撮影は案外楽しいものです。寒い1日でしたが、屋 内で撮影を楽しめました。
( photo50 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR ) ★あなたも参加して、一緒に夢のある写真を撮りませんか? http://tory.com/j/lecture/index.html
(※所沢方面の募集は始まっていますが、神奈川方面の募集詳細はもう少々お待 ち下さい) =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は月に3〜4日ほどのペー スで撮影会を楽しんでいます。  1月は1泊の撮影会を2回敢行しました。撮影場所は一級の山岳風景が楽しめ る場所として名高い『上高地』です。  冬季の上高地はマイカー&バスも禁止で、徒歩で入るしかありませんが、釜ト ンネルが整備されたおかげで昔に比べてかなり楽に入ることができるようになり ました。  1日ハイキングが楽しめる健康な方であれば、しかるべきガイド随伴なら、お おむね問題無く入山することができると思います。 (ただし、あまりこのような場所で「楽だ」などと書いてしまうと問題もあるの で、あくまで入山には自己責任でお願いします)  さて、今週はその撮影会の1日目の様子をお届けしましょう。 上高地の素晴らしい風景は来週までのおあずけとなりますが、途中で読むのをや めることなく(笑)、最後まで読んでくださいね。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  神奈川を出発し、東名高速〜東富士五湖道路〜中央道〜長野道を乗り継いで上 高地を目指します。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  途中休憩のサービスエリアで参加者の方が、何を取りだしたのかと思ったら、 箱に入ったままの新品のアイゼンです。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  まだ一度もつけた練習をしたことがないというので、アイゼン+スパッツを今 のうちに練習しておこうというのです。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  大丈夫かな〜と思わせるものもありますが、まあそのような方々を安全にガイ ドするのが私の役目なのですから。(笑)
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  冬型の気圧配置の時は日本海側に向かうに従って雲が増えてきますね。
( photo06 : PENTAX Optio-A30 )  さて、諏訪湖サービスエリアに到着しました。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ここのレストランで注文した中華丼が、すごいボリュームで圧倒されました。 まあ、これからたっぷり運動するので、ここでがっつりとカロリー補給しておき ましょう。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちなみに今年は冷え込みが厳しいので諏訪湖は全面凍結しそうですね。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さあ、さらに北を目指しましょう。
( photo10 : PENTAX Optio-A30 )  高速を降りて、梓川沿いの国道158号線を登って行きます。 もうだいぶ冬景色らしくなりましたね。
( photo11 : PENTAX Optio-A30 )  初日は乗鞍高原に立ち寄って氷瀑を撮るプランです。 なんと乗鞍高原に入ったら、空が晴れ渡りました。
( photo12 : PENTAX Optio-A30 )  思いがけず素晴らしい晴天になりましたね。駐車場を降りて撮影準備を始めま しょう。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  白くそびえ立っている尖塔は標高3026mを誇る、北アルプスの最南部に位 置する『乗鞍岳』です。厳しくも美しい見事な山容です。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  その美しい姿に感動して、盛んにシャッターを切る参加者たちです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さあ、駐車場に車を停めて、雪に埋もれた遊歩道をかきわけて、善五郎の滝を 目指しましょう。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  まず最初に見つけた被写体はなんでしょうか。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  雪に埋もれつつあり川の流れです。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  淵を覆うように雪の岬が延びて行きます。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  この上高地撮影会は人気のため同プランで2回開催されました。鳥越は3日後 に再びこの地を訪れたのですが、3日違うと雪や氷が成長したり、あるいは退行 したりして、同じ場所でも驚くほど氷雪の表情が違っているのに驚かされます。  それが冬景色の撮影の醍醐味でもあるのでしょうね。  さて、善五郎の滝に到着しました。今年の氷瀑の成長具合はいかがでしょうか?
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  下界の冷え込みが厳しかった割には、滝の氷の成長具合はいまいちのようです。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  それでも激しく流れ落ちる水と厳粛な氷の取り合わせを見ていると、身が引き 締まる想いです。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ところでこの時、滝の氷を登る『アイスクライミング』をしている一行に出会 いました。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  雄大な氷瀑とそこに挑むクライマーの姿は絵になります。 「撮影の邪魔になる!」などと心の狭いことは言わずに、そこは視点を切り替え て、そのようなテーマで撮影してみましょう。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  もちろん安全ロープを使ってのクライミングですが、事故にはくれぐれも注意 してくださいね。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  余談ですが、写真によって氷の色が白くなったり青くなったりするのは『ホワ イトバランス』の影響です。ホワイトバランス『オート』で撮ると白くなり、 『太陽光』で撮ると、青くなります。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  そこはどちらが正解、というものではなく、表現によって柔軟に切り替えるよ うにしましょう。  さあ、氷瀑の撮影をたっぷり楽しんだので、駐車場に戻りましょう。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちょっと遅くなってしまいました。本日の宿『中ノ湯温泉旅館』に向かいます。
( photo30 : PENTAX Optio-A30 )  ゲートの手前で宿の用意してくれたマイクロバスに乗り換えます。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  こうして無事に宿にたどり着くことができました。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  冷えた体を温泉で温めましょう。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  廊下のポスターに貼ってあった『秘湯ビール』に惹かれて、つい注文してしま いました。(笑)
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちなみに中ビン600円はちょっと高いような気もしますが・・ まあ一回だけだと思って。。  豪勢な食事をいただいて、本日の締めくくりとしましょう。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちなみに食事の後は、持ち込んだプロジェクタを使って、明日の撮影のイメー ジトレーニングを行いました。
( photo51 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  手前味噌ですが、至れり尽くせりの撮影会ですね!(笑)  お腹もたっぷり満たして、イメージトレーニングもしっかりして、さあ明日の 上高地ではどんな風景に出逢えるのでしょうか。  とても楽しみですね。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-02-28.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/02-28/2012-02-28.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img09520 "A juicy leaflets." 『みずみずしき若葉』 Img09612 "The guards of Japanese cedars." 『杉の衛兵たち』 Img09706 "Memories of a summer scenery." 『夏の風景の思い出』 Img09851 "The quay wall of Kurobe valley." 『黒部の岸壁』 Img09867 "The majestic theater." 『雄大なる劇場』 Img09904 "Mt.Yarigatake under the holy night." 『聖夜の槍ヶ岳』 Img09932 "The golden shrine gate." 『黄金色の鳥居』 Img09968 "Want to be a mighty tree." 『大樹とならん』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-02-28 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.