2012-03-20 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第476号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『海鳥乱舞』(静岡県・熱海市海上)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2012年度・募集中です! --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰するデジカメ教室の2012年度の募集が始まっております。 ●橋本校・デジカメ中級クラス(※満席※) ●松田校・デジカメ上級クラス(※満席※) ●横浜校・デジカメ実践クラス(※満席※) ●湘南校・デジカメ実践クラス(※満席※)  申込残数があるのは下記の教室になります。 ●横浜校・デジカメ中級クラス(残数3〜4席) ●横浜校・デジカメ上級クラス(残数2〜3席) ●所沢校・デジカメ初級クラス(残数1席) ●横浜校・レタッチクラス(ライトルーム講座)(残数1〜2席) ●松田校・レタッチクラス(ライトルーム講座)(残数2〜3席) ●所沢校・レタッチ初級クラス(残数2〜3席) ●所沢校・レタッチ中級クラス(残数2〜3席) ★詳細ページとお申し込みはこちらへ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は 『鳥のように自由に各地を巡って写真を撮る』そんなスタイルから、「バード」 と名付けられました。  今回は文字通り、鳥の写真が多くなっております。  今回の撮影会の目的地は、静岡県熱海市の沖合10kmほどのところに浮かぶ、 周囲4kmほどのプチ離島『初島』(はつしま)です。 http://www.hatsushima.jp/
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E139.10.24N35.2.9&ZM=5
 以前に一度取材で訪れたことがあります。ご興味有る方は、 ブログのバックナンバーをご覧ください。 ●自然風景写真館ブログの第216号 http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2007-03-19.html
 さて、熱海港に行く前に、『錦ケ浦公園』に立ち寄って見ましょう。 この展望台から、熱海市沖合の海を一望することができます。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  天候はあいにくですが、ご覧のように沖合にぽっかりと浮かぶ初島の様子が見 て取れます。
( photo02 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  さて、熱海港に入りましょう。今回はマイカーを港に置いて、フェリーで渡り ます。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  フェリーは1日に4往復ほどしております。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  船に乗る前に買っておくべきものがあります。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  それは『かっぱえびせん』です。なぜこれが必要なのかは、船に乗ってからの お楽しみ。(笑)
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さて、出航時間になりました。フェリーに乗り込みましょう。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  フェリーに乗ったら最後尾のデッキに陣取りましょう。最後尾ということころ がポイントです。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ここで取り出しましたるは港で買った『かっぱえびせん』です。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  船が出航しました。とたんに港で休憩していた海鳥たちがいっせいに飛びたち ます。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  船の上から観光客が餌を投げるので、それを目当てに追いかけてくるのです。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  まるで乱舞するようにして船の後を追いかけてくる海鳥たち。ちょっとしたス ペクタクルです。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  高速シャッターを選択して、その海鳥たちの姿を写し止めましょう。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  相手は素早く動き回るので難しいのですが。上手に写し止められたときはまさ に『快感!』まるでゲームセンターに来たように楽しいですよ。(笑)
( photo15 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  時間がたつと、だんだん根性のない海鳥たちは船から離れてゆきます。 そこでかっぱえびせんを取り出します。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ぽんっとえびせんを投げると、上手にくちばしで受け止めて、食べてしまいま す。見事なものです。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  他の観光客たちも、えびせんを片手に海鳥たちと遊んでいます。 子どもさんにとっては動物ともふれあえるし、何よりのレジャーですね。
( photo18 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  島まで10kmですから、20分ほどで到着します。船酔いの人もこの短さな ら心配ないですよ。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちょっと天候が生憎ですが、なんとか今日いっぱいはもちそうです。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  島が近づいてきました。いつもながら接岸の時は、わくわくしますね。 子どもみたいですが、いつまでも少年の心を大切にしたいのです。(笑)
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  こうして無事に初島に上陸しました。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  トロピカルな雰囲気の看板が出迎えてくれます。 観光がこの島の収益の柱なのです。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  島に渡ったら、島ならではの風景を撮影したいですよね。 港に干してある網など、絵になります。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  こちらはその赤い網を前ボケにしてブイを撮影してみました。 こうしたちょっとしたスナップが楽しいのです。
( photo25 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  海岸で海鳥が休憩していますね。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  望遠レンズがあるとこうした遠くにあるものも撮影できるので楽しくなります。
( photo27 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  APS-Cサイズのデジカメだと、18-200mmといった高倍率ズームレンズが人気で すが、こうして300mmまである望遠レンズだと、さらに遠くの物が写せるので、 重宝しますよ。  70-300mmだと、広角側の画角が狭くて撮りづらいので、フルサイズ対応の高倍 率ズームレンズ、28-300mmを装着して撮影するのも有効でしょう。 そうすれば、APS-Cデジカメの場合、42-450mmの望遠側優先の高倍率ズームレン ズとなります。  広角側は、Panasonic DMC-LX5 のような広角に強いコンパクトデジカメで担当 するとカメラやレンズを取り替えなくてもかなりの被写体をカバーすることがで きます。  天候はあいにくの曇り空ですが、しかし光が柔らかいので、それを写真に生か したいですね。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  普段は白飛びしてしまう太陽も、この時は輪郭をはっきり写し取ることができ ました。
( photo29 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  港町であることを伝えるために、網や、魚箱や、フェリーや、そういったもの を画面に取り入れて撮ってみましょう。
( photo30 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )
( photo31 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  こちらは『ヒトデ』が干してありました。
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こうした小物をスナップするのも楽しみのひとつですね。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  熱海市には『しまねこ』が棲息しています。
( photo34 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  それもそのはず、まわりにはこんなにおいしそうなお魚がたくさんあるのです から。(笑)
( photo35 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  屋根の上でひなたぼっこしているしまねこもいますね。太陽の光の当たるトタ ン屋根はさぞ暖かいことでしょう。
( photo36 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  私もしまねこになりたい(笑)。
( photo37 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  なんと大きな伊勢エビまで干されているではありませんか。
( photo38 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR ) しかし近くまで行って撮影しようとしたら、しっかり防護柵でガードされていま した。アワビや伊勢エビの密漁が多いと聞いていますから、やむなしの措置ですね。  私たちが降りたフェリーの次の便がやってきました。1日4往復ですか、かな りの頻度ですね。
( photo39 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  天候はイマイチで、海の色も冴えなかったのですが、少しレタッチをかけてイ メージを増幅させてみました。
( photo40 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  私の記憶の中の初島の海はこんなに青かったのです。(笑)  離島は良いですね。時間が本土よりゆったり流れいてるような気がします。 いわゆる『島時間』というやつですね。  写真もドラマチックなものが撮れるというわけではないですが、じっくり狙っ て味わい深い写真を撮って楽しむのに向いている場所です。  来週はプチリゾート初島の後半の様子をお届け致しましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-03-20.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/03-20/2012-03-20.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11082 "Warm figure from behind." 『暖かい後ろ姿』 Img11119 "The spread of wetlands." 『湿原の広がり』 Img11160 "The brocade skirts of mountain." 『錦の山麓』 Img11298 "The whisper of crescent moon." 『三日月の声』 Img11381 "Stained wood with powder snow." 『粉雪に染まる森』 Img11682 "In the season of chirstmas." 『クリスマスの季節に』 Img11749 "Horses in the isolate island." 『離島の馬』 Img11830 "The full moon song." 『満月の歌』 ●ギャラリーから削除された作品リスト img03300 "The gift in the forest." 『森のプレゼント』 img04025 "The bluish stream." 『蒼き滝を求めて』 img04525 "On the ravine in the deepening autumn." 『深まる秋の渓谷にて』 img05235 "The floating bridge of the cobweb." 『蜘蛛の糸の浮き橋』 img05411 "Late Autumn" 『晩秋』 img05447 "The forest which leads in the expanse." 『広がりゆく森』 img05573 "The transparent Japanese pampas grasses." 『透明なススキたち』 img05714 "The glitter river." 『きらめきの川』 img05794 "The forest of hoarfrost." 『霧氷の森』 img05827 "The grassland and the blue sky." 『草原と青き空』 img06200 "The warm bamboo forest." 『暖かき竹林』 img06479 "The season & color of gingko." 『イチョウの季節』 img06974 "A bridge fulfilled by lotus." 『睡蓮の架け橋』 img07011 "Song of autumn wind." 『秋風の歌』 img07092 "The shining clouds." 『光の雲』 img07099 "The colored leaves in Miyagase ravine." 『宮ヶ瀬渓谷の紅葉』 img07133 "A forebode for storm." 『嵐の予感』 img07175 "By the garden where it snowed." 『雪の降った庭で』 img07285 "Endless blue sea." 『果てしなき青い海』 img07597 "A fragment of ice." 『氷のかけら』 img08342 "Fall season goes beyond." 『過ぎゆく秋の季節』 img08346 "Autumn woods stains." 『秋色に染まる森』 img08513 "Flying above the clouds." 『雲上を飛ぶ』 img08896 "The coast perfectly clear." 『澄み渡る海岸』 img09340 "The primitivity sunset." 『原始の夕暮れ』 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-03-20 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.