2012-04-03 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第478号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『クリスタルファンタジー』(御殿場市・時之栖イルミネーション)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2012年度・募集中です! --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰するデジカメ教室の2012年度の募集が始まっております。 ●橋本校・デジカメ中級クラス(※満席※) ●湘南校・デジカメ実践クラス(※満席※) ●松田校・デジカメ上級クラス(※満席※) ●横浜校・デジカメ実践クラス(※満席※) ●横浜校・デジカメ上級クラス(※満席※) ●横浜校・レタッチクラス(ライトルーム講座)(※満席※) ●所沢校・デジカメ初級クラス(※満席※)  申込残数があるのは下記の教室になります。 ●横浜校・デジカメ中級クラス(残数3〜4席) ●松田校・レタッチクラス(ライトルーム講座)(残数2〜3席) ●所沢校・レタッチ初級クラス(残数2〜3席) ●所沢校・レタッチ中級クラス(残数1〜2席) ★詳細ページとお申し込みはこちらへ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は 『鳥のように自由に各地を巡って写真を撮る』そんなスタイルから、「バード」 と名付けられました。  写真を夢中に撮っている『写真鳥』たちは、今回はどこへ向かうのでしょうか?  3月上旬の今回の撮影会、神奈川県西部にある松田町が河津桜の名所というこ とで、そこを予定しておりましたが、今年の寒さの影響で河津桜の開花が遅れ、 やむなく、小田原フラワーガーデンの梅林にやってきました。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  花のカレンダーが一ヶ月ほど遅れているようですが、しかし梅は青空の下、と ても元気に咲いていました。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  白梅、紅梅、色とりどりですね。参加者は熱心にカメラを向けています。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  レンズにクロスフィルターをつけて撮ってみました。 ほんの少し光がにじんで良い雰囲気です。
( photo05 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  青空の下でほのぼのと過ごすご夫婦を見ていると、とても微笑ましいですね。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さて、次の撮影地に向かいましょう。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  今回の最大の目的地は、静岡県御殿場市にある『時之栖』(ときのすみか)な のですが、高速を使って行ってしまってはもったいないです。せっかくの機会で すから、箱根山麓を回り込むようにして、名所『足柄峠』を経由して向かいましょ う。 http://tory.com/j/others/mm/2012/04-03/photo08.jp
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  この峠からは見事な富士山の展望が得られます。
( photo09 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  万葉集に詠まれたこの峠、1500年前の昔から、人々が往来していたのでしょ う。そして皆、この見事な富士の姿に感嘆の声を上げていたはずです。
( photo10 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  富士山はいつでも立派な姿を私たちに見せてくれます。 皆さんも夢中になってシャッターを切っていました。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo12 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さて、陽も沈みかけるころ、リゾート施設『時之栖』に到着しました。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  イルミネーションの撮影をする前に、まずは夕ご飯をいただきましょう。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  余談ですが、先にイルミネーションの入園チケットを購入してから、この食事 処に来ると、500円の割引サービスが受けられるのです。 これは使わないと損です。(笑)
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  素朴な風情の建物で和食をいただく。なんだか心まで温まりますね。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さあ、お腹もいっぱいになったところで、イルミネーションの撮影を始めましょ う。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ご覧のように見事な光のトンネルができています。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  トンネルには色々なものがぶら下がっていますから、それらをクローズアップ して、背景のイルミネーションをボカすようにすると、宝石のようにキラキラ光っ てとても綺麗ですね。
( photo20 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  これはなんでもイタリアのベネティアから持ってきた本物の商船だそうです。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  様々な被写体がトンネルの中には満ちあふれています。それらをいかに魅力的 に見せるか。ちょっと斜めから狙って、奥行き感を出すのがコツなのではないで しょうか。
( photo22 : Nikon D5100 + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  さあ、こちらの会場では『光の噴水ショー』が楽しめます。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  うまい具合にお立ち台もありますね。これで他の観光客の邪魔にならずに、ま た邪魔されずに、撮影に集中することができます。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  光の噴水ショーが始まりました。音楽に合わせて、様々な形の噴水が吹き出し、 それにスポットライトの光が当たり、様々な色彩に変化してゆきます。
( photo25 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  これはカメラを三脚に装着して、数秒のバルブ撮影をしているため、水の流れ が絹のように滑らかになっているのです。
( photo26 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  最後はまるで天上に届くかのごとく、大噴水が吹き上げられ、フィナーレを飾っ てくれました。
( photo27 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  星の王子様のイルミネーションが会場にともり、 静かな夜の深まりを演出してくれていました。
( photo28 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  『時之栖イルミネーション』は『東京ドイツ村』などとくらべると規模は小さ いですが、光の噴水ショーは長時間露光によって水の表情が様々に変化するので、 とても楽しめます。  一度訪れて見てはいかがでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-04-03.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/04-03/2012-04-03.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11105 "Captivating colors of autumn leaves." 『魅惑の秋葉色』 Img11178 "Tailwater of Kurobe dam." 『黒部ダムの放水』 Img11293 "The hills late autumn." 『晩秋の山々』 Img11442 "Mt.Tsurugidake so far." 『遙かなる剱岳』 Img11550 "The patchwork of autumn leaves." 『秋葉のパッチワーク』 Img11627 "The golden sunrise." 『黄金色の日の出』 Img11671 "The landed white feather." 『舞い降りた白い羽』 Img11751 "The camellia before awakening." 『まだ覚めやらぬ椿』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-04-03 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.