2012-04-10 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第479号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『小梅ささやいて』(青梅市・梅の公園

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2012年度・はじまりました --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰するデジカメ教室の2012年度が始まりました。 4月9日、神奈川県相模原市緑区の『橋本校』からスタートです。  会場は緑区の橋本駅ちかくにある文化施設『サンエールさがみはら』です。 http://sunyell-sagamihara.jp/

( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  綺麗な会場ですね、まずは受講生10名からのスタート、午前中は机上講習で す。
 初回のテーマは『デジタルカメラの基本設定』です。 デジカメには数多くの設定項目があって、どれをどう決めていったらいいのか悩 ましいですね。それを実際の操作を中心に修得してもらいます。
 橋本校は『中級』というレベル設定で始まったのですが、しかしやはり ISO感度、シャッター速度、F値などの『数字』が出てくると『頭が疲れる』 とおっしゃる生徒さんが出てきたので、次回からは『初中級』あたりにレベルを 設定しなおそうと思っています。(笑)
 午後は近隣でミニ撮影会です。おなじみのハイエース号の送迎つき。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  橋本駅から15分ほど西に向かったところにある『相模川自然の村公園』です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) http://maps.google.co.jp/maps?q=35.575869,+139.310231&num=1&vpsrc=0&hl=ja&brcurrent=3,0x6019032dd53b063b:0x6bd960c4c68f1577,0&ie=UTF8&t=m&z=14&iwloc=A
 ご覧のように桜がたくさん咲いていますね。けれどまだ満開ではありません。 もう4月も中盤になろうかというのに、まだ桜が満開でないとは!
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  河川敷の桜は全体では7部咲きといったところですが、しかし天気が良く、ご 覧のように青空に向かって撮影すると素晴らしい風景ですね。
( photo32 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor28-70mmF3.5-4.5D )  皆さんめいめいにカメラを構えて、ミニ撮影会のスタートです。
( photo33 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor28-70mmF3.5-4.5D )  ついつい桜に目を奪われがちになりますが、そのほかのものにも目を向けて見 ましょう。広場に投げかけられた桜の木々の影のシルエットが面白いですね。
( photo34 : Nikon D700 + AiAF-Nikkor28-70mmF3.5-4.5D )  暖かい陽気と桜に誘われて、あちこちから人々が集まり、春の暖かさを楽しん でいます。お昼寝をするにももってこいの陽気ですね。
( photo35 : Nikon D700 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  子ども達の憩いの場でもあります。遊んでいる子どもの姿は無邪気で、本当に 心が癒されますね。
( photo36 : Nikon D700 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  桜はまだつぼみが多くあり、これからもまだしばらくは楽しめることでしょう。
( photo37 : Nikon D700 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  桜そのものの風景も魅力的ですが、やはりそこに集う人々の表情や仕草をスナッ プするのも楽しみのひとつ。撮っているこちらも思わず笑みがこぼれるような微 笑ましい光景があちこちで見られます。
( photo38 : Nikon D700 + AF-S Nikkor70-200mmF2.8G ED/VR/II )  生徒さんは、ついつい『陽が当たっている花』を狙ってしまいがちになります。 光が当たっている花は綺麗なように見えるのですが、写真にするとコントラスト が強すぎてなかなか絵にするのは難しいのです。  そこで『陽が当たっていない花を狙ってください』とアドバイスしました。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  そうすると、とても柔らかい雰囲気で花を撮ることができますよ。
( photo40 : Nikon D700 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  日陰の花を暗めに撮った後、現像処理で明るく仕上げる。 こうすれば白飛びも最小限に抑えられて、明るく爽やかな花のイメージを再現で きることができます。
( photo42 : Nikon D700 + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  いやー、デジカメって本当に奥が深くて楽しいですね!(笑)  写真教室は途中応募も可能です。  申込残数があるのは下記の教室になります。 ●横浜校・デジカメ初中級クラス(残数3〜4席) ●松田校・レタッチクラス(ライトルーム講座)(残数2〜3席) ●所沢校・デジカメ初級クラス(残数1〜2席) ●所沢校・レタッチ初級クラス(残数2〜3席) ●所沢校・レタッチ中級クラス(残数1〜2席) ●橋本校・デジカメ初中級クラス(残数1〜2席) ★詳細ページとお申し込みはこちらへ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越が主宰する写真クラブ『クラブ・フォトバード』は 『鳥のように自由に各地を巡って写真を撮る』そんなスタイルから、「バード」 と名付けられました。  写真を夢中に撮っている『写真鳥』たちは、今回はどこへ向かうのでしょうか?  今回は青梅市・吉野梅郷にある『梅の公園』にやってきました。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) http://maps.google.co.jp/maps?q=35.785443,+139.220538&num=1&vpsrc=0&hl=ja&brcurrent=3,0x601924c293d5e9cd:0x2c710e677c9dd0f3,0&ie=UTF8&t=m&z=14&iwloc=A
 本来なら、3月12日に実施予定だったこの撮影会、寒さの影響で3月22日 にずれこみました。  延期したにもかかわらず、梅の開花状況は1〜2部咲きです。ご覧の通りの寂 しい状況。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それでも入園料を200円が必要なのですから、納得できません。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) それで引き返してしまう人も多くいます。しかし、だからこそすいていて、撮影 はゆっくりできました。(笑)  全体では1〜2部咲きだとしても、日当たりの良い場所では既に開花が始まっ ています。そのような花を見つけて撮るようにしましょう。
( photo03 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  お目当ては梅の花ですが、しかし足下に可愛らしい黄色い花を見つけました。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それは福寿草の花でした。相変わらず可愛らしくて人気の花ですね。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  枝先にたくさん咲く梅もいいですが、幹の途中からちょこんと顔を出した梅の 花も可愛らしくてよいものです。望遠レンズで狙ってみましょう。 背景を暗く落とすことで梅の花が引き立ちます。そのため、森をバックにして撮っ てみましょう。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  森の木漏れ日がほどよい丸ボケを作り出し、ファンタジックな描写になりまし たね。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  よく、マクロレンズなどで画面いっぱいに梅の花を拡大している写真を見 かけますが、それだと梅の可愛らしい感じが出ません。  このくらい余白を十分にとって、小さく梅がちょこんと咲いているような感じ を出したいですね。  足下には春の花の代表格である、オオイヌノフグリが開き始めていました。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tamron SPAF90mmF/2.8 Di MACRO )  午前中の撮影会が終了したら、お昼ご飯にしましょう。 梅の公園には食堂や売店がありません。そのためいったん公園の外に出て、近隣 の食堂を探します。  最も近くにある食堂が、この沖縄料理店『郷陽』でした。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) http://maps.google.co.jp/maps?q=35.786348,+139.217800&num=1&vpsrc=0&hl=ja&brcurrent=3,0x601924db7a4bdaf3:0x5378aecf3d9c11a1,0&ie=UTF8&ll=35.786483,139.218294&spn=0.002398,0.004174&t=m&z=18&iwloc=A

( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  中はアットホームで素朴な雰囲気。メインの料理が出る前に、まずは『スパム ソーセージおにぎり』で小腹が空いたのを満たします。ひとつ150円なり。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  とってもシンプルで、これなら料理が苦手な私でも作れそう!(笑)  料理が出てくるまでに時間があったので、参加者の約一名はビールを注文して いました。酔っぱらってしまって、午後の撮影は大丈夫ですか!?(笑)
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  色々な料理があって『黒豚のとんかつ』や『黒豚のコロッケ』などにも惹かれ たのですが、まずは沖縄料理の定番ともいえる『ゴーヤチャンプル定食』をたの みました。ほんのりとした苦みが楽しめます。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、午後の撮影開始です。あいにくの曇り空ですが、しかしそれがために花 そのものを撮影するには、光が柔らかくて好適ですね。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  遠くから望遠レンズで狙ってみましょう。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  上と同じ構図ですが、こちらは多重露光をかけて、ソフトなイメージで仕上げ てみました。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  公園には憩いを求めて様々な人たちがやってきます。定番のカップルの後ろ姿。 この二人はまだつきあいはじめてまだ間もないのでしょうか。微妙な距離感を感 じさせます。(笑)
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  花の時期が大幅にずれて散々な感じでしたが、しかし東の一角ではこのように 花が開き始めていました。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  その一部分を望遠レンズで拡大して切り取ってみます。(焦点距離135mm)
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR ) さらに多重露光をかけてソフトなイメージで仕上げてみました。 このようなテクニックは人によって好き嫌いが分かれるようですが。  こうして一部分を拡大して撮影すると、まるで山全体が満開だったかのようで すね。撮影会が終わって友人に『どうだった?』と尋ねられたら、 『こうだったよ』と自慢してあげましょう。(笑)
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  遠距離、中距離と撮影して来たので、今度は近距離での撮影を試みてみましょ う。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  余談ですが、今回使用した高倍率ズームレンズの最短撮影距離は50cmです。 一般的な望遠ズームレンズ、例えば70−300mmが1.5m、70−200 mmが1.4mであることを考えると、案外、高倍率ズームレンズというのは最 短撮影距離が短くて、クローズアップに強いのです。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor28-300mmF3.5-5.6G ED/VR )  そのようなことも考えて、今回はこのレンズを持参しました。 高倍率ズームレンズはスナップにも強いですしね。  そのようにレンズの特徴を考慮しながら、『今日は何を選んで持ってゆこうか』 というのを考えるのも楽しいものです。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-04-10.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/04-10/2012-04-10.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11074 "Autumn in Karasawa cirque." 『涸沢の秋』 Img11126 "A couples of Nymphaea tetragona." 『ふたりのヒツジグサ』 Img11181 "Mountains into the morninglight." 『朝日照らす山々』 Img11227 "Mt.Fuji is floating on the clouds." 『富士浮游』 Img11277 "Autumn sky on Nihon-Sea." 『日本海の秋空』 Img11655 "Sprint on the yellow carpet." 『黄色い絨毯を駆ける』 Img11739 "An approaching dusk." 『迫る夕闇』 Img11764 "Light of the sunset coast." 『夕日照らす海岸』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-04-10 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.