2012-06-12 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第487号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『菖蒲たちの戯れ』(掛川市・加茂花菖蒲園)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週のお知らせは特にありません。  次週のにご期待下さい。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は5月下旬から6月上旬にかけての4日間、中部地方(静岡県〜愛知県〜 岐阜県〜長野県)の4県にまたがる長期取材に出かけました。今週からその様子 をお届け致しましょう。  神奈川県の海老名インターから、まるで盲腸のようにちょっぴりだけ完成して いる圏央道を走って東名高速道路に合流します。目指すは名古屋方面。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  静岡県に入り、御殿場を越えて裾野市まで来ると、新東名高速道路が完成して いました。新し物ずきの鳥越は、さっそくそちら方面に進入します。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  いやー、新東名はとても快適でしたね。新しい道路なので段差がほとんどなく、 高級車のように走れます。(笑)
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  途中のサービスエリアで休憩して行きましょう。
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  新東名はサービスエリアも新しくて、どこの施設もピカピカです。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここ、駿河湾沼津サービスエリアからは、文字通り、沼津市と駿河湾の眺めが 抜群です。手前に茶畑が広がり、沼津市の向こうには、雲に隠れていますが、伊 豆半島の山々が広がっています。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) ドライブの休憩にはもってこいですね。ただし、できたばかりということもあっ て、サービスエリアはどこも人気で、土日の日中に行ったら、待ち行列にひっ かかることは覚悟しておいた方が良いでしょう。(笑)  富士市を越えると、そこから先の新東名は山間部を走り、トンネルが多くなり ます。
( photo07 : PENTAX Optio-A30 )  富士市から掛川市にかけての山間部は、本当に山また山の風景が続きます。 道路は快適で事故数は減ったようですが、その代わり、動物と衝突する事故が増 えているとか。
( photo08 : PENTAX Optio-A30 )  それでも所々3車線道路があり、のびのびと快適に走れます。
( photo09 : PENTAX Optio-A30 )  3時間ほどのドライブで、無事に森掛川インターチェンジに到着しました。
( photo10 : PENTAX Optio-A30 ) 東名高速道路は静岡県の南側を走っているので、このエリアへアクセスするため には一般道に降りてから、かなり北上しないといけなかったのですが、北部を走 る新東名を使うことで、このエリアへのアクセスが実に容易になりました。  時刻はちょうどお昼。まずは腹ごしらえです。 郵便局で情報を入手した、おすすめの串カツ屋さんに立ち寄って見ました。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  野菜を中心としたさっぱりとした串カツでした。カツの衣はカロリーが気にな りますが、野菜が多いのは、中年にさしかかっている鳥越にとって、体に優しい メニューです。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、本日の取材目的地第一弾は、掛川市にある『加茂花菖蒲園』です。
( photo13 : PENTAX Optio-A30 ) https://maps.google.co.jp/maps?q=34.825659,+137.964181
 のどかな田園地帯を進むと、小山のふもとに河原の軒先が連なっているのが見 えます。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  無事に加茂花菖蒲園の駐車場に到着しました。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  おちついたたたずまいの入園門です。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) 入園料は大人1050円。ちょっと高いかな?(笑) ちなみにJAF会員だと300円の値引きがあります。  園内にはご覧のように菖蒲園の他にも睡蓮の咲く池があります。 折しも頭上には爽やかな初夏の青空が広がっていました。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + TOKINA AT-X 12-24mmF4 PRO/DX/II )  菖蒲園は今年の花の遅さもあって、まだ3部咲きといったところです。 (※5月29日の取材時点にて) しかし花そのものは品種がたくさんあるので、早い品種がもう咲きそろっていま す。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  睡蓮が美しいですね。古風な建物との取り合わせが魅力的なシーンです。
( photo19 : Nikon D700 + PC-MicroNikkor85mmF2.8D )  年季の入った瓦屋根が素敵です。往来する人々を入れてスナップ的に撮ってみ ましょう。手前に菖蒲の花を少しぼかして配置してみました。
( photo20 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  同じアングルで、今度は手前の菖蒲にピントを合わせて、バックにある瓦屋根 はボカしてみます。同じ場所でも撮り方を色々工夫すると一粒で2度たのしめま すよ。
( photo21 : Nikon D700 + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  さて、肝心の菖蒲そのものの撮影をしておきましょう。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  背後に植えられているのは桜の木でしょうか。その木漏れ日を花の背後に配置 して撮影すると美しいボケが入ります。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )
( photo24 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  ニコンのDCレンズのソフト効果を使って、ほんのり柔らかく仕上げてみました。 花の優しさを表現するにはぴったりのレンズですね。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  菖蒲園には屋根がついています。雨が降っていたとしても、ここから望遠レン ズで撮影すれば、濡れずに労せずして傑作を撮ることができるでしょう。心配り が行き届いています。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  菖蒲の花だけなら、どこへ行っても撮れると思いますから、こういう場所に来 たなら、ここでしか撮れない写真を撮ってゆきましょう。 ここでは何と言っても古風な建物と花たちを画面に織り交ぜてゆくのが良いと思 います。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  ここには古い庄屋屋敷が保存されています。こちらも撮影場所として楽しみで すね。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )
( photo29 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA24-70mmF2.8EXDG )  ありがたいことに温室もあります。これなら撮影会などで雨が降ったとしても 安心して楽しめますね。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )
( photo32 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF DC-Nikkor105mmF2D )  新東名ができて、とてもアクセスが容易になった加茂花菖蒲園。 一度お出かけされてみてはいかがでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-06-12.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/06-12/2012-06-12.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11198 "Forest of embrace." 『抱擁の森』 Img11233 "The figure of far Mt.Fuji." 『遙かなる富士の姿』 Img11485 "The village in my mind." 『心の里』 Img11660 "Devoted my body." 『この身を捧げて』 Img11668 "A purple dead-nettle blooms in out of season." 『季節外れのヒメオドリコソウ』 Img11877 "Miyakejima Island in golden light." 『黄金の三宅島』 Img11896 "The wave on Toshima Island." 『利島の波』 Img11907 "Mountains in deep snow." 『雪深き山々』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-06-12 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.