2012-07-31 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第494号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『旧街道の坂道』(岐阜県・馬籠宿にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2012年度・開催中です。 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰するデジカメ教室の2012年度の様子をお届けしましょう。 今週は6月12日に実施された『横浜校・デジカメ上級クラス』の様子をお届け します。  まずは前回のミニ撮影会の講評会を行います。前回のテーマは『モノクロ写真』 でした。白黒の写真は味わいがあっていいですね。
( photo29 : Nikon D5100 + SIGMA 18-50mmF2.8 EXDC/MACRO/HSM )  今回のテーマは『単焦点レンズの使いこなし』です。ズームレンズが便利なた めに、単焦点レンズを使用する人は少ないですが、そのメリットを再確認しよう ということです。
( photo30 : Nikon D5100 + SIGMA 18-50mmF2.8 EXDC/MACRO/HSM )  ズーム全盛とはいえ、まだまだ単焦点レンズは市場で頑張っています。 それらの特徴などを再確認して、単焦点レンズの特徴を生かした写真を撮りたい ものですね。
( photo31 : Nikon D5100 + SIGMA 18-50mmF2.8 EXDC/MACRO/HSM )  午後のミニ撮影会はあいにくの雨模様なので『西洋館』にしました。 すぐ近くにイギリス館、山手111番館などがあるので撮影には好都合です。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  玄関先に飾られたバラが素敵ですね。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  館内に入ってさっそく撮影を開始しましょう。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  こちらはありきたりの視線で撮影した写真です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  こちらが『単焦点らしい』ぼかしを効かせた写真です。アングルを工夫して、 空間を上手に画面に取り込むのがコツですね。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  こちらは調理場です。なにげない視線の写真です。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  ちょっと近づいて、コンロの部分を拡大してみました。面白いパターンを見つ けたら、そこだけ切り出すようなフレーミングが写真をインパクトを高めます。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 ) もちろん、単焦点なので画角を変えられませんから、自分で近づいてフレーミン グを調整することになります。  こちらは雨の降る窓際です。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  単焦点レンズを使用すると、空間を意識するようになりますから、例えばこん な写真も撮れるようになります。窓の雨粒にピントを合わせて、庭の緑をぼかし てみました。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  こちらは観葉植物の葉にピントを合わせて、その背後をぼかしたものです。 窓のシルエットだけでも素敵ですが、そこにカップルがやってくるのを待って撮 影しました。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  おしゃれデートスポットである横浜西洋館なら、カップルはたくさんやってき ますからね。(笑)  室内にも、工夫して目を向ければ被写体になるものはたくさんあります。 その創意工夫が写真の楽しさなのです。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  天井のシャンデリアも、単焦点レンズならではのシャープな写りを生かしてきっ ちり撮影できるようにしましょう。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  落ち着きのある家具が素敵ですね。ピントを合わせる位置、ボカす位置を頭の 中で計算しながら画面を構成してゆきましょう。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  単焦点レンズのボカしに頼るだけでなく、アングルを工夫することも大事です。 少しカメラの位置を下げて、階段スレスレの位置から見上げるようにして撮影を してみましょう。より遠近感が強調されるはずです。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mmF1.7 )  雨でも午後の西洋館を舞台にして撮影を楽しむことができました。 撮ることそのものを楽しむのも良いですが、単焦点レンズだけで撮影するという テーマを限定することで、不便な中でも創意工夫でそれらをカバーして、単焦点 レンズならではの写真を撮る楽しみを味わえたと思います。  デジカメ教室は途中応募も可能です。いくつかのコースでまだ空きがございま す。詳細はお問い合わせ下さい(→ akio@tory.com) ★詳細ページとお申し込みはこちらへ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は5月下旬から6月上旬にかけての4日間、中部地方(静岡県〜愛知県〜 岐阜県〜長野県)の4県にまたがる長期取材に出かけました。  今週は3日目の後半、岐阜県中津川市にある『馬籠宿』(まごめじゅく) の様子をお届けしましょう。  豊川市の賀茂しょうぶ園で撮影を済ませた後、豊川インターから東名高速道路 に乗ります。インターがすぐ近くにあるのも助かります。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  東名高速道路から、中央道へと進路を変更します。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  中津川インターチェンジで降りましょう。
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  やってきたのは中山道の宿場町として栄えた『馬籠宿』です。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  馬籠宿は観光地として古風な街並みを再現していますが、その中に入る前から、 周囲の風景はとてものどかで心癒されますね。農婦が歩いていたので、すかさず スナップしました。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  本当はこのような古風な街並みなら、雨が降っている方がしっとりとして情緒 があるのですが、あいにくの(といったらお天気の神様に失礼ですが)晴天です。 しかしこれはこれで受け入れるしかないでしょう。
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ご覧のように旧街道を再現した石畳の坂が続いています。その伸びている様子 を効果的に再現するためには縦位置で撮影するのが良いですね。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  板張りの建物と水車が見事です。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  余談ですが、手前の水車と空の明るさにはかなりの輝度差があるのですが、 ダイナミックレンジの広いフジフイルムのデジカメ(S3Pro)とRAW現像があれば、 怖いものはないですね。ほぼ人間の視覚と同程度のイメージを再現できます。  街道は急坂にあるため、そこかしこに石積みが見られます。苔むした石に野草 が咲いている様子がまた風情があってよいですね。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この写真も、石畳の質感を再現する露出と、空の青さ、雲の白さの階調を再現 するRAW現像が決め手になります。  街道のそこかしこには情緒あふれるアクセサリーがありますね。そのようなも のをスナップしてゆくのも楽しみです。
( photo12 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  このもみじは秋には真っ赤に染まるのでしょうか。またそのころに訪れてみた いものです。
( photo13 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  店先に飾られたのれんが素敵ですね。アンティークな(古風な)落ち着きの中 にもパターン的な面白さが感じらます。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  軒先に吊るされたとうきびと籠が良い味を出していますね。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  逆方向からも撮影してみましょう。ちょうど逆光になって、背後の森の緑がと ても綺麗です。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  坂を登り切ったところには展望台がありました。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここからは日本百名山である『恵那山』(えなさん)の勇姿を見ることができ ます。残念ながら山頂は雲に隠れているようですが、威風堂々としたその姿はこ の地域の人々に昔から親しまれてきました。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  坂を下りながら、スナップをつづけてゆきましょう。望遠レンズで目に付くも のを撮ってゆきますが、ただ切り取るのではなく、背後の空間も意識して画面に 取り込むようにすると奥行き感、臨場感のある写真になるはずです。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )
( photo26 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  そろそろお腹がすいてきました。しゃっきりとした歯ごたえのそばが食べたい ですね。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  窓から差し込む光を上手に使って、写真を美しく仕上げましょう。 おいしい料理をより美味しそうに見せるためには、良いライティングが基本にな るのです。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  さっぱりしたそばに舌鼓をうったら、再び旧街道をくだってゆきましょう。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  光と影のパターンを活かして被写体を切り取る。写真の醍醐味ですね。 光をもって感じるようにしてみましょう。きっと写真が楽しくなるはずです。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  坂道を籠を背負った農婦が登って来ました。正面から撮影すると肖像権の問題 があるので、私を通り過ぎるまで待ちます。  そして通り過ぎたところで後ろ姿をスナップさせてもらうことにしました。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  旧街道には昔ながらの素朴ないでたちが似合いますね。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S3Pro + TamronAF18-270mmF3.5-6.3DiII/VC/LD )  インターネットが世界中に張り巡らされたハイテクな時代ですが、このような 心温まる風景がいつまでも残っていて欲しいと願っています。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S3Pro → http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1242.html
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
Panasonic LUMIX DMC-G2 → http://panasonic.jp/dc/g2/index.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-07-31.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/07-31/2012-07-31.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11144 "Autumn colors of awakening." 『目覚めの秋色』 Img11326 "non-title." 『---』 Img11394 "non-title." 『---』 Img11623 "non-title." 『---』 Img11745 "non-title." 『---』 Img11806 "non-title." 『---』 Img11820 "non-title." 『---』 Img11948 "non-title." 『---』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-07-31 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.