2012-09-04 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第500号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『幼き葉の喜び』(神奈川県南足柄市・夕日の滝にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2012年度・開催中です。 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰するデジカメ教室の2012年度の様子をお届けしましょう。 今週は8月7日に実施された『横浜校・デジカメ上級クラス』の様子をお届け します。  8月は猛暑のため、午後からスタートです。会場は『かながわ県民活動サポー トセンター』です。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まずは前回のミニ撮影会の講評会から入ります。他のメンバーの作品をじっく り見るのは、それだけで勉強になりますね。
( photo02 : RICOH GX200 )  講評会の後は講座がありますが今回のテーマは『夜景撮影のためのフィルター』 です。皆さんどんなフィルターを持ってきたのでしょうか?
( photo03 : RICOH GX200 )  これは厳密にはフィルターではありませんが、面白い効果が得られるので紹介 しましょう。『レンズベビー』という交換レンズです。
 ご覧のようにカメラに装着するのですが、レンズとマウントをゴムの蛇腹でつ ないだだけのシンプル構造で、ピント合わせは自分でレンズを前後に移動させて 行います。
 カメラに詳しい方は『シフト』や『アオリ』という用語をご存知と思いますが、 そのような高度な技法でさえも手作業で行うという実にアナログな器具なのです。 (笑)  通常の撮影結果はご覧のとおり、絞り機構は存在せず、穴の開いたマグネット プレートをレンズの前にはめ込むのですが、その穴の大きさで絞り値が決まりま す。開放付近の絞り値だとご覧のように周囲がけっこうボケます。
( photo06 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス ) さて、このレンズで夜景を撮影するとどのようになるのでしょうか?  ミニ撮影会は猛暑を避けて夕涼みをかねて日没後から始まります。 やってきたのは横浜みなとみらい21にある『横浜コスモワールド遊園地』です。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ここには綺麗なLEDイルミネーションが常時ともっているので夜景フィルター のテスト撮影にはもってこいですね。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まずは通常通り撮影してみます。背後でらせん状にオレンジ色の光線がぐるぐ る回っているのは遊園地の乗り物のイルミネーションの軌跡です。露出時間15 秒の長時間露光のため、こうなるのですね。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらがフィルター無しの写真。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらがフィルター有りの写真です。 市販のフィルターだと効果が強すぎるので、ちょっと変わったフィルターを使っ ています。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  といって特注品というわけではありません。 種を明かせばなんということはない、100円ショップで購入した『水切り網』 なのです。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  網目のメッシュが光を拡散させてくれるので、強過ぎないほどよいクロス効果 とソフト効果が得られます。  本当は女性がはくストッキングなども良いのですが、男性だとちょっと恥ずか しくて買えないですね。(笑)  さて、先ほど紹介した『レンズベビー』を使って夜景イルミネーションを撮影 してみましょう。
( photo13 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )
( photo14 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )  ご覧のように、ピントのあっている箇所以外が大きくボケますが、それが拡散 して流れるような独特のボケのため、イルミネーションの場合それが更に際立ち ます。
( photo15 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )  なかなか独特の描写をするので、ちょっとこれはハマりますね。(笑)
( photo16 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )  うまく被写体と背景との距離をコントロールすれば、普通のボケを楽しむこと もできます。
( photo17 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )  中央に被写体を捉えて、その背後に強い光源のあるようなアングルで狙ってみ てください。
( photo18 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )
( photo19 : Nikon D700 + レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス )  初心者へのおすすめは『レンズベビー・ミューズ・ダブルグラス』でしょうか。 各社のマウントが用意されていて、価格も1万円ちょっとくらいなので、探して みてください。  気軽に『トイ・カメラ風の写真』を楽しむことができますよ。  画角はフルサイズ50mm相当でAPS−Cデジカメだと75mm相当になっ てしまうので、ちょっと画角が狭いかな?  周辺部の流れるようなボケが魅力なわけですから、APS−Cデジカメだと周 辺部が切り取られてしまいますから、できればフルサイズデジカメに装着して楽 しんでみてください。  デジカメ教室は10月より後期日程に入るため途中応募も可能です。 いくつかのコースでまだ空きがございます。 詳細はお問い合わせ下さい(→ akio@tory.com) ★詳細ページとお申し込みはこちらへ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  このところ寒気が入ったためか雷やにわか雨が多くありましたね。 これで暑さも一段落といったところでしょうか。  8月のデジカメ教室実践クラスで、涼を求めて神奈川県西部にある『あしがら の里』の滝を2つ訪れましたので、その様子をご紹介しましょう。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まずは神奈川県山北町にある『洒水の滝』へ。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この滝は神奈川県で2つある『日本の滝百選』のうちの1つに選ばれています。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  ほぼ垂直に一気に流れ落ちる優美な様子が昔から人気を集めて来ました。
( photo23 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  10年前くらいまでは滝壺近くまで見に行けたのですが、土砂崩れ事故があっ てより以来、赤い橋の手前までしかゆくことができなくなってしまいました。ちょっ と残念です。
( photo24 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  ちなみに1996年に滝壺ちかくから撮った写真は下記のようになります。 懐かしいですね。
 フィルムで撮っているので、やたらコントラストが高くて。(笑)  有名な観光地になっているのでカップルや家族連れの人も大勢きます。
( photo25 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  滝の周囲は水が豊富なので植物も豊富です。みずみずしい様子をマクロ撮影す るのも楽しみの一つですね。
( photo26 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  さて、滝の近くで涼しい撮影を楽しんだ後にはお楽しみのお昼ごはんです。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  やってきたのは南足柄市、大雄山最乗寺の近くにある温泉施設『おんり〜ゆ〜』 です。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 ) http://www.ashigara-only-you.com/
 ここの食事処のランチバイキングを予約したのです。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  温泉設備だけでなく、宿泊施設、休憩施設、食事の施設も充実しています。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  バイキングのほかに4種類のメインメニューを選べるのですが、かつおのたた きのお造りを選びました。小田原が近いので、相模湾の海の幸でしょうか。 涼風感のあるお皿も良いですね。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、午後は同じ南足柄市にある『夕日の滝』を訪れました。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  名前の由来は、ある季節のある時間、滝の落口に太陽がかかるから、というこ とらしいのですが、私はまだその様子を見たことがりません。 だって滝の落口はずいぶん高い角度にあるので、その角度ではまだ夕日とは言え ないからではないでしょうか。(笑)  それは余談ですが、鬱蒼とした森を抜けて滝を目指しましょう。 といっても車から降りて3〜4分でゆけるので、とってもお手軽な滝といえるで しょう。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  この滝はわりと安全に滝壺まで行けるので、夏休みを楽しむ子供たちや若者た ちで賑わっていました。
( photo34 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  人物のいるスナップは表情やポーズが命。ただ何となく撮るのではなく、よく 観察していきいきとしたタイミングをとらえたいですね。
( photo35 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  長靴を履いて、私も滝壺近くまで降りてみました。広角レンズで下から見上げ て撮るようにするとたいそうな迫力です。
( photo36 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  したたり落ちる水滴は清涼感をますます高めてくれます。
( photo37 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  現代版ガキ大将が率先して滝壺の裏をくぐり抜けて度胸試しをしようとしてい るのでしょうか。
( photo38 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  夏休みを利用しておばあちゃんのところへ遊びに来た子供さんでしょうか、ま だ小さいので遠くから眺めているだけですが、いつかは僕もチャレンジしてみた いなあと心の中で思っているのかもしれません。
( photo40 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )
( photo41 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  さて帰路につきましょう。振り返って見上げれば、森の緑は爽やかで都会の喧 騒を忘れさせてくれます。
( photo42 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  やはり水の豊かなところには豊かな森が育つのでしょう。  そして足元に目を向ければ、新しい若葉が芽生えています。
( photo43 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  この若葉が上のような大樹に育つにはあと何年必要なのでしょうか。 けれども水の流れが年月をかけて滝を磨き上げるように、この若芽もいつかは大 樹となる時がきっと来るはずです。  楽しみですね。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ RICOH GX200 → http://www.ricoh.co.jp/dc/gx/gx200/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-09-04.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/09-04/2012-09-04.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11317 "Sunset glow in northland." 『北国の夕照』 Img11471 "The glorious seashore." 『輝かしき海岸』 Img11483 "The village bring back memories." 『懐かしき里』 Img11517 "A nap late autumn." 『晩秋のお昼寝』 Img11817 "A portrait of spring." 『春を描いて』 Img11892 "The blue sea and light." 『青き海と光』 Img11928 "The village under the morning mist." 『朝霧の里』 Img11986 "A bougainvaillea in greenhouse." 『温室のブーゲンビリア』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-09-04 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.