2012-09-18 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第502号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『緑の調べ』(群馬県・尾瀬ヶ原にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週のニュースは特にありません。 次回のアナウンスにご期待ください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  まだまだ日本列島は暑い日が続いているようですが皆さんお元気にお過ごしで しょうか。  初夏の頃になりますが、6月下旬に尾瀬ヶ原を取材した時の様子をお届けいた しましょう。光源のさわやかな空気を皆さんにも感じていただけると幸いです。  現在『圏央道』は関越道と中央道がつながっていますが、まだ東名高速道路と はつながっていません。平成25年いっぱいにはつながる予定だということです が、待ち遠しいですね。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  ともあれ、現在鋭意工事中ということでしょうが完成した区間から一般公開し ているようです。神奈川県相模原市に最も近い『高尾山インター』から圏央道に 乗り、関越道を使って尾瀬を目指します。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  途中、赤城山パーキングエリアで休憩をしました。ずいぶん朝早く運転してき たので、公園のベンチに寝転がり、少し仮眠しましょう。  見上げれば新緑の緑がまぶしく、うっすらと霞のかかった青空によく映えてい ます。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  圏央道+関越道のおかげで、沼田インターには2時間ほどで到着しました。
( photo04 : PENTAX Optio-A30 )  そこから1時間ほどで群馬県片品村にある戸倉集落に到着。900円を払い、 ジャンボタクシーに乗り換えて鳩待峠まで送ってもらいます。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  30分ほどで無事に鳩待峠まで到着しました。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  いつもながらののどかな風景。尾瀬はいつでも暖かく迎えてくれます。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  遠足で尾瀬ヶ原に入る子供たちが体操をしていました。青空には白い雲が流れ て文字通りのびのびとした風景ですね。
( photo08 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  今回の取材では Markinsという機材メーカーから自由雲台のテストレポートを 依頼されているので、その様子を撮影しておきます。
( photo09 : SONY α55 + SIGMA 18-50mmF2.8 EXDC/MACRO )  今回の主力カメラは SONYの『α77』。レンズはミノルタ時代に購入した 『AFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM』という望遠ズームです。
( photo10 : SONY α55 + SIGMA 18-50mmF2.8 EXDC/MACRO )  フルサイズ対応で、1.5kgもあるレンズだけに重いですがさすがに頼もしいで すね。  美しい青空と新緑です。目にまぶしいくらいですね。イメージ通りの新緑を表 現するには適切なRAW現像が欠かせません。 (現像ソフトにはライトルーム4を使用しています)
( photo11 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さあ尾瀬ヶ原に入りましょう。何度となく訪れているため、この看板も見慣れ てきましたね。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  鳩待峠まではゆっくり歩いて45分ほどの道のりです。ゆるやかな下りなので 初心者でも安心ですね。(けれど帰りは上りになるので、ちょっと辛いですが。)
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  天気がよく、道の途中でも魅力的な被写体に事欠きません。 なにげない葉っぱがとても美しく見えますし、背景の小川が太陽の光を反射して きらめいています。
( photo14 : SONY α77 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  登山道の途中、木々が無く、至仏山の展望が開ける場所があります。広々とし て開放感のある風景が楽しめます。
( photo15 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  登山道を歩いていて、強い存在感を感じたら、振り返ってみるとそこには杉の 大木が林立していました。すかさず広角レンズに交換して近づいて撮影します。
( photo16 : SONY α55 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  巨木を撮影する時のために、広角ズームレンズが一本あると便利ですね。  登山道はたくさんの木々に覆われていて、その葉が風に吹かれてカサカサと音 を立てます。それと同時にまるで新緑の葉が重なりあって一枚の動く影絵のよう に見えるのです。しばらくぼーっとして眺めていると本当に癒されますよ。
( photo17 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  森を通り抜けた光は木道の上に投げかけられて、そこにも光と影の絵画を作り 出していました。
( photo18 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、山ノ鼻に到着です。普通なら40分ほどで着くのですが、じっくり撮影 をしながらなので、なんと2時間もかかってしまいました。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  お昼もすっかり過ぎています。エネルギーの補給が必要ですね。 ということで目についたのは山荘前にある『花豆ソフト』のポスター。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  疲れた時にはやっぱり甘いものが一番ですね。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、脳と体に糖分を補給したことですし、午後も頑張りましょう。 尾瀬ヶ原を横断して東電小屋を目指します。  尾瀬ヶ原の木道は年々綺麗になっているようですね。遠足の子供たちも歩きや すくなっているので大喜びでしょう。
( photo22 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  この時期、見頃の植物は何といっても『レンゲツツジ』でしょう。爽やかな朱 色を帯びたオレンジ色が目に飛び込んできます。
( photo23 : SONY α77 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  背景で白くぼけていたものは『ワタスゲ』でした。色彩的な鮮やかさはありま せんが、ポワポワとした白い綿毛が風に揺れる様子は見ていてとても癒されます ね。
( photo24 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  カメラを低い位置にセットし、そのワタスゲを前ボケに使って奥の木道を往来 する登山者にピントを合わせてみました。ちょうど午後になると逆光の光線状態 になるため、とても美しい風景になりました。
( photo25 : SONY α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM )  鮮やかな緑の草原に点在するワタスゲとレンゲツツジの花。この時期の尾瀬は 本当に爽やかさにあふれています。
( photo26 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  もうずいぶんと歩いて来ました。半分の行程を過ぎたでしょうか。木道の上で 今回持参したカメラ、α77とサブ機のα55も一休みです。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  やはりカメラ2台体制が便利でいいですね。レンズ交換をしなくても良いです し、一方が故障してもまるきり撮れなくなる危険を避けられます。 ・α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA ・α55 + ミノルタAFズーム70-200mmF2.8G(D)SSM  レンズ2本は、現在私がαマウントのズームレンズの中で最も写りが良く、信 頼を置いている2本で、これがあれば、ほぼ90%くらいの風景を撮影すること が可能でしょう。 (その他、広角ズーム:SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC を持参しています)  次週も引き続き、尾瀬ヶ原取材の様子をお届けいたしましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-09-18.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/09-18/2012-09-18.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11480 "The view of Toyama plain." 『遥かなる富山平野』 Img11621 "It's pure place." 『清らかな場所』 Img11629 "The way for horizon." 『黄金の彼方に』 Img11683 "A tone color of Chiristmas." 『クリスマスの音色』 Img11800 "An abstract painting in winter." 『冬の抽象画』 Img11898 "A side face of Toshima-island." 『利島の横顔』 Img11950 "Over the green tea garden hill." 『茶畑の丘の向こうに』 Img11987 "A cymbidium in green house." 『温室のシンビジウム』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-09-18 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.