2012-10-23 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第507号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『きらめきの華』(埼玉県横瀬町・寺坂棚田にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越章夫デジカメ教室2012年度・開催中です。 --------------------------------------------------------------------------  鳥越が主宰するデジカメ教室の2012年度の様子をお届けしましょう。 今週は9月21日に実施された『所沢校・デジカメ初級クラス』の様子をお届け します。  午前中の机上講習の会場は所沢市民文化センター『ミューズ』です。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  まずは前回撮影会の講評会です。 前回の8月は猛暑なので、室内で『静物写真』の時間でした。 机の上の『ビー玉』もこうして撮るとまるでアート写真のようですね。
( photo02 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  講評会が済んだらレクチャーの開始です。今月のテーマは 『レンズの絞りのコントロール』です。
( photo03 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  レンズの絞りは『F値』とも呼ばれますが、これが開いたり閉じたりすること によって、ピントを合わせた面の前後のボケ具合が異なって来ます。
( photo04 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  造花を用いて背景のボケ具合がどのくらい変化するか、実験をしてみましょう。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  さて、午後のミニ撮影会は狭山市にある『狭山市立智光山公園こども動物園』 にやって来ました。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  それほど宣伝はしていませんが、けっこうたくさんの動物がいるのですよ。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  檻の向こうにいる動物を撮影するには望遠ズームの使いこなしが主体になりま す。皆さん真剣そのものですね。
( photo09 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  動物さんたちの丹精な姿をきれいに写してあげましょう。
( photo10 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  動物園の仲間ではないですが、屋根の上のカラスさんも立派な被写体になりま すね。
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  ワラビーさんの不敵な面構えがなかなか魅力的です。ピントは目にしっかり合 わせるようにしましょう。
( photo12 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  たぬきさんでしょうか。大勢でかたまって昼寝をしていました。むにむにして いて可愛らしいですね。
( photo13 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )
( photo14 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  時間がたつごとに色々なポーズを取りますから、決定的なチャンスが撮れるよ うに粘りましょう。
( photo15 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  こちらのアライグマは昼寝中でしょうか。だらんと垂れ下がったしっぽが可愛 らしいですね。
( photo16 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )
( photo17 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  さて、動物園の一番奥にある『猿山』にやって来ました。
( photo18 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  猿山にはたくさんのお猿さんがたむろしていました。
( photo19 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  このお猿さんはボス猿でしょうか。貫禄のある面構えです。
( photo20 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  お猿さんは人間臭いところがありますね。色々なポーズを取りますから、その 瞬間を切り取るのが動物写真の醍醐味です。
( photo21 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )
( photo23 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  木の上の仔猿のつぶらな瞳が可愛らしいです。ちょうど午後の光が斜めから差 し込んで猿たちの顔に陰影がつきました。
( photo24 : Nikon D5100 + AF-S DX-Nikkor55-300mmF4.5-5.6G ED/VR )  武蔵野の動物園で撮影を楽しむことができました。  デジカメ教室は10月より後期日程に入るため途中応募も可能です。 いくつかのコースでまだ空きがございます。 詳細はお問い合わせ下さい(→ akio@tory.com) ★詳細ページとお申し込みはこちらへ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  先週から秩父市の札所めぐりをご紹介していますが、今週はその2回目です。  一番目の札所をチェックした後、2つめの札所を目指します。 正面に見えるのは秩父市のシンボル『武甲山』です。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  季節は10月初旬ですが、民家の庭先には美しいアサガオの花が咲いていまし た。
( photo26 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  『ヘブンリー・ブルー』という品種のアサガオです。 日本語に訳すと『天国の青』。まさにその名の通りの透き通った美しい花ですね。
( photo27 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  2番目の札所、高谷山金昌寺に到着しました。たくさんのお地蔵様が出迎えて くれます。
( photo28 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )
( photo29 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  山門の両脇には大きな『わらじ』がかかっているのが特徴です。 時間がなくて調べられていませんが、なにか云われがありそうですね。
( photo30 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  このお寺さんの特徴は『石仏』がとても多いことです。
( photo31 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  様々な表情の石仏たちが一同に集まっています。
( photo32 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM ) それほど広い境内ではないのですが、その迫力には圧倒されますよ。
( photo33 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  お堂を取り巻くように楓の木が植えられています。旺盛なこの様子を見ている と、秋の紅葉もなかなか良さそうですよ。
( photo34 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  年季の入ったお堂です。歴史を感じさせますね。
( photo36 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  さて、次の目的地へと向かいましょう。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-FP8 )  やってきました、横瀬町の『寺坂棚田』へ。 もともとこの場所を偵察したいがためにこの地までやってきたのです。
( photo38 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  武甲山を背景にして、美しい棚田が広がっています。 ちょうど刈り取りの時期で、干された稲穂が季節感を演出してくれていました。
( photo39 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  傘をかぶった農家の方が田んぼを往来していました。天候がよく、青空の下、 朱色のヒガンバナがとても良く映えています。
( photo40 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )
( photo41 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  刈り取りが始まる直前に来ていれば、もっと一面に黄金色の棚田が見られたこ とでしょう。
( photo42 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM ) もっとも今年は猛暑の影響でヒガンバナの開花時期が遅れたので、 棚田は黄金色でも、ヒガンバナはまだ咲いていなかったかも知れません。 そういう意味ではこの時がベストシーズンだったのでしょう。  風景を撮影する時も、その中に人物が入っていると見る人の目を引く良いワン ポイントになりますね。
( photo43 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  あぜに咲くヒガンバナの奥に水たまりがありました。 なんでもない水たまりですが、よく見ると、太陽の光が反射して表面がきらきら 光っています。
( photo44 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  そのきらめきを背景にして、望遠レンズでクローズアップしてみました。
( photo45 : SONY α77 + SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC/HSM )  曼珠沙華の名は法華経の仏典に由来するそうで『天上の花』という意味もある そうです。  その美しさは正に天上の花と呼ぶにふさわしいですね!  次回は秩父札所めぐりの最終回をお届けいたしましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Canon EOS-Kiss-Digital-N → http://cweb.canon.jp/e-support/qa/1055/app/servlet/qadoc?qa=042810
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
Panasonic LUMIX DMC-FP8 → http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=DMC-FP8
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2012/2012-10-23.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2012/10-23/2012-10-23.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12056 "Spring has come on Ina-valley." 『伊那谷の春』 Img12159 "An illusionary mist." 『夢幻の霧』 Img12237 "A straight eyes." 『まっすぐな瞳』 Img12327 "A sisters of white arums." 『ミズバショウの姉妹』 Img12416 "A deep river." 『深き流れ』 Img12557 "The blue of last curtain." 『終演の青』 Img12650 "A sight of water lily." 『睡蓮の吐息』 Img12762 "A memory of summer vacation." 『夏休みの記憶』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2012-10-23 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.