2013-03-12 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第527号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『黎明の穂高連峰』(上高地・大正池にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度≪神奈川会場≫募集中 ● --------------------------------------------------------------------------
 鳥越のデジカメ教室2013年度、 神奈川方面の『横浜校』『湘南校』『橋本校』『足柄校』が募集中です。  既にこのブログをご覧になっている方はご存知の通り、鳥越のデジカメ教室は 撮影会は楽しく、机上レクチャーは大変有意義です。  写真を通して豊かな人生を過ごしたい方にはぜひおすすめします。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 お申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越フォトクラブの主催する『冬の上高地撮影会』の第一弾が2月27〜28 日の日程で実施されました。今回はその第2回目のレポートです。  出発予定は4:30ですが、準備と朝食に1時間はかかりますから3:30の 起床です。朝早起きの苦手な方には辛いかも。でも黎明の穂高連峰を見たら、そ の疲れも吹っ飛びますよ。頑張りましょう。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  4:30に迎えに来てもらったタクシーに分乗します。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  未明の国道158号線を北上します。凍結路面が心配なので慎重に行動しましょ う。タクシーだと自分で運転しなくていいので気が楽ですね。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  20分ほどで釜トンネル入り口に到着します。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  冬期の上高地は許可車以外入ることができません。ここからは徒歩での移動に なります。重い撮影機材を背負っての歩行は大変ですが頑張りましょう。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  昔の釜トンネルはバスがやっと一台通れるくらいの狭くて暗いトンネルでした が、今ではこんな立派なトンネルになりました。凍結の心配もなく安心して歩く ことができます。(昔のトンネルは地下水がしみだし、ガチガチに凍結していて アイゼンが不可欠だったのです)
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  それでも勾配は11%あり、けっこうな坂道です。  30分ほどでトンネルの出口に着きます。ここから先は凍結した林道歩きにな るので、軽アイゼンがあると安心ですね。持っている人は装着しましょう。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  まだ月明かりの残る林道を歩き始めます。工事用車両が通るので除雪はされて いるのですが、路面の凍結が心配なので慎重に歩きましょう。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  30分ほど歩くと黎明の薄明かりの中、穂高連峰の姿が見えて来ました。天候 は晴れて安定しているようですね。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  大正池のほとりに着くと、林道から別れて遊歩道になります。ここから先は除 雪されていませんから、スノーシューに履き替えて進みます。  今年は雪が多いですね。そしてところどころで、このように雪崩のあとがあり、 そこは小山のように盛り上がっています。慎重に進みましょう。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  こうして徒歩1時間30分を経て、大正池のほとりに到着しました。 穂高連峰の雄姿が素晴らしい撮影ポイントです。
( photo11 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  左のピークが奥穂高岳、右のピークが前穂高岳です。
( photo12 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  こちらのアングルの写真は左に西穂高岳、右に奥穂高岳が見えています。
( photo13 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さあ、寒い中大変ですが、撮影準備にとりかかりましょう。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちなみに先程の穂高連峰の写真は青かったですが、こちらの写真では白いです ね。それは上の写真が『ホワイトバランス・太陽光』、下の写真が『ホワイトバ ランス・オート』で撮影されたからです。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  なぜ太陽光だと青く、オートだと白く写るのか? 分からない人は鳥越デジカメ教室に通って学んでください。(笑)  体から出る湯気が帽子にまとわりついて再凍結してますね。 気温は−5℃ほどですが、しかし冬の上高地にしては温かいです。
( photo16 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  静かに夜明けの時を待ちます。心静まる満ち足りた時間ですね。
( photo17 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  穂高連峰の上空では雲が動き始めました。東の地平から太陽が昇り、その熱で 大気が暖められて流動を始めた証拠です。
( photo18 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そして東からの光によって穂高連峰が染まり始めました。素晴らしい朝のひと ときです。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AiAF-MicroNikkor70-180mmF4.5-5.6D )  見事に晴れ渡った冬の上高地、この後はどんな風景が見られるのでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-03-12.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/03-12/2013-03-12.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12162 "A good friends of wildflowers." 『仲良しの野草たち』 Img12264 "A beat of Verdure." 『新緑の鼓動』 Img12387 "A womb of the forest." 『森の胎内』 Img12449 "A beach of azure." 『紺碧の浜辺』 Img12585 "A noble waterlily." 『高貴なるスイレン』 Img12875 "A Japanese rose of northland." 『北国のハマナス』 Img12895 "A tent site under the moon light." 『月光のテントサイト』 Img12935 "A serene Mt.Tsurugidake." 『晴朗なる剱岳』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-03-12 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.