2013-04-02 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第530号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『厳しき冬』(乗鞍高原にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度≪神奈川&埼玉≫募集中 ● --------------------------------------------------------------------------
 鳥越のデジカメ教室2013年度、 神奈川方面の『横浜校』『湘南校』『橋本校』『足柄校』が募集中です。 埼玉方面は『所沢校』が募集中です。  既にこのブログをご覧になっている方はご存知の通り、鳥越のデジカメ教室は 撮影会は楽しく、机上レクチャーは大変有意義です。  写真を通して豊かな人生を過ごしたい方にはぜひおすすめします。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 お申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
(※)湘南校の会場が『海老名市民文化会館』に移転しましたので ご参加される方はどうぞご注意ください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越フォトクラブの主催する『冬の上高地撮影会』の第2弾が3月4〜5日の 日程で実施されましたが、今週はそのレポートの第2弾です。  先週は冬の乗鞍高原に差し込んだ温かい陽光のシーンで終了しました。
( photo01 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  光が差し込めば、冬景色の中にも驚くほど温かいシーンが見られるものです。  その一方で、谷間で日が陰ったりすると、また冬の厳しい表情が見られる、そ の表情の移り変わりを見極めるのも冬景色撮影の楽しみですね。
( photo02 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  雪面に刻まれた動物の足あとをたどって、雪の坂道を登リ、駐車場を目指しま す。
( photo03 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  途中目についた冬枯れの風景に目を留めて写真を撮るのも楽しみの一つです。
( photo04 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  無事に駐車場にたどり着きました。太陽はもう乗鞍岳から湧き上がる雲の向こ うに隠れつつありました。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  乗鞍高原のシラカバやカラマツはすっかり葉を落として、その向こうには雪に 覆われた乗鞍岳の姿があり、あらためて冬の北アルプスの厳しさを垣間見せてく れました。
( photo06 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  しかし厳しさの中にも凛とした美しさの感じられる風景に私は心動かされまし た。  さて、初日の撮影を終えた一行は宿に到着しました。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  宿泊先は沢渡(さわんど)にあるペンション『しるふれい』です。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  中は広くて清潔で、こういう宿に入るとホッとしますね。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  階段の途中には吹き抜けを利用して美しいステンドグラスが飾ってありました。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  食堂にあるお酒のボトルを見ると、見るだけで体が温まりますね。(笑)
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  温かい食事を頂いて、明日への英気を養いましょう。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  食事の後は明日の上高地に向けて前夜のレクチャーです。前回の撮影会のデー タを参考にしながら、被写体の狙い方、ホワイトバランス、絞り値やシャッター 速度などの設定の確認を行ないました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  事前にシミュレーションやイメージトレーニングができていれば、いざ素晴ら しい風景に出会っても慌てることなく落ち着いて撮影に集中できますからね。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、翌朝は4時に早起きして準備を整え、4時半には出発です。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  まだ暗い中、上高地の入り口である釜トンネルにむけて出発しましょう。 今日の冷え込みはそれほど強くないようです。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  車は釜トンネルの入り口に到着しました。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  冬の釜トンネルは一般車通行止め。ここからは徒歩で行かなければなりません。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  11%の勾配のある坂道を歩き始めます。トンネルは30分くらいで通過する ことができるでしょう。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  トンネルを抜けると、そこは雪国でした。 それはいいのですが、待望の上高地はあいにく小雪が待っていました。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  明るくなって来ましたが、小雪は相変わらず降っています。 いつもならここで穂高連峰の姿が見えてくる箇所ですが、残念ながら山々の姿は 見えません。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  それでも上高地の冬景色を見てみたく、一行は林道の分かれ道にてスノーシュー を装着し、先を目指します。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  昨年の上高地撮影会では不要だったスノーシューですが。今年の上高地は積雪 が多く、そのためペンションでレンタルをしました。これがあれば接地面積が広 くなって柔らかい雪でもそれほど沈むこと無く歩きやすくなります。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  スノーシューに履き替えて、さあ、冬の上高地に足を踏み入れましょう。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  小雪は相変わらず舞っていますが、しかししんしんと降る雪はなぜか心を静か に落ち着かせて暮れます。このような心染み入る風景もまた良いものです。 (吹雪になるとそんなことも言っていられませんが)
( photo25 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  ちなみにこちらの写真は高倍率ズームレンズの望遠側を使って撮影しました。 遠くの被写体を望遠撮影すると、ぼかし効果が入るので、立体感や雰囲気のある 写真にしやすいのです。  こうした望遠の効果を得るために、わざわざ被写体から遠ざかって撮影するカ メラマンもいます。  みなさんもレンズの特徴を生かした撮影を心がけてみてください。  小雪の舞う冬の上高地はどんな表情を見せてくれるのでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-04-02.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/04-02/2013-04-02.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12130 "A shooting buds of spring." 『春の芽吹き』 Img12267 "Mt Shibutsusan in early summer." 『初夏の至仏山』 Img12423 "A power of Yayoi-cedar." 『弥生杉の力』 Img12493 "A eternal fall." 『悠久の滝』 Img12606 "A dwarfs in the forest." 『森の小人たち』 Img12794 "A carpet filled with flowers." 『花色のカーペット』 Img12842 "A small life." 『小さな命』 Img12945 "Mt.Tsurugidake go to sleep." 『眠りゆく剱岳』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-04-02 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.