2013-04-30 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第534号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『桜のシャワー』(埼玉県・美の山公園にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度がスタートしました ● --------------------------------------------------------------------------  鳥越のデジカメ教室2013年度がスタートしました。 今週は横浜校『デジカメ実践クラス』の一日撮影会の様子をお届けしましょう。  デジカメ実践クラスは2回の一日撮影会と1回の一日机上講習を交互に繰り返 して受講生のレベルアップを図ろうというコースです。  初回の撮影場所に選んだのは多摩丘陵の豊かな自然が残る『生田緑地』です。 http://goo.gl/maps/7QMuX
 自然が豊かな証拠に、ご覧のように道路標識には『動物注意』の看板が。。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  新緑のまぶしい生田緑地にやって来ました。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ひとくちに生田緑地と言ってもとても広いのですが、本日の目的地は その中にある『日本民家園』です。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ご覧のように日本各地の素朴な山村を再現した建物が数多くあります。 さあ撮影開始です。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo35 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  建物も魅力的ですが、所々にある萌え始めた植物たちの姿も魅力的ですね。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  このモミジは春にも赤くなる品種なのでしょう。新緑をバックにして色彩のコ ントラストを高めるような構図とアングルで撮影してみました。
( photo37 : Nikon D5100 + Tamron SPAF 90mm F/2.8 Di MACRO )  木陰の葉っぱを明るめの露出で撮る。これはいわゆる『ハイキー写真』です。  一方こちらは暗がりの部屋を暗く再現して、遠方に外の風景を配置してハイラ イト部分を確保する、いわゆる『ローキー写真』です。
( photo38 : Nikon D5100 + Tamron SPAF 90mm F/2.8 Di MACRO )  この日本民家園は、そうしたハイキー写真、ローキー写真を撮り分ける練習に 最適な場所ですね。  なんという爽やかな新緑でしょうか。これはハイキー写真。
( photo39 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  水車小屋がありました。ただそれだけでなく、季節を感じさせる被写体を配置 したいものです。ここではツツジの花を画面下部に添えてみました。
( photo40 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  民家の中は暗いのですが、カメラのオート露出で撮ってしまうと明るくなりす ぎてかえって不自然です。  ここはマニュアル露出モードに切り替えて、屋外が最適に写るような露出にセッ トして撮ります。そうして撮ると、暗い部屋は暗く写るので、そのほうが自然で 効果的なのです。
( photo41 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  こちらは沖縄の古民家をイメージしたエリアです。垣根に植えられたツツジが とっても鮮やかですね!
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  そのツツジをますます効果的に写すには構図がポイントになります。 画面手前にボリューム感のあるツツジ配置して縦位置で撮影してみました。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さて、そろそろお昼の時間です。この日本民家園の中には『白川郷』という名 前のお蕎麦屋さんがあります。建物も本家白川郷の古民家風になっていて気分に ひたれますね。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  美味しいお蕎麦をいただくと、気分がしゃっきりとして午後の撮影にも身が入 ります。(笑)
( photo45 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  日本民家園はなかなかに広く、午前中の2時間だけでは足りません。 (撮影に夢中になっているとあっという間に時間が経ってしまうのです) そのため午後も引き続き日本民家園で撮影を続けることにしました。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ポイントはなんといっても『ライティング』と『露出』です。 民家の中に差し込む自然光を生かして、暗いところはあくまで暗く再現すること がポイントです。
( photo47 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  古民家の外にある自然の風物はやはりここは明るめにハイキー写真で撮影する のが絵になりますね!
( photo48 : Nikon D5100 + Tamron SPAF 90mm F/2.8 Di MACRO )  午前午後とたっぷりと撮影を楽しめた一日でした。 デジカメ教室は途中入校も可能です。横浜校、所沢校、足柄校、湘南校 橋本校などが開催されています。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越はこのところ埼玉県地方の取材に力を入れています。 早朝出発して関越道を走ります。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  花園インターで降りて、目指すは秩父地方です。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  皆野町と東秩父村の境界となっている稜線を走る林道を進みます。 ガタガタの林道を走り抜けて。 (このようなガタガタ道も最近ではすっかり少なくなってしまいました)
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  途中、変わった名前の山の看板を見つけました。 とても気になるので車を降りて登ってみましょう。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 ) ちなみにこれは『皇鈴山』(みすずやま)と読むそうです。 インターネットのおかげで調べ物はとても楽になりましたね。  途中の登山道で、がけ崩れを起こしている箇所があり、、、
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  そこからは関東平野北部の素晴らしい展望が開けます。 さえぎるものがなく、朝日の撮影にも最高のポイントですね。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さて、稜線の林道はさらに続きます。やはり東秩父村と皆野町の堺にある『秩 父高原牧場』にやって来ました。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  5月下旬から6月上旬にかけて、このスロープに一面のポピーの花が咲くとい います。とても楽しみですね。  今の時期(取材をした4月中旬)は桜の時期であります。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  時々、桜を発見すると、車を止めて撮影体制に入ります。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ソメイヨシノの時期は過ぎてしまいましたが、品種の異なる桜が仲良く並んで います。同じピンク色の中にも、淡い色の変化があって、とても楽しめます。
( photo11 : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  秩父高原牧場を町に向かって降りてゆくと、途中、また別のミニ牧場がありま した。奥にそびえている山は秩父市のシンボル、『武甲山』(ぶこうさん)です。
( photo12 : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )
( photo13 : Nikon D700 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO )  さて、本日のお目当ての撮影地にやって来ました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  日本の桜100選にはもれているものの、埼玉県の桜の名所として知られる 『美の山公園』(みのやまこうえん)です。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  山の上を大規模に工事して桜の木を多数植えて一大公園にしてしまいました。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  展望台の上からはご覧のように桜の山を眼下に望み、さらにその奥にある秩父 盆地を一望のもとに見渡すことができます。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  望遠レンズで覗くと、秩父市の様子がよくわかります。画面右下にある『セメ ント工場』の姿もね。(笑)
( photo19 : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  あのセメント工場が高度成長期時代の日本の反映を支えていたというわけです。  この桜公園はソメイヨシノだけでなく様々な品種の桜が植えられているので、 時期がずれても楽しめます。
( photo20 : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  さて、駐車場から5分ほど遊歩道を歩くと山頂に着くことができます。 山頂には電波塔がありますね。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  この山の元々の名前は『蓑山』と言ったそうです。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  どうやらそれを観光目的で『美の山』と変名してしまったのですね。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  良いことなのか悪いことなのかは分かりませんが、そえが地元の発展に寄与し ているのなら、まあそれほど目くじらを立てることも無いのではないでしょうか。  山頂部からは桜の花ごしに武甲山の姿を見ることができます。
( photo24 : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  石灰岩質の山で、あそこからせっせと石灰岩を切り出しては、ふもとのセメン ト工場で精製して、それを京浜工業地帯に貨車で送り込んでいたというわけです。  山の斜面にはいたるところに桜の木が植えられています。淡い色調の桜は日本 人の感性にぴったり合いますね。
( photo25 : Nikon D700 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  桜の木の下で寝転んでみましょう。天気が良ければまるで桜が降ってくるよう な、そんな錯覚に見舞われます。
( photo26 : Nikon D700 + Tamron SPAF 17-35mm F/2.8-4 Di LD )  リング状の光の光彩はレンズの内面反射による『フレア』で、本来はレンズの 悪い特性と言われていますが、しかしその輝き感が楽しいので、私は表現の一部 として利用させてもらっています。  絞り開放付近のほうがよく出て、絞りを絞るほどこのフレアは弱まってゆきま す。そのため画面開放部の画質は甘々ですが、それは容認してください。(笑)  なんでもマニュアル通りに決め付けるのではなく、自分の感性にマッチするな ら前向きに取り入れてみるのもいいのではないでしょうか。  上を見上げるのに首が疲れた頃、足元に目を向けると可愛らしいスミレの花が 咲いていました。
( photo27 : Nikon D700 + AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G ED )  本日は晴天なり。美の山公園の桜を見に来ようと、三々五々観光客が集まって 来ました。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  時刻は9時半。昼になればなるほど人は増えてゆくでしょう。 では、そろそろ私は退散することにしましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-04-30.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/04-30/2013-04-30.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12071 "A season of cherry blossoms fluttering." 『桜舞い散る季節』 Img12391 "A fledgling leaf." 『命の芽生え』 Img12656 "A pal of water lily." 『仲良しのスイレン』 Img12673 "A field across the wind." 『風渡る草原』 Img12690 "A pal of daylily." 『仲良しのニッコウキスゲ』 Img12705 "A ripples on pond bank." 『池塘のさざ波』 Img12784 "Into the country of fairy tale." 『童話の国へ』 Img12912 "A invitation of Brocken phenomenon." 『ブロッケンの誘惑』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-04-30 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.