2013-05-07 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第535号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『富士の見える里』(山梨県忍野村・新名庄川にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度がスタートしました ● --------------------------------------------------------------------------  鳥越のデジカメ教室2013年度がスタートしました。 今週は神奈川県西部にある足柄校『デジカメ実践クラス』の一日撮影会の様子を お届けしましょう。  デジカメ実践クラスは2回の一日撮影会と1回の一日机上講習を交互に繰り返 して受講生のレベルアップを図ろうというコースです。  初回の撮影場所に選んだのは神奈川県西部からアクセスのしやすい『富士五湖 周辺』です。  まずは朝9時に小田急線・新松田駅に集合です。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  メンバーはハイエースに乗車して、さあ出発しましょう。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  東名高速道路を御殿場まで走り、その後は東富士五湖道路を使って午前中の目 的地を目指します。
( photo14 : PENTAX Optio-A30 )  目的地に到着しました。撮影機材を積み降ろします。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  最初の撮影ポイントに向かいましょう。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  場所は忍野村にある『忍野八海』の近く、『忍野浅間神社』の脇に流れる『新 名庄川』にかかる『お宮橋』です。  ここからは川沿いの桜並木が見事で、その向こうに富士山の姿を見ることがで きます。
( photo17 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  場所が分かりづらいのですが、地図で示すと下の通りです。 http://goo.gl/maps/FxcZ3
 この橋の上からがベストアングルです。さあ撮影を開始しましょう。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  桜は若干満開を過ぎたものの、まだまだ見応えがあります。 桜並木ごしの富士山の姿が見事ですね。
( photo19 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  望遠レンズで撮影すると圧縮効果で桜並木のボリュームが強調されますよ。桜 にピントを合わせると富士山がボケ気味になるので絞りをしっかり絞りましょう。 だいたいF11くらいが適当かと思います。  こちらの写真は新名庄川にかかる橋ごしに富士山を撮影して見ました。 こちらはレタッチ前(RAW現像前)の写真。
( photo20 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  そしてこちらはレタッチ後(RAW現像後)の写真です。 レタッチ前と後ではずいぶん印象がちがいますね。
( photo21 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  どちらが正しいのでしょうか? 結論から言えば『レタッチ後の写真が正しい』ということになります。  レタッチ前の写真はデジタルカメラが保存する『初期値』による画像です。 それは物理的にストレートに記録しただけのもので『撮影者の印象や感性』が反 映されていません。そのため『正しい記録』とはいえないのです。  正しい記録とは『撮影者の現場での印象や表現したい感性』が反映されたもの が本当の意味での『正しい記録』と言えると思います。  そのため、撮影者のイメージに写真を近づけるためにレタッチ(画像処理もし くはRAW現像処理)を行うことは、悪いことではありません。 いやむしろ『それをしないことの方が正しくない』と断言できると思います。  レタッチをしない画像は『カメラまかせのオートマチック』によって記録され た画像なのですから。  もちろん、デジタルカメラの内部処理によって記録される画像も、研究が進ん でいて、しろうとが手を入れるよりは、それなりに綺麗に写るようになってきて いますが、あくまで『オート』であることには変わりありません。  デジタルカメラユーザーの方々がデジタルカメラの進化を発揮するには、でき ればRAW現像処理をマスターして欲しいものです。  もちろん問題点もあります。 ●問題点1:レタッチ(RAW現像処理)をしっかりマスターするのは 一朝一夕にはできない。パソコンのマスターも必要。 ●問題点2:レタッチする人の感性がブレていると、鮮やかになりすぎたり 現実からかけ離れた不自然な画像になることがある。  といったところでしょうか。 レタッチは自由度が高い分、さじ加減が難しいのが問題点と言えるかもしれませ ん。  難しい話はさておいて、この晴天好日の下では撮影そのものを楽しみたいもの です。川沿いには私どもの他にも多くのカメラファンがおしかけていました。 皆めいめいに撮影を楽しんでいます。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  富士山だけでなく、川沿いにある春の風景を撮影するのも楽しみです。
( photo23 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  川沿いの桜並木の下には可愛らしいラッパスイセンの花が咲いています。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  ラッパスイセンだけを撮っても良いのですが、背景にも工夫を加えましょう。 水面のきらめきをバックに配置して、光ボケを入れてみるのです。
( photo25 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  富士山と桜並木の撮影を存分に楽しめました。さあ、次の撮影地に向かいましょ う。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )
( photo27 : PENTAX Optio-A30 )  次の撮影地は富士河口湖町の西湖湖畔にある『西湖いやしの里根場』です。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) ◆公式サイト↓ http://www.fujisan.ne.jp/iyashi/
◆マップ↓ http://goo.gl/maps/6cdXW
 ここは以前あったという古民家の村を再現したテーマパークです。 訪れた時期(4/18)にはちょうどシダレザクラが見頃を迎えていて、古民家 とよくマッチしていました。
( photo29 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  古民家は全て復元したものですが、しかしよくできていますよね。
( photo30 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  午後の撮影会の前に腹ごしらえです。 このいやしのさとの中にある『松扇』というそば処に予約を取りました。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  このお店は人気で予約をとらないとかなり待たされるのです。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  お店の中からも見事な富士山の姿を見ることができます。 この日は天候が安定していて昼になっても富士山に雲がかかることがありません でした。
( photo33 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  参加人数は9名ですので調度良い人数です。和気あいあいとした雰囲気のなか で会食を楽しめます。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  そばは大変美味しいですよ。おすすめです。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) ただし事前の予約をおすすめします。 ◆松扇いやしの里店(西湖そば処) 0555-28-5300  次回は午後の撮影会の様子をお届けしましょう。 デジカメ教室は途中入校も可能です。横浜校、所沢校、足柄校、湘南校 橋本校などが開催されています。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週は山梨県忍野村にある桜の名所をご紹介しましょう。  実はこの取材は『ニュース』で紹介した『デジカメ教室足柄校』の一日撮影会 の前の早朝に行ったものです。(撮影会の下見も兼ねています)  そのため、コーナーの順番としてはこちらが後になっていますが、時系列順で 見るとこちらの写真が時間的には早くなっています。  あらかじめご了承ください。  埼玉県川から早朝の中央道を走って、忍野村を目指します。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  朝日の差しこむ忍野村にやって来ました。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  この『お宮橋』の付近に桜の名所があると情報を仕入れてやってきたのです。 案の定、橋のたもとにカメラマンがたむろしていますね。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 )  なるほど、まだ日が十分に当たっていないですが、桜並木ごしに富士山の姿が よく見えます。これは素晴らしい撮影ポイントですね。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  望遠ズームレンズで桜並木の一角と富士山を大写しにしてみました。こういう 写真は大きく伸ばすと迫力が出ますよ。
( photo05 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  手前に流れる新名庄川の流れも印象的です。縦位置も撮っておきましょう。
( photo06 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  最近はインターネットの普及のおかげか、こういう名所の情報が伝わるのも速 いですね。三々五々あちこちからカメラマンが集まってきていました。良いポイ ントにはこうして三脚がずらりと並びます。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  こちらの写真は、土手を降りて川岸ぎりぎりからしゃがみ気味にして撮影しま した。アングルを下げることで、電線や住宅などを土手の向こうに隠すように工 夫をしています。
( photo08 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  早朝の抜けるような青空の下、富士山と桜がよく映えますね。素晴らしい!  こちらは忍野八海の湧き水が流れだす川で、新名庄川に流れ込んでいる支流で す。
( photo09 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  朝の光にきらめいて、透明な湧き水がますます澄んで見えます。
( photo10 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  桜の花とラッパスイセンの花が逆光に透けて光っていてとても綺麗でした。
( photo11 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  忍野八海のたもとにある桜の名所。見頃は4月中旬ごろでしょうか。 皆さんも来年ぜひ言ってみてください。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-05-07.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/05-07/2013-05-07.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12453 "non-title." 『---』 Img12512 "non-title." 『---』 Img12523 "non-title." 『---』 Img12546 "non-title." 『---』 Img12562 "non-title." 『---』 Img12567 "non-title." 『---』 Img12590 "non-title." 『---』 Img12635 "non-title." 『---』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-05-07 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.