2013-06-25 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第542号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『圏谷の輝き』(中央アルプス千畳敷カールにて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度が開催中です ● --------------------------------------------------------------------------  鳥越のデジカメ教室2013年度が開催中です。 今週は『かながわ労働プラザ』開催された横浜校レタッチクラスの様子をお届け しましょう。  横浜校の会場はなかなかとれないので、あちこち開催場所が変わります。 今月のレタッチクラスは横浜市中区寿町にある『かながわ労働プラザ』で開催さ れました。
( photo25 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  午前中はレタッチ初級クラス。主にパソコンの操作とデジタル画像ファイルの 取り扱いなどを学ぶコースです。
( photo26 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  今月は『切り抜き処理』や『傾き調整』『スポット修正』などの操作を学びま した。ちなみにレタッチソフトにはフォトショップエレメンツとピカサを使って います。
( photo27 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  お昼ごはんを挟んで午後からは『フォトショップ講座』が実施されました。こ ちらの講座は人気で24人部屋に22人も入ったのでもう満杯の状態です。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) お陰様で満員御礼といったところでしょうか。 今月のテーマは『RAW現像のエッセンス』。フォトショップでRAWファイルを どのように取り扱ったらよいのか、そのワークフローを説明しました。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  レタッチはカメラだけでは難しい自分のイメージを再現するための有効な手段 です。ぜひ多くの方々にマスターしていただきたいと考えています。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  そしてこちらは横浜校テーマ別撮影クラスの様子です。 まずは前回ミニ撮影会の講評会です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  今月の『単焦点レンズだけで撮影しよう』というテーマを取り扱いました。
( photo31 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  現代のカメラはズームレンズが全盛です。単焦点レンズはズームのように画角 が変えられません。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  不便ではないのかとおもわれる単焦点レンズですが、実はメリットのほうが多 いのです。  さて、午前中の机上講習が終了し、KKRポートヒル横浜にて昼食をいただきま す。
( photo33 : SONY CyberShot DSC-TX10 )
( photo34 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  午後のミニ撮影会は港の見える丘公園の近くにある西洋館、山手111番館と イギリス館が会場です。
( photo35 : FUJIFILM X10 )  この西洋館の中で撮影実習を楽しみましょう。
( photo36 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  大きなボケ味を生かした表現は単焦点レンズならではのものでしょう。 そのためには、花だけをクローズアップしても面白くはありません。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + SIGMA 30mm F2.8 EX DN )  このように花の背景にドアなどをボカして入れることで西洋館の雰囲気が描写 できます。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + SIGMA 30mm F2.8 EX DN )  テーブルの上の小物をたんしょうてでクローズアップ撮影してみます。
( photo39 : FUJIFILM X10 )  少しハイキー調に仕上げて爽やかでエレガントな雰囲気を表現してみました。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + SIGMA 30mm F2.8 EX DN )  こちらはイギリス館の様子です。
( photo41 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  窓辺に飾られた花瓶ひとつが格好の被写体になりえます。
( photo42 : FUJIFILM X10 )  西洋館の中は三脚禁止です。そのため『首にかけたストラップをつっぱらせて』 カメラを安定させています。
( photo43 : FUJIFILM X10 )  鏡の前にあるバラに焦点を合わせてみましょう。
( photo44 : FUJIFILM X10 )  このように奥行き感のある写真となりました。 ちなみにこちらは単焦点の広角レンズ。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  こちらは単焦点の標準レンズです。背景の広がり具合に違いが見て取れますね。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mm/F1.7 )  明るさのコントロールも重要です。こちらは『標準の』露出。
( photo47 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mm/F1.7 )  こちらは露出を多くして肉眼で見たよりも明るく表現した『ハイキー調』の写 真です。
( photo48 : Panasonic LUMIX DMC-G2 + LUMIX G 20mm/F1.7 )  美しい光が差し込む午後の西洋館で、皆さんめいめいに撮影を楽しめたようで す。
( photo49 : Panasonic LUMIX DMC-G2 )  デジカメ教室は途中入校も可能です。横浜校、所沢校、足柄校、湘南校 橋本校などが開催されています。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は6月初旬に、伊那地方や中央アルプスの取材に出かけました。 今週のレポートはその第3弾です。  ご覧のように標高3000m近い中央アルプスはまだ雪がたっぷりと残ってい ます。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  『ホテル千畳敷』ではレストランから窓越しに、この中央アルプスの山々の展 望を間近に楽しむことができます。素晴らしいですね!
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  さあ、白銀の山々の世界へと足を踏み出しましょう。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  宝剣岳の山頂付近を流れてゆく気流は複雑な雲の形を作り出し、太陽も出たり 入ったりして、微妙な光の陰影を作り出しています。
( photo04 : Nikon D700 + AiAF Nikkor28-105mm F3.5-4.5D )  山頂まで登るわけではありません。しかしこうして山頂の直下まで足を踏み入 れると、まるで山々に吸い込まれてしまいそうな錯覚を覚えました。
( photo05 : Nikon D700 + AiAF Nikkor28-105mm F3.5-4.5D )  カール(太古の昔、氷河が削りとった跡と言われる圏谷)の散策を終えて振り 返ると、ぽっかりと雲の上に浮かんでいるようなホテル千畳敷の姿が見えました。
( photo06 : Nikon D700 + AiAF Nikkor28-105mm F3.5-4.5D )  ホテル千畳敷に入って撮影されたデータチェクとメールチェックなどを行ない ます。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  最近使用しているモバイル無線ルーターは『WM340』という機種。LTEという最 新の通信規格が利用できるそうです。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  もっともLTEが利用できる範囲はまだまだ少なくて、それ以外は3G回線での 接続になりますが、それでもこのような場所で問題なくネットにつながるのは助 かります。  以前はWiMAXという通信規格のルーターを使っていましたが、通信エリアの広 さが期待できるため、こちらのルーターに乗り換えました。  通信エリアの広さには大変満足しています。ただし『通信容量』をオーバーし てしまうと『速度制限』がかかり、鬼のように通信速度が遅くなってしまうのが 玉に瑕ですね。。。  通常の通信速度は、条件により異なるのですが平均すると5〜6MB/sほどです が、一月の通信量が3GBを超えると、月末まで150KB/sに、一日の通信量が2 50MBを超えると、以後3日間300KB/sに落ちてしまうのです。  150KB/sの速度は昔の電話回線なみの遅さで、さすがに苛立ってしまいますね。  そのような制限はありますが、通信エリアが広く、月額の利用料金がキャンペー ン価格で2100円/月という安さもあるので、使い方に注意しながら利用する ことにしました。(大容量のファイルの送受信を避けて、メールチェックなどを 中心に利用する)  さて、夕食の時間になりました。杏の食前酒が食欲を増進させてくれます。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  標高2600mにあるホテル千畳敷ですが、料理のお味はなかなかのもの。きっ と腕の良いシェフがいるのでしょう。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  翌朝4時25分、北東の空が朝焼けに染まり始めました。 この時期の夜明けは大変早いのです。
( photo11 : Nikon D700 + AiAF Nikkor28-105mm F3.5-4.5D )  残雪の山々に夜明けの光が当たり始めます。
( photo12 : Nikon D700 + AiAF Nikkor28-105mm F3.5-4.5D )  しかしほんのりと染まっただけで、中央アルプスの山々が真っ赤に染まるとこ ろまでには至りませんでした。カールの残雪が真っ赤に染まる光景を期待してい たのですが、自然相手ですので仕方ありません。
( photo13 : Nikon D700 + AiAF Nikkor28-105mm F3.5-4.5D )  撮影結果は欲求不満に終わりましたが、しかしホテルの食事は楽しみです。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  夕食に引き続き、朝食もとても豪華で美味しいもので、 中央アルプスの展望以上に満足の内容でした。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  下りのロープウェイに乗って、名残惜しいですが、中央アルプスともおさらば です。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  帰りがけに立ち寄ったのは『かんてんぱぱガーデン』というところです。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) 『かんてんぱぱ』とは『寒天』のトップメーカーである伊那工業食品という会社 のブランドで、『かんてんぱぱガーデン』は本社・工場の敷地内を一般向けに公 開している園庭の名前です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) ◆かんてんぱぱガーデンについて http://www.kantenpp.co.jp/garden/index.html
 このガーデン、とても綺麗に整備されていて、園内にたくさんの山野草が見ら れるのです。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  これは山百合の花。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  楓の木も見事です。
( photo21 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  新緑の緑が美しいですね。
( photo22 : Nikon D5100 + Tamron SPAF 90mm F/2.8 Di MACRO )  ご覧のように季節の山野草がガーデンのあちこちに見られます。
( photo23 : Nikon D5100 + Tamron SPAF 90mm F/2.8 Di MACRO )  これはケマンソウ(タイツリソウ)ですね。
( photo24 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  真っ赤に染まる中央アルプスの姿を撮影することはできませんでしたが、伊那 地方の撮影スポットをチェックすることができたことで今回の取材はおおむね満 足する成果が得られました。  また翌年には撮影会などを企画して再び訪れてみたいと思っています。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ SONY CyberShot DSC-TX10 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX10/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Panasonic LUMIX DMC-GF1 → http://panasonic.jp/dc/gf1/
Panasonic LUMIX DMC-G2 → http://panasonic.jp/dc/g2/
Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
FUJIFILM X10 → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0559.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-06-25.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/06-25/2013-06-25.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img10054 "Pocket of mighty tree." 『大樹のふところ』 Img10128 "Mt.Goryudake in lingering snow." 『残雪の五龍岳』 Img10227 "A forest waiting for spring." 『春を待つ木々たち』 Img10267 "A splendor in seashore." 『海岸の輝き』 Img10355 "A railroad for spring." 『春を呼ぶ鉄道』 Img10391 "A whisper of white wisteria." 『白藤のささやき』 Img10490 "A greeting of japanese primrose." 『クリンソウのごあいさつ』 Img10813 "A swale of Oze." 『尾瀬の湿原』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-06-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.