2013-07-23 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第546号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『ゆり園にたたずむ』(静岡県袋井市・可睡のゆり園にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度が開催中です ● --------------------------------------------------------------------------  鳥越のデジカメ教室2013年度が開催中です。 今週は『横浜校デジカメ実践クラス』の様子をお届けしましょう。  この教室は2回の撮影会と1回の講評会&机上講習を交互に実施しています。 7月は一日撮影会の会場として神奈川県藤沢市にある『新江ノ島水族館』が選定 されました。 http://www.enosui.com/
 この日、私は電車で参上したので、西武線、JR、小田急線などを乗り継いで 『片瀬江ノ島駅』へやって来ました。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )
( photo26 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  片瀬江ノ島の駅舎はとても鮮やかで、なんだか琉球(沖縄)の空を思い起こさ せてくれます。
( photo27 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  湘南らしい夏の海岸風景を探しながら、駅から水族館に向かうことにしましょ う。途中のショップに飾られていた色とりどりの貝殻の美しいこと!
( photo28 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  思わず足を止めて撮影してしまいます。
( photo29 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  海岸に出てみれば、ベンチに寝そべってスマホにいそしむ若者のけだるそうな 雰囲気が良いですね。
( photo30 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  江ノ島を背景に立ち並ぶ海の家の看板が原色の赤色に染まっていて、スナップ 写真としてインパクトがあります。
( photo31 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  天候が優れないので早く水族館に入りたいと思いましたが、案外、海辺のスナッ プが楽しくて、もっと時間をとればよかったと反省しました。  さて、駅から徒歩数分で新江ノ島水族館に到着します。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  この水族館も撮影会で何回も来ているので、いつもの撮り方はもう飽きて来ま した。今回は広角ズーム(使用レンズ:Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II)を 主に使って表現の違いを楽しんでみました。
( photo33 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  チューブ型の水槽での撮影です。広角レンズだとお魚だけではなく、それを見 て楽しむ観客たちの様子も映り込むからスナップ写真的な要素が強くなりますね。
( photo34 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  広角ズームとは言え、ズームの望遠側の焦点距離は24mm(フルサイズ換算 で35mm)なので、こちらを使えば素直な画角となり、違和感を感じることは ありません。
( photo35 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  水槽を見て楽しむ子どもさんの後ろ姿のシルエットをスナップしてみました。  クラゲの水槽にやって来ました。クラゲは綺麗でふわふわ泳ぐので見ていて癒 されるのでしょうか、人気のスポットになっています。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  クラゲさん、今日も一日泳ぎ続けて、疲れた人間さんたちを癒してあげて下さ い。(笑)
( photo37 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  こちらの水槽はちょっと変わった展示をしています。 丸い水槽の中にクラゲを泳がせて、その水槽の外側の壁面に水を流しているので す。
( photo38 : Nikon D5100 + SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM )  館内は冷房で涼しいのですが、この『水を触れる水槽』のおかげで、ますます 涼しさを体感することができますね。子供さんも大喜びです。
( photo39 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  さて、館内の水槽を楽しんだ後はスタジアムに移動してイルカのショーを楽し みましょう。
( photo41 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  イルカさんが飛んだりはねたり。しかし水の中のどこから飛び出してくるのか 分からないので、なかなか捉えるのは難しいようですね。
( photo42 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  それでも慣れてくるとタイミングよく撮れるようになり、それがゲーム感覚で 楽しいのだと思います。
( photo43 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )
( photo44 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  午前中のショーが終わった後は館内の軽食レストランで食事にしましょう。 湘南の名物といえば『しらす丼』です。上に乗った温泉卵が美味しそう!
( photo45 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  さて、午後はまた別のイルカショーが開催されるそうですので行ってみましょ う。
( photo46 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  午前中はスタジアムの上から撮影しましたが、今度はスタジアムの右奥の最下 段の観客席から撮影してみましょう。ポジションが異なれば、写る写真も違って きます。メインの被写体であるイルカそのものはもちろん同じですが、しかし背 景が異なってくるのです。  ポジションを変えたことにより、夏らしい青空と白い雲が背景に入って来まし た。
( photo47 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  そしてスタジアムの右端から撮影すると、観客席の左端に座っている人々が背 景に入ってきて、ショーを楽しんでいる様子が写真で伝えられるようになります。
( photo48 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  こういうショーの場合は、撮影を始める前に『どの場所から撮影したらどんな イメージが撮影できるか』ということを事前に想像し、予測しながら撮影場所を 決めるようにすると、よりよい写真が撮れるようになるでしょう。
( photo49 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  さて、ショーが終わったら再び館内に戻って水槽の撮影を続けましょう。 生徒さんには概ね 50mm F1.8 といった『明るい単焦点の標準レンズ』の使用を すすめていますが、私は今回、相変わらず『広角ズームレンズ』での撮影を続け ています。  標準レンズや望遠レンズだと『狙ったお魚だけ』の写真になってしまいがちで すが、広角レンズで撮影すると『水槽内全体の様子』が写るので、本当に海の中 にいるような写真が撮れますね。
( photo50 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  この時、広角らしさを出すためには『遠近感』の表現がポイントになります。 というのは広角レンズで普通に被写体(この場合はお魚)を撮影すると、 お魚がとても小さく写ってしまうのです。  そのため、レンズのすぐ手前まで来たお魚を撮影するようにしましょう。そう すれば、手前のお魚は大きく、奥のお魚は小さく、というように遠近感が生まれ、 それがリアリティの表現につながります。  こちらの写真も手前に観客、奥に水槽のお魚、という『距離の差』をうまく画 面に取り入れているので、広角レンズらしい迫力が出せるというわけです。
( photo51 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  こちらの写真もそうですね。なるべくレンズの近くまで寄ってきたお魚を撮る ように工夫して撮っています。
( photo52 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  お魚さんはモデルではありませんから頼むわけには行きません。レンズの手前 までお魚が来てくれるのをじっと待つしか無いわけで、けっこう忍耐と粘り強さ が要求されます。  そんな撮影をしていると疲れます。疲れた時には甘いモノが一番ですね。
( photo53 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  というわけで撮影会の仕上げには『湘南塩バニラソフト(350円)』をいた だきました。
( photo54 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  350円はちょっと高いかな(?)と思いましたが(笑) 思ったより美味だったので許しましょう。  デジカメ教室は途中入校も可能です。横浜校、所沢校、足柄校、湘南校 橋本校などが開催されています。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週は先週に引き続き、鳥越デジカメ教室・足柄校(デジカメ実践クラス)の 一日撮影会で訪問した『可睡のゆり園』、そして静岡県森町にある『香勝寺』の 様子をお届けしましょう。 ◆可睡のゆり園 http://www.yurien.jp/
http://goo.gl/maps/AKdlC
 園内にある簡易テントのレストランでお蕎麦とユリの天ぷらをいただきました。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ちなみにレストランからの眺望はこんな具合です。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さあ、お腹が落ち着いた所で午後の撮影を始めましょう。
( photo03 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  色とりどりのユリの中から自分の気に入ったものを見つけて撮影してゆきましょ う。
( photo04 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  このような場所では望遠ズームレンズによる切り取りが有効ですね。
( photo05 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  お花の写真ばかり撮っていてはワンパターンになってしまいます。 どうやって工夫するか?  このように背景に人物をぼかして入れて、ゆり園を楽しんでいる様子が伝わる 写真にしてもいいですね。
( photo06 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  参加者の人は雨模様の天気にも負けずに撮影を楽しんでします。
( photo07 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  雨模様のためか訪れる人々は手にカラフルな傘をさしています。
( photo08 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  お花畑を背景にしてその傘を写しこみ、色彩のコントラストを楽しむのも良い ですね。
( photo09 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  さて、ゆり園の撮影を途中で切り上げて、別の場所に向かいましょう。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  やってきたのは静岡県森町にある、ききょう寺として名高い『香勝寺』です。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  桔梗(ききょう)が有名なのですが、参道に立ち並ぶ可愛らしいお地蔵様にも 心惹かれました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  容姿の可愛らしさはもちろんなのですが、添えてある一言がまた心憎い。(笑)
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さて、おめあての桔梗園にやって来ました。ちなみに拝観料は400円です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  桔梗も楽しみですが、この時期の旬の花であるアジサイもステキですね。 雨に濡れているため、葉も花もつややかに光って見えます。
( photo19 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  庭園の中にはたくさんの桔梗の花が咲いていました。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  桔梗の花は鮮やかではありませんが、風情がありますね。俳句や万葉集の中に 多く出てきそうな、純和風の花というイメージがあります。
( photo21 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  青紫の花はおなじみですが、印象的だったのは薄ピンク色をした桔梗の花です。 とってもステキだったのですよ。
( photo22 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  庭園の周囲に植えられたアジサイの花も綺麗でした。雨が降っていたため 花や葉が濡れてますます美しく見えました。
( photo23 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  やはり梅雨の時期に咲く花は雨に濡れていたほうが絵になりますね。  そう、雨だからといって不平不満を口にしてはいけないのです。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ) 嫌な状況や嫌な人がいたとしても『腹をたてるな』とお地蔵様も言っていますよ。(笑)  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-07-23.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/07-23/2013-07-23.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img10028 "A mirage of the forest." 『森林の幻影』 Img10065 "A tiny green shoots." 『小さな芽吹き』 Img10148 "A blink of eternity." 『永遠のまたたき』 Img10313 "A comet on northern sky." 『北天の彗星』 Img10327 "A whisper of spring color." 『春色のささやき』 Img10413 "A beautiful sunset." 『美しき落日』 Img10474 "Costar of birch and azalea" 『ツツジとシラカバの共演』 Img10653 "A look in tiny eyes." 『小さなまなざし』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-07-23 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.