2013-08-06 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第548号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『天国の緑』(乗鞍山麓・五色ヶ原にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度が開催中です ● --------------------------------------------------------------------------  7月の猛暑のさなか、『足柄校デジカメ実践クラス』の受講生たちは東京都江 戸川区にある『葛西臨海水族園』に一日撮影会に出かけました。今週はその様子 の続きをお届けいたしましょう。 http://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/
http://goo.gl/maps/Omwji
 葛西臨海水族園の呼び物と言えば、何と言っても『マグロの回遊』です。
( photo19 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  巨大な水槽の中をマグロが高速で泳いでいるのです。 そのうろこはまるで金属のような光沢を放ち、まるで海の中を泳ぎ続けるサイボー グのようですね。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  このような高速で泳ぐ魚はたとえ1/125秒のシャッター速度で撮ったとし ても『被写体ブレ』を起こしてしまいます。ここは『流し撮り』のテクニックを 使うとシャープに撮ることができます。  暗い水槽にはあやしい姿をしたカニの姿が見えます。 深海になればなるほど魚介類の姿はあやしくなりますね。
( photo21 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  こちらの水槽も大きく見応えがあります。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  海底をシミューレーションしたような泡が面白いです、この泡の中を魚たちが 行ったり来たりしています。
( photo23 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  この水槽の魚は表情がどれもふてぶてしいですね。(笑)
( photo24 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  こちらの回廊では畳一畳ほどの広さのこぶりの水槽に様々な海の生き物が飼育 されています。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  サンゴの隙間を往来するクマノミがとても可愛らしいですね。
( photo26 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  涼しくて魚たちのゆったりとした動きを見ているだけで癒される水族館は、人 気のデートスポットです。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  これらの水槽では太陽の自然光を上部から取り入れていますから、少しローア ングル気味に見上げて撮ると、背後にある泡が光って丸ボケとなり、さらに効果 的です。
( photo28 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  こちらの生き物はいったい何でしょうか?
( photo30 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  おなじみのイカさんを正面から見たところでした。
( photo31 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  既に紹介した新江ノ島水族館で見かけたクラゲさんもここにはいます。
( photo32 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  そうはいいつつ飼育規模はまったく小さく、ご覧のような小窓から覗く程度の ものです。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  熱帯魚を紹介している水槽ではふてぶてしい表情をした魚が多数見られます。
( photo34 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )
( photo35 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  熱帯のお魚はどれも色が鮮やかですね。竜宮城の物語が生まれたのも納得でき ます。
( photo36 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  こちらのお魚は常に不敵な笑みをたたえています。
( photo37 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  しかしその大きさは指の先ほどの大きさ。こんなに小さいのですよ。
( photo38 : SONY α77 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  暑い夏にさなかに訪れた葛西臨海水族園は都会の中のオアシスでした。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  デジカメ教室は途中入校も可能です。横浜校、所沢校、足柄校、湘南校 橋本校などが開催されています。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は6月下旬に岐阜県東部にある、北アルプスは乗鞍山麓にある『五色ヶ原』 の取材に出かけました。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 ) ◆五色ヶ原について http://www.hida.jp/goshiki/
 高山市で宿をとり、早朝出発して朝7時に乗鞍山麓観光センターに到着しまし た。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ここから送迎バスに乗りました。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  そして五色ヶ原の入山口を目指します。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  五色ヶ原の入山口には立派な案内センターがあります。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  この五色ヶ原へは勝手に立ち入ることは許されていません。入山するためには 所定の入山料を支払って必ずガイド同伴でエントリーする必要があるのです。 そして一日に入山できる人数を制限している日本でも珍しい登山形態です。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  世界遺産に登録された富士山もこのように有料化して、本当に登りたい人だけ に門戸を開くようにするとまた違った展開になるかもしれませんね。  さて、いよいよ五色ヶ原に入山しましょう。どんな風景に出会えるでしょうか。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ちなみに鳥越ひとりだけではツアーに申し込むことはできません。必ず二人以 上の人数で申し込まないといけないのです。一人で申し込むと、どこか別のトレッ キンググループに組み込まれてしまい、そうなるとパックツアー旅行のようで自 分の写真撮影に集中できないでしょう。  そのため、今回の取材では鳥越フォトクラブのメンバーの方2名に同行しても らうことになりました。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  天候は小雨です。あいにくの天候と多くの人は思うかもしれませんが、しかし 森は雨に濡れてしっとりと輝きます。オート露出で撮ると露出不足で暗くなりが ちなので、ここはマニュアル露出で撮影するようにしましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  おりからの雨はシラカバの幹をしっとりと濡らして、木々たちは活き活きとし ていました。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  乗鞍山麓西部に広がる手付かずの自然が五色ヶ原です。梅雨のこの時期はます ます水量が豊富になって森を潤している様子がよくわかります。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  この生い茂る緑の深さよ。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  最初の目的地はこの梓(あずさ)の大樹です。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  樹の根元から見上げるようにしてカメラをセットし広角レンズで撮影すると、 枝葉を広げる大樹の生命力を描写することができます。
( photo14 : Nikon D700 + Tamron SPAF 17-35mm F/2.8-4 Di LD )  木の大きさは傍らに立つ人間の大きさから推し量って下さい。
( photo15 : Nikon D700 + Tamron SPAF 17-35mm F/2.8-4 Di LD )  余談ですが、このような大樹が育つのはまれです。というのはたいていの森の 木々は成長すると切り倒されて産業用や生活用として人間に利用されてしまうか らです。  この大樹が切り倒されなかった理由は『形がいびつで林業関係者から利用価値 が無いとみなされた』からだそうです。  人間から利用価値なしと見放された異形の大樹がこうして『迫力の大樹』と看 板を下げて、エコツアーの役立っているのですから面白いものですね。  こうした異形の木々たちの姿を見ると『屋久島』でこのような多くの偉業の大 樹たちと出会ったことを思い出しました。  さて、トレッキング道を先へ進みましょう。木の橋は雨に濡れると大変滑りや すくなっていますから注意が必要です。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  エコツアーですから、ガイドさんは植物のことについて色々と教えてくれます。 もっとも私どもは写真撮影が種目的なのですから、あまり真面目には聞いていま せんでしたが。(笑)
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  それにしても霧に包まれる森は太陽の光を拡散させて美しい輝きを放っていま す。これは比較的若いトチノキだそうです。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  見つめているとまるで森の中に吸い込まれて同化してしまいそうです。  梅雨時期だからこそ美しい緑の森に恵まれた五色ヶ原の自然でした。 この取材はまだまだ続きます。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-08-06.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/08-06/2013-08-06.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img10033 "A years of thousand." 『千年の歳月』 Img10081 "A temptation of the leaves." 『葉の誘惑』 Img10154 "Massif of amber color." 『琥珀色の山塊』 Img10177 "A waterfall of moisture." 『潤いの滝』 Img10449 "A double cherry blooms faintly." 『八重桜はほのかに』 Img10565 "A nectar of water lily." 『スイレンの蜜』 Img10650 "Who visit this forest ?" 『来訪者は誰?』 Img10864 "Season of brocade." 『錦の季節』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-08-06 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.