2013-09-24 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第555号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『水のダンス』(相模原市・津久井湖水の苑地にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- ●1.鳥越デジカメ教室2013年度が開催中です ● --------------------------------------------------------------------------  今週は9月初旬に実施された橋本校デジカメ中級クラスの様子をご紹介しましょ う。机上講習の会場は相模原市橋本にある『サン・エールさがみはら』です。 http://sunyell-sagamihara.jp/
http://goo.gl/maps/IE6j4
 周辺市町村の合併により、人口が100万人を超えた相模原市は財力にゆとり があるらしく、施設はとても立派です。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  立派なものを立派そうに見せるのも撮影テクニックのうちですよ。(笑)  今回の机上講習のテーマは『露出のマスター(2)』です。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ) このような、白、グレー、黒のチャートを撮影してみましょう。
( photo22 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  皆さん、楽しそうにレクチャーを楽しんでいますね。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  黒、グレー、白の領域は3つの山となってヒストグラムに現れます。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  露出が正しければ、ヒストグラムの3つの山は均等に並ぶはずですが、露出が 少なければ(暗ければ)、ヒストグラムの山は左にかたよるというわけです。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  その他にもヒストグラムを読めるようになるためのノウハウを講座では紹介し ましたが、ここでは紙面の都合上お届けすることができません。詳しくはデジカ メ教室に参加して体験して下さい。  露出を正確に決定するためには『マニュアル露出モード』と『スポット測光モー ド』を組み合わせるのが有効なのですが、そのためのデジカメ操作も滞り無く素 早くできるようにしておきましょう。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さて、お昼ごはんは、同じサン・エールさがみはらの1Fにある中華料理店で いただきましょう。
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  『エビチリソース』が大変美味でした。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さて、ハイエースに乗車して、午後のミニ撮影会の会場に向かいましょう。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  やってきたのは橋本駅から車で10分ほどの場所にある『津久井湖水の苑地』 です。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  スタジアム風の石段の下に入ることができ、そこには一定時間ごとに水のシャ ワーが降り注ぐのです。この水の表情をシャッター速度を変えながら撮影してみ ましょう。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  この写真のシャッター速度は1/15秒です。
( photo31 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  この写真のシャッター速度は1/125秒です。
( photo32 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  この写真のシャッター速度は1/1000秒です。
( photo33 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  上記3枚は同じ露出ですが、シャッター速度が変わっているために水の表情に 違いが現れます。  そしてこちらは1/4000秒。とうとう水の流れは空中で止まってゼリー状 になったように見えます。
( photo34 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  肉眼では見ることのできないカメラならではの表現ですね。
( photo35 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  水の流れに光が差し込み、面白い影のパターンが足元の通路に投げかけられて います。
( photo36 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  そして水面の光の波紋も、何気ない一コマですが、美しい被写体です。
( photo37 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  こちらは1/2000秒のシャッター速度です。噴水の水がゼリー状となり、 水という物質の面白さを伝えてくれています。
( photo39 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  空中の水の膜を高速シャッターで撮影すると、様々に形が変化するので連続し て何枚か撮影しておきましょう。とても興味深いパターンが撮影できますよ。
( photo40 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )
( photo41 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )
( photo42 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  様々なテクニックが身につくごとに、撮影できる写真の表現の幅が広がってゆ きます。受講生の皆さんも撮影していてますます楽しくなることでしょう。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  デジカメ教室は途中入校も可能です。横浜校、所沢校、足柄校、湘南校 橋本校などが開催されています。 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週は7月中旬に訪れた軽井沢取材の第2回目をお届けしましょう。  宿で一泊し、翌朝、早朝の雲場池を再び訪れました。ようやく東の空が白くな りかける頃、辺りは静寂に包まれています。
( photo01 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  美しい群青色ではありますが、しかし風景のパターンは単調です。池を背景に して、手近にあった草のシルエットをあしらってみました。
( photo02 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  光は少ない状況ですが、それでも長時間露光を行なえば風景は写ります。ほの 暗い中、大樹の存在と池に映り込む木々たちの姿が浮かび上がります。
( photo03 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  徐々に池には光が溢れてきました。それと同時に風も生まれて水面にさざなみ を作り出します。カエデの葉は今は緑ですが、10月下旬には真紅の色合いに染 まるのでしょう。今から楽しみです。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さて、宿に戻る前に、もうひとつの名所『白糸の滝』を訪れましょう。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  白糸の滝へは遊歩道が続いていますが、その手前の渓流もなかなかの美しさで す。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ちなみに撮影状況はこんな感じです。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  観光名所として有名な『白糸の滝』にやって来ました。駐車場から徒歩5分く らいです。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  足元を流れる水が青緑色に染まってとても綺麗でした。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  岩の隙間から清涼感あふれる水が滴り落ちています。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  暑い夏にはぜひ訪れてみたい場所の一つですね。
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )
( photo12 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  宿で朝食をとった後は、周辺を散策しましょう。本日は快晴。軽井沢らしい風 景の一角を担っている『浅間山』がよく見えます。
( photo13 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  足元には高原野菜である『キャベツ畑』が広がっています。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  足元のキャベツの表情が良く見える様に、縦位置にして撮影しておくのもいい ですね。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  各地の名所を効率よく回って撮影をしましょう。こちらは『石の教会』です。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  内村鑑三の『無教会思想』によって設計されたこの建築物は『オーガニック建 築』と呼ばれ、そこにある自然を排除するのではなく、空気や水の流れや草木と 一体化するものとして創りだされているといいます。
( photo17 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  教会へと導かれる石畳の道もとても素敵ですね。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この教会で挙式をするカップルはどんな気持で今後を生きてゆくのでしょうか。 興味があります。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  次回も軽井沢の風土と観光地を紹介してゆきたいと思います。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-GF1 → http://panasonic.jp/dc/gf1/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-09-24.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/09-24/2013-09-24.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img10310 "A forest winter comes." 『冬来る森』 Img10435 "When the day of journey?" 『旅立ちの日はいつ?』 Img10463 "A clear stream looming." 『迫り来る清流』 Img10516 "An invitation to the forest." 『森へのいざない』 Img10535 "A faint forest." 『ほのかな森』 Img10810 "In the corner of water pond." 『池塘のかたすみ』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-09-24 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.