2013-12-17 Back to HomePage
 
こんにちは、自然風景写真館の鳥越です。
毎週火曜日更新の自然風景写真館ブログ、第567号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『壮麗・桜滝』(大分県・日田市にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週のニュースはありません、次回にご期待ください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  このところ大分県取材の様子をお伝えしていますが、今週はその第3弾をお届 けしましょう。  日田市のビジネスホテルで夜を明かし、朝の撮影を開始します。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  走り始めてみると、すぐ霧に包まれてしまいました。分厚い霧です。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  いったん町の高台に登ってみましょうなるほど、日田市の半分が朝霧に包まれ ている様子がよくわかります。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  その霧の生まれている場所を目指して走ってみましょう。すると、川の橋の上 から素晴らしい朝日が昇って来ました。朝霧越しに見る朝日は最高ですね。
( photo04 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  欲を言えば、川向かいにあるビルが気になります。  次のシャッターチャンスを求めて川にそって移動してゆきます。冷やされた川 の水が太陽の光を受けて盛んに蒸気を発生させているのが見て取れます。
( photo05 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  朝もやが太陽の光を受けてどんどんと蒸発してゆきます。その様子が朝の躍動 感を感じさせてくれます。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  朝霧が発生する秘密はここにあります。日田市には周囲の山々から豊富な水が 流れ込んでいます。それが所々でせき止められています。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  せき止められた水は夜冷やされて、そこに朝日が当たると暖められて一斉に蒸 気となって舞い上がり始めます。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  これが朝霧を生み出すメカニズムなのですね。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  川のほとりに一艘の小舟が打ち捨てられていました。その昔、これら河川の上 を小舟で行き来していたのでしょう。往時が偲ばれます。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  川沿いには立派な屋形船が立ち並び、夏の夜の夢を思い起こさせてくれます。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  美しい朝の河川の風景を楽しむことができました。  さて、いったんホテルに戻って朝食をとった後、日田市の周囲を探索してゆき ます。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  山間部にひっそりとたたずむ『曽田ノ池』です。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  池の周囲には桜の木も植えられていて、春にはさぞかし美しくなるでしょうね。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  静かな堰止湖です。そこに秋風がそよいでさざなみを作り出しています。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  池の周囲にはススキが生い茂り、秋の風情を醸し出していました。
( photo16 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  池の周囲に生い茂った茅の原がとても美しかったので、多重露光でソフトに撮 影させてもらいました。
( photo17 : Nikon D700 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO )  周囲から流れ込む汚水もなく、公害とは無縁であろうこの土地で育つ植物たち は、とても生き生きしていると感じました。
( photo18 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  さて、その日の午後、撮影場所を移動してゆきます。玖珠町(くすまち)にあ る耶馬溪(やばけい)に向かいます。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  耶馬溪ではご覧のように奇岩、巨岩が林立している景勝地です。 ピークはこれからといったところですが、紅葉がほんのりと始まっていました。
( photo21 : Nikon D700 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO )  紅葉の最盛期となる11月には大渋滞を起こすそうです。  さて、次は日田市にある滝巡りです。火山地形の多い九州では、異なる硬さの 地層が多く、そのような場所では立派な滝が形成されやすいのです。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  まず訪れたのは『慈恩の滝』です。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  正面から見た様子です。水量が豊富で迫力がある滝です。しかしこの滝は正面 から見ると末すぼまりに見えてそこが残念ですね。
( photo24 : Nikon D700 + SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO )  そこで左右から見てみることにしましょう。すぐ脇に巨木があり、それと同時 に撮影すると原始の雰囲気が表現できて良いようですね。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  この滝は滝壺の裏手まで遊歩道があり『裏見の滝』でもあります。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  滝を裏側から見た様子です。とっても迫力がありますね。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  やはりこの滝は横方向から見るのがベストのようです。 遊歩道は運動靴でも十分歩けますから、近くに行ったらぜひ裏側を歩きたいです ね。
( photo29 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  さて、もうひとつの滝は『桜滝』です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  美しい名前の滝です。遊歩道も綺麗で立派ですね。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  幅広な水の帯が岩盤を一気に流れる姿が見事です。これはまさに『壮麗な』と いう表現がぴったりの滝と言えるでしょう。
( photo32 : Nikon D5100 + SIGMA 20-40mm F2.8 EX DG )  『桜』という淡いイメージを超えて、壮麗さと荘厳さを感じさせてくれる素晴 らしい滝でした。
( photo33 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  九州北部の取材はまだまだ続きます。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D700 → http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2013/2013-12-17.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2013/12-17/2013-12-17.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11393 "A white giant." 『白き巨人』 Img11395 "Mt.Dainichidake in early winter." 『初冬の大日岳』 Img11405 "Mt.Dainichidake with sunset glow." 『夕照の大日岳』 Img11418 "Mountain fog after sunset light." 『残照と山霧』 Img11422 "Mt.Tateyama with moon." 『立山と月』 Img11438 "A winter mountain loftiness." 『孤高の冬山』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2013-12-17 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.