2014-01-07 Back to HomePage
 
あけましておめでとうございます。自然風景写真館の鳥越です。
本年最初の自然風景写真館ブログ、第570号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『晴朗なる紅葉』(愛知県犬山市にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ●1.『今日の一枚』の画像が大きくなりました&画像サイン変更のお知らせ --------------------------------------------------------------------------  『今日の一枚』のコーナーでは、鳥越のこれまでのストック写真から、作者の お気に入りの作品をピックアップして日替わりでお届けしています。  これまで『もう少し写真が大きくならないか』というリクエストを頂いていま したが、ウェブでは画像のコピーが簡単にできてしまいますので、無断転用を防 ぐ目的でも、あまり解像度の大きい画像は掲載してきませんでした。  しかし今回『画像サイン→ (C) Akio Torikoshi』を左下から右上に移転して、 少し大きくしたものを貼付けすることで転用を防ぐことができると判断したため、 『今日の一枚』の画像をそれまでの長辺540ピクセルから900ピクセルへと一気に 大きくしました。  どうぞご覧になって下さい。 http://tory.com/j/others/go_last_dailyphoto.html
 やはり大きい写真は迫力がありますね。  余談ですが、サインがカッコイイと下手な写真でもそれなりに上手く見えるか ら不思議ですね。(笑)  『次の一枚』『前の一枚』のボタンを押すと、日替わり写真を順繰りで閲覧す ることができるため、けっこう楽しめると思います。  毎日更新はかなり大変だと思いますが。(笑) これからも頑張りますので応援よろしくお願い致します。  ちなみに、『ギャラリー』のコーナーの長辺540pxの画像のサインも一気に書 き換えました。 http://tory.com/j/gallery/white/index.html
 このサイン貼り付けは、作品が何千枚もあるので、もちろん手作業で行ってい ると大変ですから、『ライトルーム』というソフトを使って自動貼り付けしてい ます。  どうすれば貼り付けられるのか?  それは『鳥越デジカメ教室』の『ライトルームRAW現像クラス』で解説します ので、お時間あります方はぜひご参加ください。  写真教室の詳細は『写真教室』のページを開いてご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
2014年度の募集は一週間後あたりで行われる予定ですが、 詳細をお知りになりたい方はメールにてお問い合わせください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  年が明けたこともありますし、ちょうど今週から鳥越の取材レポート新シリー ズが始まります。  今回のテーマは、中京(名古屋)近辺の紅葉の取材です。  早朝出発し、中央道をひた走って名古屋を目指します。関東からは休憩ふくめ て5時間程でしょうか。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  途中、恵那山トンネルを超えるあたり、岐阜県に入ると、大陸からの寒気の影 響でみぞれが降っていました。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  そして愛知県に入る頃には太平洋側の気候となり、みぞれは止みました。
( photo03 : PENTAX Optio-A30 ) 日本列島の気候は本当に変化に富んでいますね。  さて、最初の目的地は愛知の紅葉名所として名高い『寂光院』というお寺です。 しかしシーズンの名所はどこも混んでいます。ここの駐車所もご覧の様子。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  仕方なく少し離れた公園の駐車場に停めて歩くことにしましたが、しかしそこ の紅葉もまた素晴らしいものでした。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ちなみにこちらはRAW現像前の画像。
( photo06 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  こちらがライトルームを使ってRAW現像した後の出力ファイルです。 手間暇はかかりますが、やっぱり現像処理を丁寧にした画像は美しく鮮やかです ね!
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  本当に素晴らしい紅葉です、まるで目に飛び込んでくるような紅色でした。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さて、15分ほど歩いて寂光院に到着です。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  由緒あるお寺は風情ある佇まいをあちこちに見かけることができます。 石段に投げかけられた秋の低い光がとても印象的です。
( photo10 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR ) ちりばめられたもみじの葉の一枚一枚も表情があるようで見ていて飽きません。  紅葉の名所だけあって、駐車場の紅葉もまた素晴らしいです。
( photo11 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  さて、石段を登って本堂を目指しましょう。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  途中の休憩所の様子です。まだまだ本堂は上です。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ご覧のように石段が延々と続きます。登山経験のある鳥越にはなんということ はないですが、一般の人にはキツいでしょう。そのため有料のミニエレベーター も脇にありました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  石段は大変ですが、そこかしこに見られる紅葉の彩りが疲れを癒してくれます。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  さあさあ、石段はまだまだ続きますよ。頑張りましょう。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  10分ほど登ったでしょうか。ようやく本堂につきました。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ただ紅葉の葉を撮るだけではなく、古刹の佇まいを添えて撮りたいですね。
( photo18 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  そのため、画面のどこかにお寺の様子を入れるのが構図を作るコツだと思いま す。  ちなみにこちらはRAW現像前の画像。このままでも十分綺麗だと思われますが。。
( photo19 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  RAW現像をしっかり行うと、ご覧のように青空の階調をよみがえらせることが できます。
( photo20 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  どのくらい階調が復活できるかどうかは、そのデジカメの階調を保存する性能 に依存しますが、最近のデジカメは画素数競争ばかりやっていて、このあたりの 階調を重視した機種が少ないのは残念です。  フジフイルムの FinePix S5Pro は画素数や解像感では現代のデジカメに及ば ないものの、この階調保存性能が素晴らしく、多少明るすぎても暗すぎても、見 事に被写体の階調(陰影)を蘇らせてくれます。 (だからこそ、鳥越は一昔前と思われる S5Pro をいまだに愛用しているのです)  山の上の本堂の広場には紅葉の木が多数植えられていて見事なものです。観光 客の皆さんは手に手にデジカメやスマホあるいは携帯を取り出して写真に収めて います。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  さて、私もその見事な紅葉の撮影に集中することにしましょう。枝ぶりの見事 な木は広角レンズでダイナミックに。
( photo22 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  灯籠など、古刹の風情を感じさせる被写体は、望遠レンズを使ってボカしを効 かせて柔らかく描写するのが良いかと思います。
( photo23 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  こちらには立派な鐘があり、その脇に、これまた見事な紅葉の木があります。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  葉の一枚一枚が美しかったので、まずは望遠レンズでクローズアップ撮影をし ます。
( photo25 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  微風とはいえ揺れるとブレたりピントを外す危険があるので慎重に撮影し て、撮影後のチェックも欠かさないようにしましょう。  次はピントを鐘に合わせて、紅葉の葉を前ボケに使ってみます。 渋く落ち着いた色合いの鐘に、鮮やかな紅葉が見事な彩りを添えてくれました。
( photo26 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  今度は広角レンズで撮影します。同じ被写体でもレンズを変えたり、焦点距離 を変えたりして、メリハリをつけると撮影が楽しくなるでしょう。
( photo27 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  最後は紅葉の根本にしゃがんで、見上げるようなローアングルで撮影します。 同時に左右の撮影位置を微妙に調整して、幹のたもとに太陽の光がキラリとワン ポイントで入るように作画をしました。
( photo28 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この構図の微妙な調整が大事なんですよね。  鮮やかな紅葉も良いですが、本堂の裏手でひっそりと置かれている石碑の落ち 着いた佇まいにも惹かれます。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  この石碑はいつの時代から人々の往来を見つめ続けてきたのでしょうか。
( photo30 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  そしてそのたもとで、やはりひっそりと座って、微笑みを絶やさないお地蔵様 の瞳もまた、人間たちの時代の変化を見つめ続けてきたのかも知れません。
( photo31 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  パソコン、デジカメ、インターネット、スマートフォン、クラウド、等々・・  私もそれらの恩恵を受けている人間ではありますが、なぜか。 いや、しかしだからこそこうした古風なものの柔らかさに心惹かれてしまうのか も知れません。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-01-07.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/01-07/2014-01-07.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11536 "Tanzawa-Lake under the blue sky." 『青空と丹沢湖』 Img11539 "Autumn leaves in Tanzawa." 『丹沢の紅葉』 Img11551 "A dusk is approaching." 『夕闇迫る』 Img11571 "Overlooking Mt.Fuji." 『富士を見つめて』 Img11592 "Whisper of heavenly bamboo." 『南天のささやき』 Img11599 "A patchwork of fallen leaves." 『落ち葉のパッチワーク』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-01-07 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.