2014-02-25 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第577号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『流麗なる流れ』(静岡県森町・小国神社にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ●1.鳥越デジカメ教室・写真展2014が開催されます --------------------------------------------------------------------------
2014年2月26日(水)〜3月3日(月)横浜みなとみらいギャラリーにて 鳥越デジカメ教室の受講生によるグループ展が開催されます。 受講生62点、講師の鳥越も18点の作品を展示いたします。 珠玉の作品の数々をどうぞお楽しみください。 準備は着々と進みつつあります。 (このブログが配信される日には前日の搬入を行っております) まずは出展予定の作品の『ミニ画像』をちょっとだけ公開してしまいます。
 残念ながら低解像度の写真だけです。(笑) もっと大きく見たい方は、ぜひ会場に足をお運びください。 ↓更に詳しい情報は「写真展のページ」をご覧下さい。 http://tory.com/j/club/exhibition/2014/index.html
★既に終了した作品展のスライドショーやフォトアルバムあり、楽しめます。 ●2.鳥越デジカメ教室2月の様子をお届けします ◆ --------------------------------------------------------------------------  鳥越デジカメ教室は撮影からレタッチ(画像処理)まで、幅広いコースが各地 で開催されております。2014年度の新規募集は始まっていますが、2013 年度も終盤にさしかかってきました。その様子をご紹介しましょう。  こちらは2月18日に開催された『横浜校・テーマ別撮影クラス』の様子です。 会場は『かながわ県民活動サポートセンター』です。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  まず午前中は机上講習の時間です。今月のテーマは『クローズアップで撮影し よう』です。
( photo19 : Canon EOS-Kiss-Digital-N )  机上では空き缶を相手にして簡単にクローズアップのための実習を行います。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  最近の高倍率ズームレンズはだいぶ最短撮影距離が短くなってきましたので、 このくらいの拡大率で撮影できます。1/3倍くらいでしょうか。
( photo21 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  専用のマクロレンズを使用するともっと拡大することができます。 いわゆる『等倍』(1倍)と呼ばれる拡大率です。
( photo22 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  等倍とは何かと言いますと。『イメージセンサーと同じ大きさの被写体を画面 いっぱいに撮影することができる』能力のことです。
( photo23 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  一般的にフルサイズ対応のマクロレンズをフルサイズ機に装着して撮影すると、 10円玉を画面いっぱいに撮影することができます。  これはフルサイズ対応のマクロレンズをAPS-Cデジカメに装着していますから、 さらに倍率が上がっていますね。10円玉の内側を切り取ることができています。  さて、難しい講義はほどほどにして、昼食にはおいしいパスタを頂いて、リラッ クスしましょう。
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  午後の実習となるミニ撮影会は、野毛山動物園にやって来ました。 まだ大雪の影響が残っていますね。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 ) ◆横浜市立野毛山動物園 → http://www2.nogeyama-zoo.org/
 それでも無事に動物園は開いていました。さあ、皆さん撮影の準備にとりかか ります。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  野毛山動物園にライオンはいませんが、まずは入口にいましたライオンの彫像 (?)に向かってクローズアップ撮影を試みます。
( photo27 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  まずは普通の望遠撮影で。
( photo28 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  次にもっと横顔をクローズアップして迫力をアップさせます。
( photo29 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  高倍率ズームレンズでの最大拡大はこのくらいです。
( photo30 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  マクロレンズに取り替えて撮影すると、瞳をいっぱいに写しこむことができま した。まあ拡大すればいいってものでもないですが(笑)。
( photo31 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  野毛山動物園は無料にもかかわらず様々な動物がいて楽しめます。 こちらはレッサーパンダ君です。
( photo32 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  皆さん熱心に撮影していますね。望遠レンズでの撮影は、なんだか射撃に似て いてほどよい緊張感が楽しめます。
( photo33 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  レッサーパンダ君の顔のクローズアップをしてみました。可愛らしくも凛々し い顔立ちです。
( photo34 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  クローズアップの対象は動物ばかりではありません。時には人工物の中から面 白いパターンを見つけ出してアップにして写す、ユーモラスな楽しみもあります。
( photo35 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  まるで『秘密戦隊』のお面のような窓枠に惹かれました。(笑)
( photo36 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  その一方で真面目なマクロ撮影もしてみました。美しい椿の花です。
( photo37 : SONY α55 + ミノルタAFマクロ50mmF2.8(D) )  でもやっぱりユーモラスな被写体にも惹かれてしまいます。
( photo38 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  どちらかと自然のものは美しく、人工物はユーモラスに撮影する傾向があるよ うです。  クローズアップは望遠レンズばかりではありません。時には広角レンズを使っ てクローズアップをすると、周りの環境も同時に写り込んで迫力が出せます。
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  望遠レンズでクローズアップするときは、光の陰影(ライティング)も意識し ながら撮影するとよいでしょうね。より彫りが深くなり、インパクトが増します。
( photo40 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  雪の中に落ちた葉っぱ一枚でも、作品づくりは可能です。 足元にも目を向けるようにしましょう。
( photo41 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  虎さんのいるオリにやって来ました。面白い帽子をかぶっている人がいますね。
( photo42 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  トラはさすがに迫力があります。その迫力が表現できるような望遠レンズの使 いこなしが大切ですね。
( photo43 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )
( photo44 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  最後はライオンさんが温かく(?)見送ってくれました。
( photo45 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM ) 鳥越デジカメ教室は新年度の募集が始まっております。 ●横浜校・デジカメ初級クラス ●横浜校・レタッチ初級クラス ●横浜校・ライトルームRAW現像クラス ●所沢校・デジカメ初級クラス ●所沢校・レタッチ初級クラス ●所沢校・フォトショップクラス 詳しくは『写真教室』のページを開いて資料をダウンロードの上、 各校の登録フォームからお申し込みお願いします。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  この所、昨年11月下旬に訪問した中京地方の紅葉取材の様子をお届けしてい ますが、今週はその第8回目です。  早朝、名古屋市外での紅葉撮影をすませた鳥越は東名高速道路〜新東名高速道 路を東に向かいます。
( photo01 : PENTAX Optio-A30 )  ローカル線が走る、のどかな田舎にやってきました。静岡県森町です。
( photo02 : PENTAX Optio-A30 )  ここに小国神社があり、ここが東海きっての紅葉の名所なのです。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  小川沿いに広がる紅葉の森が素晴らしいですね。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  赤い太鼓橋が見えます。あのようなものがあると良い風景の点景(ワンポイン ト)になりますね。
( photo05 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  名所だけあって観光客がひっきりなしに往来しています。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )
( photo07 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  人が切れた瞬間を狙ってシャッターを切ってみます。
( photo08 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  しかしまったく人がいないというのも寂しいですね。  そこで巫女さん見習い(?)のような女性が通り過ぎるのを待って撮影しまし た。
( photo09 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  この赤い太鼓橋の少し上流に小さな橋があります。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  ここからの眺めがまた素晴らしいのです。
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  水面に映り込む紅葉も素晴らしいですね。 こちらはスローシャッターで撮影。(2秒)
( photo12 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  こちらは高速シャッターで撮影しています。(1/20秒) 水の表情が違うのがわかります。
( photo13 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  こちらは先ほど紹介した橋の上からの撮影です。
( photo14 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  これはこれで悪くないのですが、橋の下に降りて、長靴をはいて、水の中に入っ て撮影してみましょう。水面の面積が増えたことがわかります。写真のみずみず しさもアップしますね。
( photo15 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さらにもっとカメラを下げて、ローアングルで撮影してみました。 水面の面積がもっと増えてさらにみずみずしさのアップした写真になりました。
( photo16 : FUJIFILM FinePix-S5Pro + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  素晴らし小国神社の紅葉。これだけカメラマンが集まるのも頷けます。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  中京紅葉取材は今週で終了です。 長らくご覧いただきありがとうございました。  次回からは新しい撮影地を紹介したいと思います。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Canon EOS-Kiss-Digital-N → http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/02/18/1002.html
Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
FUJIFILM FinePix-S5Pro → http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/article/ffnr0073.html
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-02-25.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/02-25/2014-02-25.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img11776 "The face of Ohshima island." 『大島の相貌』 Img11779 "A true face of Mt.Miharayama." 『三原山の素顔』 Img11780 "The open sea." 『大海原』 Img11783 "In the midwinter." 『冬のさなかに』 Img11789 "A winter has come in Kamikochi." 『上高地に冬が来た』 Img11793 "A beautiful guards." 『美しき衛兵たち』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-02-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.