2014-05-13 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第588号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『清涼なる竹林』(京都嵐山にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ●1.『モニタとプリンタのカラーマッチング講座』を開催します! --------------------------------------------------------------------------  今週は、鳥越デジカメ教室&レタッチ教室において毎年恒例で行っている下記 の単発講習のお知らせをお届けします。  『モニタとプリンタの見え方を一致させる』というテーマは、 デジタルフォトの基本中の基本とも言えるものです。 しかしその実践ノウハウはほとんど普及していません。 今回の講習でそのノウハウをお伝えいたします。 初心者からベテランの方まで、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。 ■概要  デジタルフォトの初心者を卒業すると、素朴な疑問が湧いてきます。 『どうしてモニターとプリンターの色が合わないのだろう?』と。  ノートパソコンのモニタ、デスクトップのモニタ、あるいはデジカメの背面液 晶モニタに表示された画像、同じ画像データーのはずなのに、みんな表示がバラ バラだ
(世の中のモニターは基準が存在せず、調整しなければバラバラの表示)  同じシーンを撮影した画像のはずなのに、なぜこうして色がバラバラなのだろ う。それが一致していないと、レタッチをしていても、不安だし。 プリントアウトするたびに、結果を見て、元画像に補正を加えたりして大変だ・ ・・
(プリントアウトした結果がモニターと合わない・・・)  今回の講習は、その疑問にお答えして、  どうしたら解決できるのか、その理論と実践をお伝え致します。
(カラーマッチングツールを用いて調整した結果、モニターとプリンターの結果が一致した!) ■参考情報: ・過去の講習の様子を鳥越のブログでご覧になれます。 http://tory.com/j/others/mm_backnumber/2013-10-15.html
・過去のテキストの導入部をダウンロードしてご覧になれます。 (本編のテキストはそれぞれ50Pほどあります) ≪カラーマッチング・モニタ編≫(※一部抜粋) https://dl.dropboxusercontent.com/u/78915612/Text_2013a_MonitorMatchingDigest.pdf
≪カラーマッチング・プリンタ編≫(※一部抜粋) https://dl.dropboxusercontent.com/u/78915612/Text_2013b_PrinterMatchingDigest.pdf
■1日で行う講習です。 09:30〜12:00:モニターのカラーマッチング 12:00〜13:00:昼食 13:00〜15:30:プリンターのカラーマッチング ■講習費:7000円(税込み) ■開催日:参加希望者のリクエストを伺って、  もっとも希望者の多い日程を調整します。 ■会場候補地:(※ 参加者の希望を伺って、最終決定します) ≪西埼玉方面≫ ・所沢市民文化センターミューズ(最寄り駅:西武新宿線・航空公園駅) ・ラーク所沢(最寄り駅:西武新宿線・新所沢駅) ・狭山市市民交流センター(最寄り駅:西武新宿線・狭山市駅) ≪神奈川方面≫ ・かながわ県民サポートセンタ(最寄り駅:横浜駅) ・かながわ労働プラザ(最寄り駅:JR石川町駅) ・神奈川近代文学館(最寄り駅:みなとみらい線、元町・中華街駅) ・サン・エールさがみはら(最寄り駅:橋本駅) ■実施要綱 1.この講座の受講を希望される方は、メールにてお返事ください。 akio@tory.com ★申込〆切:5月28日(水)23:59 2.その後、参加希望者の方々がご参加可能な講座日を調整して 正式な実施日、開催場所を決定してアナウンスいたします。 (※)日程調整後の開催となりますので、実施は6月以降になる予定です。 何かご質問などありましたら akio@tory.com までご連絡ください。 -------------------------------------------------------------------------- ●2.鳥越デジカメ教室&レタッチ教室の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  鳥越デジカメ教室は5月を迎えて、ますます快調です。  こちらは所沢市民文化センターミューズにて行われた『パソコン操作マスター 講座』の様子です。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ) ◆地図→ http://goo.gl/1PAowR
 余談ですが、鳥越デジカメ教室&レタッチ教室の講習の様子はデジタルカメラ (Nikon D5100)で自動撮影されています。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  Nikonのデジカメには『インターバルタイマー撮影』という機能があります。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  これを使って『2分間に1回』自動的にシャッターを切るようにして講習の様子を記 録しているというわけです。
( photo17 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR )  レタッチ(画像処理)はデジタルフォトの楽しみと可能性を一気に広げてくれる ワクワクするようなトピックですが、その前に『パソコン操作に慣れなければいけ ない』というハードルもあります。
( photo18 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR )  今回の講習ではレタッチの下地となる『パソコン操作』(ウインドウズの操作) を一日講習で徹底的にマスターしようという内容でした。  パソコン上での画像ファイルの取扱はもちろん、こういう時代ですから、インター ネットを使ったファイルの送受信などの話題も扱いました。
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  鳥越デジカメ教室では、講習のテキストのデジタルデータ版が予習のために事前 に配信されますし、受講生の講評用画像をインターネット経由で事前に送っていた だいています。また、レタッチ教室ではサンプル画像などが事前にネット経由で配 信されます。  ネット時代のデジカメ教室&レタッチ教室ではインターネットの使いこなしも必 須項目なのです。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、こちらは神奈川近代文学館で実施された『横浜校デジカメ初級クラス』の 様子です。
( photo20 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR ) ◆地図→ http://goo.gl/j6nOHS
 5月からは先月に行われたミニ撮影会の『講評会』も行われます。 今年の受講生は初級とはいえお上手な方がたくさん入校されました。 講評会の画像を眺めるだけでも勉強になります。
( photo21 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR )  その後、机上レクチャーに入ります。今月のテーマは『ピントの合った写真を撮 ろう』でした。
( photo22 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR )  2本並んだペットボトルにピントを合わせようとするのですが、カメラの自動ピ ント合わせ機構(AF)は奥にある別の生徒さんのカメラにピントを合わせてしま いました。いわゆる『ピントの中抜け』という状態です。
 講習で解説した『フォーカスロック機能』を上手に使うと、2本はなれたペット ボトルにピントを合わせて撮影することができます。
 詳しい手順については紙面の都合でここでは解説できませんが、お知りになりた い方は教室にいらしてください。(笑)  昼食を挟んで、午後はすぐ近くにある『港の見える丘公園』でバラのミニ撮影会 を行いました。
( photo25 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  花のクローズアップだけではなく、背景に洋館の様子などを入れてみると、その 土地らしい雰囲気が写し込めますね。
( photo26 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  花そのものの撮影だけでなく、ちょっと離れた場所から望遠レンズで公園の風景 を撮影するのも雰囲気が出せます。
( photo27 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  バラだけでなくイギリス館の前にあるツツジの花もとてもキレイでした。
( photo28 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  こちらも、花だけでなく、周囲にある特徴的な建物などを画面に入れてゆくと、 『その土地ならではの雰囲気』、カタイ言葉でいうと『環境』を写し込むことがで きます。
( photo29 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  絵画を楽しみながら静かな時間を過ごしている方も多くいらっしゃいました。
( photo30 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  私も将来はこうした静かな時間を持ちたいものです。(笑) 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  さて、こちらは海老名市文化会館で実施された『海老名校レタッチクラス』の様 子です。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ) ◆地図→ http://goo.gl/8EDN7T
 海老名校のレタッチクラスはもっとも充実していて、 『ライトルームRAW現像クラス』と『レタッチ実践クラス』と『レタッチ初級 クラス』の3つが一日のうちに開催されます。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  こちらはライトルームRAW現像クラスの様子。4〜5月のうちは、レタッチの 操作そのものよりも、ライトルームというソフトの環境設定は基本的な画面操作の 話が中心になります。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  早くレタッチを始めたい気持ちを抑えて、下地づくりをしっかり行いましょう。
( photo34 : Nikon D5100 + AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR )  お昼ごはんは館内にあるレストランでいただきます。650円でとっても美味し いランチが食べられるのですよ。とても満足です。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  午後の一時間は『レタッチ実践クラス』を行いました。受講生のもちよった画像 に対して講師がレタッチの具体的なアドバイスを行います。  こちらの画像は『黄色っぽくなった写真を藤らしい色合いで』再現してほしいと いうリクエストにお応えして、ライトルームでホワイトバランス(色温度)の調整 を行っているところです。
( photo36 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  その後『レタッチ初級クラス』が実施されました。やはりパソコンの基本操作が 話の中心になるのですが、それだけだと飽きてしまいますから、簡単なレタッチ操 作の実習なども行いました。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  こうして皆さん徐々にパソコンに慣れていって、いつか思い通りのレタッチ操作 ができるようになるといいですね!  鳥越のデジカメ教室は途中入校も可能です。  既に満席になってしまったクラスも多いのですが、所沢校デジカメ初級クラス などはまだお席に余裕がありますので現在でも募集中です。 ◆詳しい情報は『鳥越デジカメ教室&レタッチ教室』のページをご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  先週は京都嵐山の朝の様子などをお届けしましたが、 今週も引き続き京都嵐山の風景をお届けしましょう。  レンタカーは借りてはいるのですが、京都の込み入った路地を巡るにはやはり自 転車が有効です。幸いビジネスホテルで自転車を借りることができました。
( photo01 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  朝の京都嵐山を自転車で駆け抜けてゆきます。良い天気に恵まれ、新緑がまぶし く、ボタン桜のピンク色がとてもキレイですね。
( photo02 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  溜池の水に青空が映り込んで清々しい風景です。
( photo03 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、京都嵐山といえば『竹林の風景』ですが、それは一体どこにあるのでしょ うか。事前にネットで調査しておいたところによると、それはトロッコ電車の嵐山 駅の近くにあるそうです。
( photo04 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  なるほど、遊歩道を歩いてゆくと竹林が出てきました。こういう場所はやはり徒 歩や自転車でめぐりたいものです。自動車でうるさいエンジン音を鳴らしながら走 る場所ではないですね。
( photo05 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  ここが目的の場所のようですね。さあ三脚を広げて撮影体制にはいりましょう。
( photo06 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  朝の清々しい竹林です。広角レンズで撮影してみました。
( photo07 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  RAWファイルで撮影して、撮影後に事務所のパソコンで適切にRAW現像を行 いました。一つ前のコンパクトデジカメで記録しただけの画像とは明らかに仕上が りに差があることがわかると思います。
( photo08 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  重なりあう竹林の様子が分かるように。広角レンズだけでなく望遠レンズでも撮 影してみましょう。
( photo09 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  竹林を見上げて、朝の冷たい空気を吸って、『うーん』と伸びをすると、とても よい気持ちです。この竹たちのようにのびのびとした気分になりますね。
( photo10 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  竹林の小道に投げかけられる光と影の模様もとても素敵でした。
( photo12 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  こうして竹林の撮影を終えて再びホテルに戻りました。早起きは三文の得と言い ますが、本当にそんな気分にひたれる京都嵐山の朝でした。
( photo13 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
SONY CyberShot DSC-TX10 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX10/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-05-13.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/05-13/2014-05-13.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12016 "A dance of rape flowers." 『ナノハナのダンス』 Img12021 "A rail road in warm spring day." 『温かい春の鉄道』 Img12024 "In station in spring afternoon." 『春の夕べの駅舎にて』 Img12027 "A sunset on Tokyo bay." 『東京湾の落日』 Img12029 "A sunset on an industrial area." 『工業地帯への落日』 Img12032 "A sunset sky on Tokyo bay." 『東京湾の夕空』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-05-13 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.