2014-08-12 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第601号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『初々しき龍頭の滝』(栃木県日光市にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 1.ブログ600号・発行記念プレゼントの応募は締め切りました --------------------------------------------------------------------------  おはようございます。鳥越です。 先週発表されました『パネル付きオリジナルプリントプレゼント』の応募は今週 のブログ発行時点で締め切りました。  どのような作品が応募されたのか? 応募作品の中から3点ほどピックアップしてお届けいたします。 ◆2013年『錦の流れ』
◆2014年『歳月』
◆2010年『暖かな夕暮れ』
 正統的な風景写真あり、多重露光を利用したソフトアート的な作品あり、ロー キー調の写真ありと、応募された方々の好みが反映されていて見ていて興味深い ですね。 抽選結果は来週のブログにて発表いたします。 応募された方はどうぞお楽しみに♪ -------------------------------------------------------------------------- 2.鳥越デジカメ教室の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  毎月、有意義で楽しい内容でご好評いただいている鳥越デジカメ教室。 今週は『橋本校テーマ別撮影クラス』の様子をお届けしましょう。  橋本校の今月のテーマは『モノクロ写真に挑戦しよう』です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  2週間前のブログでは所沢校のテーマ別撮影クラスの様子をお届けしましたが、 こちらも『モノクロ写真』でした。  午前中の机上レクチャーは『なぜ今モノクロ写真なのか?』『モノクロ写真を 撮るためのデジカメ設定とレタッチのポイント』『効果的なモノクロ写真を撮る ための注意点』などを解説しました。  モノクロ写真はカラー全盛のデジタル画像の時代にあって、撮るだけで新鮮な 喜びが味わえます。(笑)
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  午後のミニ撮影会は八王子市にある『長池公園』にやってきました。
( photo32 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  長池公園自体は自然がたっぷりの里山的な雰囲気の場所ですが、そのすぐ近く に、とある『結婚式場』があり、ここがモノクロ写真むきの被写体が豊富にあり ます。
( photo33 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo38 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  シックで落ち着いたデザインの建築物なので、最初からモノクロ的ですね。
( photo34 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  このようにカラー画像をモノクロに変換しても違和感がありません。
( photo35 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo36 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo37 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  ヨーロッパ的な雰囲気の被写体がそこかしこにあって、撮っていて楽しくなり ます。
( photo39 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  式場のエントランスに向かう石畳だけでも、モノクロ写真にするとちょっとし たアート的な作品になるから楽しいですね。
( photo40 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  ちなみに、ただモノクロに変換しただけではコントラストが少なく眠い印象の 写真になるので、ライトルームを使ったRAW現像では『コントラスト』や『明瞭 度』といったパラメーターをかなり上げています。
( photo41 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  窓越しに見る室内のランプもとても素敵です。
( photo42 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  たまたま通りかかった新婦さんの後ろ姿をスナップさせてもらいました。 この一瞬の切り取りがスナップ写真の醍醐味です。
( photo43 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  ウェディングドレスは滑らかなシルクで出来ているのでしょうか、とても美し い光沢です。  モノクロ写真を撮るようになると、身の回りのものが何でも被写体に見えてき て世界を見る目が違ってきますよ。  たとえば葉っぱ一枚でも被写体のなるのだと気付かされます。
( photo44 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo45 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  そうはいいつつ、闇雲に狙うのではなく被写体の『ライティング』や『コント ラスト』をしっかり見極めることが大切です。  結婚式場のエントランスの内側から外に向かって撮ってみました。扉のガラス にしつらえられた葉の紋様のシルエットが素敵です。
( photo46 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  ドアのノブは金属メッキでできていて、光沢感のある被写体はコントラストが 高くてモノクロ写真むきです。
( photo47 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  公園の石像にある穴から覗くと、アーチ橋の姿が見えました。ちょっと暗めの ローキー調で撮りましょう。そうしないと空の雲の階調が飛んでしまいます。
( photo48 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  アーチ橋の下ではアルバイトの清掃夫が床を磨いていましたが、その姿がなん だか舞台演劇みたいでユーモラスに感じたのでスナップしてみました。水面への アーチ橋の映り込みがシンメトリー構図になって面白いですね。
( photo49 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo50 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo51 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  状況写真はこんな感じです。
( photo52 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  水面に広がる波紋の微妙な階調もモノクロ写真的です。
( photo53 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  日常の中に広がる何気ない実物がなにもかも魅力的に見えてくるのがモノクロ 写真をする楽しさかもしれませんね。  モノクロ写真は撮ることも楽しいですし、RAW現像を行えば、微妙な階調や部 分的な焼き込みなどもできて更に楽しめます。  来週はそのプロセスなども簡単に紹介したいと考えております。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越デジカメ教室は途中入校も可能です。 デジカメクラスは所沢校デジカメ初級クラスを除いてどこも満席に近い状態なの ですが、レタッチクラス(ライトルームRAW現像クラス、フォトショップクラス など)はまだ入校可能です。  また、現在の鳥越デジカメ教室は開催場所が東京都西部、神奈川県、埼玉県西 部に限られているのですが、しかし★通信教育★という制度があります。  テキストのデジタルデータ版を即座に入手することができますから、これを利 用すると、日本全国どこからでも鳥越デジカメ教室&レタッチ教室の内容を受講 することが可能ですし、4月からの分をまとめて入手することができますから、 途中入校でも4月の最初から受講することができます。 ◆詳しい情報は『鳥越デジカメ教室&レタッチ教室』のページをご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  さて、鳥越は5月下旬に奥日光〜尾瀬方面に取材に出かけましたが、そのレポー ト第2週目です。  先週は群馬県沼田市の吹割の滝の様子をお届けしましたが、吹割渓谷の両岸に は遊歩道が整備されています。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  若干坂道を上りますが、その上からはこのように吹割の滝の様子を俯瞰するこ とができます。
( photo02 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo03 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、吹割渓谷の両岸を一周して駐車場へと戻ってきました。 愛おしい愛車の後ろ姿を見ると心がほっとします(笑)。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  そろそろおひるどきです。近くの食事処で腹ごしらえをすることにしましょう。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  蕎麦とうどんのどちらにしようかと迷いましたが、そのような時は相盛にする と悩みが解消します。(笑)
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  冷たくておいしそう。そばもうどんもつるつるしていて実際にとても美味しかっ たですよ。粉の良し悪しはもちろんですが、やはり水の美味しいところは蕎麦も うどんもおいしいのでしょう。  さて、国道120号線を東に走り、奥日光を目指します。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  金精峠のトンネルを抜けると、そこは栃木県日光市。奥日光へとやってきまし た。
( photo09 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  眼下に湯ノ湖が見えます。芽吹き始めたカラマツの新緑の黄緑色が目に優しい ですね。
( photo10 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  戦場ヶ原の脇を通って南東へと下ります。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  やってきたのは『龍頭の滝』の駐車場です。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  奥日光の名所の一つ、龍頭の滝へとやってきました。5月下旬から6月上旬に かけてミツバツツジが咲き誇る美しい場所です。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  とはいえ有名観光地。ご覧のようにかなり俗化されているようです。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  みやげもの屋の軒先をくぐると、龍頭の滝の下段がありました。 『裏庭にすぐ滝がある』といったような雰囲気の場所です。
( photo15 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  周りは想像以上に賑やかでしたが、しかし滝そのものはやはり美しく、新緑と ミツバツツジの紅色が素晴らしい色彩的なコントラストのハーモニーを奏でてい ました。
( photo16 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ミツバツツジはまだ満開になってはいなかったものの、滝の水流音とともに、 初々しい花たちがほころび始めている様子は、なんだか見ていて音楽が奏でられ ているようにも感じられました。
( photo17 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  次回も奥日光の滝を紹介したいと思います。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ x ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-GF1 → http://panasonic.jp/dc/gf1/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-08-12.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/08-12/2014-08-12.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12274 "A white arums in your dream." 『夢の中のミズバショウ』 Img12277 "A evening sky of Oze." 『尾瀬の夕空』 Img12279 "A call of the full moon." 『満月の呼び声』 Img12281 "A lodge in the Dusk." 『宵闇のロッジ』 Img12283 "A boardwalks in dawn." 『未明の木道』 Img12284 "A pond bank in a serene." 『静謐なる池塘』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-08-12 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.