2014-09-09 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第605号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『仲良しのミズバショウ』(尾瀬ヶ原にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 1.鳥越デジカメ教室の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  デジカメ撮影からレタッチ(画像処理)まで、初心者からベテランまで。 毎回様々なテーマで写真に取り組み、参加者の皆さんを飽きさせない、鳥越デジ カメ教室。  今週は相模原市橋本で開催されている『橋本校テーマ別撮影クラス』の様子を お届けしましょう。  会場は『サン・エールさがみはら』です。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ) ◆サン・エールさがみはらホームページ → http://sunyell-sagamihara.jp/
◆サン・エールさがみはら地図 → http://goo.gl/1Mtyuw
 まず午前中は机上講習です。今回のテーマは『クローズアップ撮影』。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  クローズアップ撮影というと真っ先に浮かぶのは小さな被写体を拡大する『マ クロ撮影』ですが。用語と定義としてはもっと広く、普通の望遠レンズで遠くの 被写体を大きく写すこともクローズアップ撮影と呼ばれます。  講座ではマクロ撮影とクローズアップ撮影を分けて解説し、それぞれに適した 機材・レンズ、撮影時の注意点などを解説しました。  さて、昼食は同じ館内にある中華料理店『さがみはら離宮』でいただきましょ う。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  今回のテーマはクローズアップ撮影なので、食前にさっそくクローズアップを(笑)。
( photo24 : SONY α55 + ミノルタ AF 50mm F1.4 (D) )  50mmの標準レンズだと中望遠の画角になり、お料理そのものを撮影するの に適しています。(※フルサイズ換算で75mm相当)
( photo25 : SONY α55 + ミノルタ AF 50mm F1.4 (D) )  一方、こちらは17mmの広角レンズ(※フルサイズ換算で34mm相当)。 広角レンズだと食卓の奥まで写るので、会食の雰囲気が分かるような写真になり ますね。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  表現に合わせてレンズの画角は適切に選ぶようにしましょう。  お支払いは皆さんの分をまとめて支払いします。集められた金銭をテーブルに 乗せて、クローズアップ撮影。(笑)
( photo27 : SONY α55 + ミノルタ AF 50mm F1.4 (D) )  さて、この講座が実施された8月は猛暑であったため、午後のミニ撮影会は 館内で実施しました。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  どのような撮影をするかというと、館内の建築物の中から、クローズアップ撮 影により、印象的なシーンを切り取るというスタイルです。  しかしこうして見ると、『この人達はいったい何を撮影しているのだろう、怪 しい一団だ』と思われても仕方ないですね。(笑)
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  では、具体的に館内をどのようにクローズアップ撮影して作品に仕上げてゆく のか、そのプロセスを見てみましょう。  こちらはガラス窓に張られたよしずに飾られたアサガオの造花です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  このように、手前の赤いアサガオをクローズアップしつつも少しズームの画角 を広げて、背景が写り込む写真にしてみました。
( photo31 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  画角の狭い一般的なマクロレンズだと、こうは写らずに花だけのクローズアッ プ写真になってしまいます。  クローズアップ撮影はマクロレンズだけと決めつけずに、表現に合わせて他の レンズも使いわけることが大切ですね。  受講生が館内を撮影している様子です。この写真は露出を多めに取って、ハイ キー調に仕上げています。ビルのカタログ・パンフレットの様に、明るく爽やか な仕上げです。
( photo32 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  一方こちらは、同じ館内の廊下に差し込んだ陽の光を捉えてローキー調に仕上 げています。
( photo33 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  同じ場所でも露出をコントロールすることで異なった雰囲気の写真に仕上がら れます。  ただ目の前の風景を切り取るだけではなく、このようなコントロールができる ようになると、写真はとても楽しいものになります。  さて、こちらは館内にあるエレベーターの入り口付近です。
( photo34 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  その脇にある金属質のパーツをクローズアップすることで、アート的な写真に 仕上げることができました。
( photo35 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  こちらは、廊下すれすれにカメラをセットして広角の画角でクローズアップ撮 影。ズームレンズを広角側にセットするのが広がり感のある写真を撮るコツです。
( photo36 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  生徒さんも色々と試行錯誤していますね。広角レンズは少しのアングルの変化 で画面の雰囲気がガラリと変わってくるので、微妙な撮影位置の調整が必要です。
( photo37 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  見慣れた自動販売機も、クローズアップ撮影をすると近未来としのような雰囲 気に。(笑)
( photo38 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  こちらは館内ホールの待合室にあるクッションベンチですが。
( photo39 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  もっとクローズアップ撮影をして、アート的なフォルムを強調した写真に仕上 げてみました。
( photo40 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  まだまだあります。その脇にある赤いパーティション・ロープですが。 それもクローズアップ撮影の題材にしちゃいましょう。
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  するとこんな感じの写真になります。
( photo42 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  クローズアップ撮影をすると、普段とは違った視点で物が見えてくるので、 写真がとっても楽しくなります。  特にガラスや金属のような光沢感のある被写体が効果的ですね。
( photo43 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )
( photo44 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  こちらは窓の外の公園の緑が映り込んできるところをクローズアップ撮影して みました。
( photo45 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  こちらの生徒さんは良い所に目をつけましたね。金属フレームに自販機のラン プが反射しているところをクローズアップ撮影しているようです。
( photo46 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  そこにもアート模様を見つけることができました。
( photo47 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  ついでに、その生徒さんのメガネのフレームをクローズアップ撮影してみまし た。すると背景にある自販機のランプが丸ボケになってとてもキレイです。
( photo48 : SONY α55 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM )  今回は猛暑を避けるため、外への出かけるミニ撮影会ではなく、やむなく館内 での撮影でしたが、しかしクローズアップ撮影の手法をマスターしていると、 視点を変えることで様々なものが見えてきます。そのため、見慣れた場所、行き 慣れた場所でも、まったく新しい写真を撮ることができるので、飽きることなく 撮影を楽しむことができます。  いやー、クローズアップ撮影って、ホントに楽しいですね。(笑)  ちなみに今回のミニ撮影会は生徒さんもなかなか良い視点の作品を送って来ら れました。  デジカメクラスの講評会で発表予定の受講生作品の一部をご覧ください。 ◆橋本校テーマ別撮影クラス8月【クローズアップ撮影】フォトアルバム→ http://1drv.ms/1tDc8re
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜  鳥越デジカメ教室は10月から後期日程が始まりますが、途中入校も可能です。  また、現在の鳥越デジカメ教室は開催場所が東京都西部、神奈川県、埼玉県西 部に限られているのですが、しかし★通信教育★という制度があります。  テキストのデジタルデータ版を即座に入手することができますから、これを利 用すると、日本全国どこからでも鳥越デジカメ教室&レタッチ教室の内容を受講 することが可能ですし、4月からの分をまとめて入手することができますから、 途中入校でも4月の最初から受講することができます。 ◆詳しい情報は『鳥越デジカメ教室&レタッチ教室』のページをご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  さて、鳥越は5月下旬に奥日光〜尾瀬方面に取材に出かけましたが、そのレポー ト第6週目です。  早朝の小田代原の撮影を済ませた鳥越は、再び金精峠を超えて栃木県から群馬 県へと移動します。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  群馬県片品村にある戸倉駐車場に到着しました。ここで尾瀬ヶ原に入る準備を します。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ミズバショウの時期の尾瀬はマイカー禁止です。ここから乗合バスに乗って、 鳩待峠へと移動します。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  鳩待峠へと到着しました。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  鳩待峠からは残雪をかぶった至仏山が見えます。素晴らしい晴天ですね。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  この時期の尾瀬は新緑の季節。萌黄色の木々が眩しいですね。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さあ、鳩待峠から下って、尾瀬ヶ原へと歩いてゆきましょう。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  45分ほどで山の鼻地区に到着しました。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ここから先に本格的な尾瀬ヶ原の風景が広がっています。尾瀬ヶ原はまだ残雪 から明けきったばかり、緑には包まれていないようですね。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  しかし振り返れば残雪をたっぷりかぶった至仏山があり、緑と白とのコントラ ストが素晴らしいです。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  そしてところどころに散在している池塘には風景は行き交うハイカーの姿が映 り込んで、尾瀬ヶ原らしい風景を演出してくれています。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ミズバショウの群生地に到着しました。天候は最高ですが、最近はミズバショ ウの数が減っていると聞いています。鹿による食害などが伝えられていますが、 ちょっと気になりますね。
( photo13 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA ) ( Microsoft-ICE にてパノラマ化 )  今回、尾瀬ヶ原に入ったのは動画撮影の仕事があったためですが、これからは 静止画(スチル撮影)だけでなく動画(ムービー撮影)の仕事も徐々に増えてゆ くのかも知れません。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  その傍らで優しく微笑んでいるように咲いている2輪のミズバショウを見かけ ました。とっても仲良しの姉妹のようですね。 http://tory.com/j/others/mm/2014/09-09/photo15.jp
( photo15 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  動画の撮影を済ませたら、尾瀬ヶ原のほぼ中央に位置する竜宮小屋で一休みで す。
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  汗ばむような陽気の下、コンビニのおにぎりランチでしたが、しかし充足した ひとときを過ごします。
( photo17 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さて、今回は目的の動画撮影が終了したため、慌ただしい日帰り撮影でしたが、 帰路につくことにしましょう。鳩待峠に向かう帰り道では、常に至仏山の姿を正 面に見ながらのトレッキングになりました。
( photo18 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  山の鼻に到着です。ここまでくれば鳩待峠は目と鼻の先。 小屋の前にある天然の清水がとても美味しかったです。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  群馬県・沼田市・吹割渓谷〜栃木県・奥日光〜群馬県・尾瀬ヶ原と続いた取材 レポートは今週で終了です。  ご愛読ありがとうございました。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Panasonic LUMIX DMC-GF1 → http://panasonic.jp/dc/gf1/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-09-09.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/09-09/2014-09-09.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12362 "A bushes in the light rain." 『小雨の中の茂み』 Img12371 "A hotbed of life." 『生命の温床』 Img12373 "An autumn leaves that have been received." 『受け止められた枯れ葉』 Img12376 "A forest of primitive." 『原始の森』 Img12383 "A moss covering the ground." 『大地を覆う苔』 Img12389 "A brand-new seedlings." 『新しい芽生え』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-09-09 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.