2014-11-11 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第614号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『紅一点』(山梨県富士吉田市・富士北麓公園にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 1.カスタムホワイトバランス講座≪神奈川≫が開催されました --------------------------------------------------------------------------  先月28日に入間市で実施された『カスタムホワイトバランス 講座』ですが、11月6日には神奈川県にある海老名市文化会館にて第2回目が 実施されました。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo27 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  ホワイトバランスの考え方そのものはフィルムカメラ時代からあったのですが、 それがカメラ本体のみで気軽に調整できるようになったのはデジタルカメラが普 及してからです。  物体の色調は、そこに当たっている光源の色調に左右されます。
( photo28 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  そこで、そのカラーの偏りを補正するために、基準となる『ホワイトバランス カード』を撮影します。撮影する時にはコツがあって、『ホワイトの面がグレー になるように』写す必要があります。
( photo29 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  理由は、ホワイトをホワイトに写してしまうと、カラーの偏りを検出しづらく なるからです。  あと、ピントを合わせる必要はありません、カラーだけが問題なのですから。 AFでピントを合わせようとすると、真っ白な面はコントラストがまったく無い ため、モーターがジコジコ回るだけでピントは決して合いません。そしてピント が合わないとシャッターが切れませんから、不都合が起きます。  こうして検出されたカラーの偏りに対して、反対色(補色)を数値的に加えて 打ち消し合い、完全なカラーバランスをとるのがカスタムホワイトバランスの目 的です。
( photo30 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  さあ、それではホワイトバランスカードを撮影する実習をしてみましょう。
( photo31 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  撮影されたホワイトバランスカードが適正かどうかをチェックします。慣れな いうちはヒストグラムの表示も併用して判断しましょう。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  キャノンの場合は撮影された画像を再生し、そのカスタムホワイトバランスの 値をカメラに覚えこませます。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  カメラにカスタムホワイトバランスの値を読み込ませた後は、ホワイトバラン スの撮影モードを『カスタム』もしくは『マニュアル』にセットしておきましょ う。
( photo34 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  こちらの受講生は無事にカメラに正しい補正値をセットすることができたでしょ うか。
( photo35 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  結果はご覧のとおり。黄色カブリしていた被写体が見事にすっきりとした白色 に変化したことがわかると思います。
( photo36 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  その他にも講座では『ホワイトバランスフィルター』をご紹介しました。
( photo37 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  その他にもこの講座では『ホワイトバランスフィルター』の使い方なども解説 を行いました。
( photo38 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  さて、午前中の講習が終了したら館内のレストランで楽しい会食です。
( photo40 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  料理がキレイに写るように、きちんとホワイトバランスをとりましょう。(笑)
( photo39 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  午後の机上講習では、さっそく昼に撮影された料理の写真のホワイトバランス を調整します。(笑)
( photo41 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  午後の講習のテーマは『RAW現像によるホワイトバランスの調整』です。
( photo42 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  みなさんパソコンを使ってRAW現像ソフトによるホワイトバランスの調整方法 をマスターしました。
( photo43 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  時間が少し余ったので実習を多くこなしましょう。 こちらの受講生はホワイトバランスフィルターを使ってカメラにカスタムホワイ トバランスの値をセットしていますね。
( photo44 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  そしてテーブルの上の小物を撮影してみましょう。
( photo45 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  こちらが補正前。
( photo46 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  そしてこちらが補正後です。 見事に色カブリを除去することができましたね。
( photo47 : Nikon D5100 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM )  ホワイトバランスをしっかりとることは美しい商品写真の基礎です。 みなさんも参考になさって下さい。 ★☆★☆★ カスタムホワイトバランス講座・追加開催決定 ★☆★☆★  西埼玉と海老名市にて開催されたカスタムホワイトバランスは非常に好評でし た。そのため、会場を横浜市に移して第3回目が実施されることになりました。 ご興味あります方は、下記のメールアドレスへご連絡ください。 ■会場:横浜市の適当な会場を予定 →神奈川県民活動サポートセンター →神奈川近代文学館 →かながわ労働プラザ など ■日時:参加希望者を募り、皆さんの都合の良い日を決定します(2014/12月以降) (※)講座の詳細をご希望の方は電子メール(akio@tory.com)まで お問い合わせください。 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  横浜校デジカメ実践クラスは10月30日に一日撮影会で富士山麓を訪問しま した。  富士山五合目、御庭自然園で撮影を済ませた後は昼食の時間です。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  『シルバンズ』という名前の洒落たレストランです。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 ) ◆シルバンズについて → http://www.sylvans.jp/
 なんでもビールが美味しいそうですよ。鳥越は運転をするので飲むことはでき ませんけどね。(笑)
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  窓から差し込む中庭の光がとても素敵です。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  昼食の時間も作品のチェックに余年が無い生徒さんでした。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ここのレストラン、なかなかボリュームがあるのですよ。
( photo06 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ランチメニューは1200円から。  ドリンクは付きませんが、食後には美味しいデザートがつきます。
( photo07 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  さて、レストランの外に出てみれば、はとバスが停まっていました。 青空と黄色のボディカラーが色彩的なコントラストが高く、まっさきに目に飛び 込んできました。
( photo08 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  はとバスほど大きくはないですが、さあ、私達も出発しましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  やってきたのはシルバンズのすぐ近くにある『富士北麓公園』です。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  ご覧のように、ここの紅葉、とても素晴らしいんですよ。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  天気が良い時の紅葉の写真はライティングに最も気を使います。光がまだらに 当たっているものは避けて、このようにすべての葉が日陰にあるものを狙うのが 良いでしょう。
( photo12 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  その赤いもみじを背景にして、黄色い秋葉をモチーフに撮影してみました。
( photo13 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  公園内には大小様々なモニュメントが現れて私達を飽きさせることがありませ ん。
( photo14 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  木陰でゆれている楓の葉はとても素敵ですね。  ポストカードに入れて誰かに出したくなります。
( photo15 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  さて、下記の2枚の写真はほとんど同じように見えますが、何が違うのでしょ うか?
( photo17 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo19 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  それは、下記のように『被写体ブレ』を起こしているかどうかで判断します。
( photo16 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo18 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  理由は風により葉が揺れて『被写体ブレ』を起こしているのです。 目安として1/125秒のシャッター速度があれば止められると言われていますが それはあくまで目安です。  急に強い風が吹けば強く素早く葉は揺れますし、撮影後の画像を拡大して チェックする作業は欠かせません。 (逆にいえば、それを怠っている生徒さんがとても多いのです。  読者の皆さんも注意して下さい。)  さて、紅葉の撮影はまだまだ続きます。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  黄色に葉が見事な中に、ほんのりと切っ先だけを赤く染めあがている カエデの花の姿には感動します。
( photo21 : SONY α77 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  最後の写真は標準ズームの絞りをF16まで絞って撮影してみました。 太陽の位置は慎重に決めて撮影する必要があります。  慌てる必要はまったくありませんのでどうぞよ
( photo22 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo24 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 )  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
Panasonic LUMIX DMC-GF1 → http://panasonic.jp/dc/gf1/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-11-11.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/11-11/2014-11-11.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12572 "A Looming Banyan." 『立ちはだかるガジュマル』 Img12581 "An eye of flowers." 『花の瞳』 Img12583 "A quirky plants." 『個性豊かな植物たち』 Img12587 "Water lilies on garden pond." 『スイレンの庭池』 Img12589 "A satellite reb." 『アカの衛星たち』 Img12591 "non-title." 『エビソウの囁き』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-11-11 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.