2014-12-16 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第619号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『イルミネーションの季節』(相模湖プレジャーフォレストにて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 1.鳥越デジカメ教室の様子をお届けします --------------------------------------------------------------------------  年の瀬も迫ってきましたが、鳥越デジカメ教室は12月に入り、季節柄、イル ミネーションの撮影会の増えてきました。  先日、相模原市にある橋本校の『テーマ別撮影クラス』にて、『さがみ湖リゾー トプレジャーフォレスト』にある『さがみ湖イルミリオン』のイルミネーション 撮影にでかけてきたので、その様子をお届けしましょう。
( photo29 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR ) ◆さがみ湖リゾートプレジャーフォレストについて → http://www.sagamiko-resort.jp/
◆さがみ湖イルミリオンについて → http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/
 上で紹介した、最初に観光客を出迎えてくれるクリスマスツリーのそばにぐっ と近づいて、奥の風景にピントを合わせて撮影しましょう。
( photo30 : Nikon D5100 + SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM )  単焦点の望遠レンズを使っているので、クリスマスツリーのイルミネーション は美しい前ボケになります。  クリスマスの賑やかな様子が伝わってきますね。  今月のテーマ別撮影クラスで扱ったテーマは『夜景撮影のフィルターテクニッ ク』です。そこで、ここでは『プロソフトン[A]』というフィルターを使用して みました。光源の周囲に光の『にじみ』が出るので、人間の視覚に近い美しいイ メージが撮影できます。
( photo31 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  こちらはレストハウスのガラスに映り込んだイルミネーションが美しかったの で、そこを望遠レンズでクローズアップしてみました。
( photo32 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  こちらは『クロスフィルター』を使って撮影しています。光源の周囲に6本の 光条が出るのですが、それがちょうど密度よく重なって、六角形のダイヤを散り ばめたようなパターンになりましたね。
( photo33 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ソフトフィルターを望遠レンズに装着して撮影しているので、光がにじんで より印象的になっています。
( photo34 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )
( photo35 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  人間の眼球は完全な透明ではないですから、そこを通して見る、朝日や夕日や 星空や、あるいはこのイルミネーションも、少しにじんで見えているのですよね。

 だから、時々『フィルターを使うのは邪道だ』といったようなご意見をお持ち の方もいらっしゃるようですが、しかし人間の視覚に近づけるためにもフィルター は使うべきなのだと私は考えています。  さて、温かい光が滝のように流れる『ラグジュアリースペース』にやってきま した。とても大きくて広角レンズを使ってようやく画面に収まるくらいです。
( photo36 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  中央のダイヤモンドにピントを合わせて、流れ落ちる光の滝のイルミネーショ ンを前ボケに使って、撮影してみました。このような表現の時には明るい望遠レ ンズがあると本当に効果的です。
( photo37 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 50-135mm F2.8 PRO DX )  とても寒い夜でしたが、暖かい光に心も温まるミニ撮影会でした。 ◆鳥越デジカメ教室の詳細はこちらをご覧ください ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  鳥越は2014年10月21日から4日間、兵庫県〜岡山県〜香川県〜徳島県 などの瀬戸内海地方を巡る取材に出ました。  今週はその第5弾をお届けしたいと思います。  穏やかな晴天に包まれた小豆島の朝で優雅なひとときを過ごしています。
( photo01 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  と言いたいところなのですが、スケジュールは相変わらず過密で、フェリー出 航までの一時間の間に所定の撮影を済ませなければならず、撮影している当人は オセオセ、アセアセの状態なのです。(笑)  青い瀬戸内海をバックにしてギリシャ風の風車を撮影してみました。抜けるよ うな青空もまた素晴らしいですね。
( photo02 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  まるで本当に地中海沿岸のギリシャ地方にいるようで。取材を放り出して、 一日、この芝生で寝転がって昼寝をしてしまいたい衝動に駆られましたよ。(笑)
( photo03 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  小道を入れた構図は奥行き感が表現できるので効果的なアングルだと思います。
( photo04 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo05 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、名残惜しくも、小豆島オリーブ公園を後にしました。フェリー出航の時 間が近づいています。
( photo06 : PENTAX Optio-A30 )  その途中で、早朝に立ち寄った『エンジェルロード』に再びやってきました。 すると、先ほど干潮だった浜辺は今は既に満潮に向かいつつあり、『天使の架け 橋』は今はもう波打つ海の底へと消えつつある所だったのです。
( photo07 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  あれは一日に2回だけ現れる貴重な時間だったのですね。 実に素敵な時間でした。  エンジェルロードの展望台から見下ろす地中海、じゃなかった瀬戸内海は本当 に美しいですね。
( photo08 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  瀬戸内海は沿岸の人々にとっては生活道路のようなものですから、ひっきりな しに船が往来しています。そのため、単調になりがちな海の風景にアクセントを 添えてくれます。
( photo09 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ですからただ単に海を撮影するだけでなく、『絵になりそうな船がバランスの 良い構図のポイントに来たタイミングでシャッターを切る』ということが大切な のです。
( photo10 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  さて、もうすぐフェリーの出航時間です。港へ急ぎましょう。 (本当に慌ただしそうなレポート写真の展開ですね)
( photo11 : PENTAX Optio-A30 )  土庄港にやってきました。既にフェリーが着岸して待っています。
( photo12 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  到着してターミナルでチケットを購入したら、もう乗船時間です。 本当に慌ただしい。(笑)
( photo13 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  キャラバンは無事にフェリーの車両デッキに停車し。再び安堵の時間が訪れま す。
( photo14 : SONY CyberShot DSC-TX10 )
( photo15 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  フェリーの船内はこんな雰囲気です。
( photo16 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  天気が良いので甲板に上がってみましょう。オレンジ色の大きなマストが印象 的です。
( photo17 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  小豆島の港を離岸しました。実は島にいたのは16時間ほどだったのです。 もったいない。時間さえゆるせばこの長閑な(のどかな)島で2〜3日逗留して いたかったです。
( photo18 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )
( photo19 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  フェリーの食堂で一休み。うどんをいただきます。
( photo20 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  香川県といえば讃岐うどんの本場ですが。残念ながらフェリーの売店のうどん は『本物』ではありませんでした。(笑)  早く香川県に上陸して、本場の讃岐うどんを食べてみたいものです。  定期航路ではひっきりなしに船が往来しています。あれは瀬戸内海のどの島に 向かうフェリーでしょうか。けっこう大きなフェリーですから、それなりに大き な島に渡るのでしょうね。
( photo21 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  高松の街が見えてきました。もうすぐ四国上陸です。
( photo22 : SONY CyberShot DSC-TX10 )
( photo23 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  フェリーが着岸しました。キャラバンももうすぐ出発です。
( photo24 : SONY CyberShot DSC-TX10 )
( photo25 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  こうして無事に四国の土を踏むことができました。
( photo26 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  正確にカウントしていないのですが、学生時代の自転車旅行も含めると、四国 の土を踏むのはこれで8度目ほどでしょうか。  フェリーからはいっせいに車が出てゆきますから、さっそくの渋滞。これは しかたないですね。
( photo27 : PENTAX Optio-A30 )  高松港から200mも離れていない場所に高松城があります。それほど大きく ないお城ですが、青空の下、とても気持ちよくそびえていたので、撮影させても らいました。
( photo28 : SONY α55 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  四国に上陸した鳥越のキャラバンは、次はどこへ向かうのでしょうか。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ SONY CyberShot DSC-TX10 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX10/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
PENTAX Optio-A30 → http://www.pentax.jp/japan/products/digital/optio-a30/feature.html
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2014/2014-12-16.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2014/12-16/2014-12-16.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12661 "We monoomou in lotus pond." 『蓮池に物思う』 Img12662 "Come on, Let's play together!" 『さあ、一緒に遊ぼうよ!』 Img12668 "A shine of Biwa-Lake." 『琵琶湖の輝き』 Img12669 "A fishing boat in sparkle." 『輝きの中の出漁』 Img12671 "A cross over wind on paddy field." 『水田に風わたる』 Img12676 "A landscape with waterwheel." 『水車のある風景』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2014-12-16 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.