2015-02-10 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第625号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『順風満帆』(霞ヶ浦にて)


★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 1.鳥越デジカメ教室&レタッチ教室があなたの町に出張します! --------------------------------------------------------------------------  初心者からベテランまで、デジカメ撮影からレタッチ(画像処理)まで。 多くの方にご好評いただいている鳥越デジカメ教室。  このデジカメ教室&レタッチ教室は、現在のところ、おもに神奈川県と埼玉県 西部地区で開催されています。  そして、それぞれの地区ごとに実施されるクラスは微妙に異なっています。 <<< 例 >>> 横浜校にはデジカメ初級クラスがあるが、足柄校にはデジカメ実践クラスしかな い、など。  これはその地区で受講生の新規募集を行った時に、実施するために十分な受講 生が集まるかどうかによってクラスが実施されるかどうかが決定されるためです。  そのため、実施されるクラスはどうしても人口の多いエリアに偏ってしまうと いう傾向がありました。  そのような不満点を解消するために、鳥越が出張して、(たとえ少人数であっ ても)皆さんの希望される地区でデジカメ&レタッチ教室を実施できるプランを 作成しました。 ◆鳥越デジカメ教室≪少人数クラスへの出張サービス≫の詳細は下記ページをご覧ください http://tory.com/j/lecture/index.html#private
※1人からでも受講は可能です。 ※ただしその分受講費が割高になってしまうことをご了承ください。  しかしお仲間を集めれば、受講費は安くなってゆきます。  ≪例≫1人なら5万円ですが、5名集まれば1万円になります。 ※希望人数が10名を超える場合、通常の形態でその地区での  写真教室を開校することができるようになります。 (例:鳥越デジカメ教室・熊谷校、など) ※交通費は、埼玉、神奈川、東京エリアであれば、現時点ででは無料です。  上記以外のエリアへの出張は、希望者と相談の上、交通費を別途  決めさせていただくことになります。 ※受講は興味のある内容だけ単発的に受講することもできますし、  年間を通しての受講契約をすることも可能です。  いかがでしょうか?  これは『多少受講費が高くなっても、デジカメ&レタッチ教室を受講したい』 という熱意のある受講生のリクエストにお応えするためのサービスです。  鳥越もデジタルフォトの撮影ノウハウ、レタッチのノウハウを 広く各地の写真ファンにお伝えしたいと願っています。 この制度、ご興味をお持ちになりましたら、ぜひご一報ください。 できるだけスケジュールを調整して、ご期待に添えたいと思っています。 ◆鳥越デジカメ教室≪少人数クラスへの出張サービス≫の詳細は下記ページをご覧ください http://tory.com/j/lecture/index.html#private
◆鳥越デジカメ教室の詳細はこちらをご覧ください ↓ http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  先週からお届けしている『かすみがうらの帆引き船』シリーズ。 今週はその第2週をお届けいたしましょう。 ◆かすみがうらの帆引き船について↓ http://www.city.kasumigaura.ibaraki.jp/hobiki/
 さて、志戸崎漁港を出航した12人乗りのボートは離岸した後、白い引き波を 描きながら快調に霞ヶ浦の上を航行してゆきます。
( photo01 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  ちなみに私達が乗るボートの他にも、この日は2艘のボートが出航していまし た。
( photo04 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo05 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo06 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  本日は大変天気がよく、太陽の照っている方角を見ると、まるでうたた寝をし たくなるような朗らかな風景が広がっています。
( photo02 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  さて、ターゲットとなる帆引き船が目的地に到着し、帆を広げる準備を始めま した。
( photo03 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  まるで自然の風に沿うように、自然に湾曲した柱のカーブがとても美しい曲線 を描いています。
( photo07 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  ゆったりとした霞ヶ浦にゆったりとした帆引き船。とても絵になる風景です。 ボートに乗船している他のカメラマンも一斉にシャッターを切り始めます。
( photo08 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  帆引き船の帆が張られてゆく様子を少しコマ送りでご覧に入れましょう
( photo09 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo10 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo11 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )
( photo12 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  その様子を取り逃がすまいと、撮影している人の方にも自然と力が入ります。
( photo13 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  こうして10分ほどでしょうか。見事に帆が張られました。
( photo14 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  帆が張られたら、さあ撮影開始です。
( photo15 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  順光では帆は実に見事な純白の装いを見せてくれます。
( photo16 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  そして斜光では、やや透明感ある表情に帆の姿が変わりました。/
( photo18 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  本日は本当に好天恵まれました、ここでいう『好天』とは、『雲ひとつ無い』 ではなく、『ほどほどに形の良い雲が現れている』状態のことを言います  その雲を縦位置に配置して帆引き船の脇役に添えてみました。
( photo19 : SONY α55 + ミノルタ AFズーム 70-200mm F2.8 G(D) SSM )  逆光線ではちょっと暗めの露出にして撮影しましょう。帆引き船の帆の質感を 残しつつ、太陽を大胆に画面に入れて構成しみましょう。臨場感あふれる写真に なります。
( photo20 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )
( photo21 : Nikon D5100 + AF-S Nikkor16-85mmF3.5-5.6G ED/VR )  逆光での写真は美しいものです。幸いボートはゆっくりと帆引き船の周りを回っ てくれています。撮影者はその間、好きなアングルで好きなタイミングで帆引き 船を撮影することができるのです。
( photo22 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  実に見事なシチュエーションに恵まれた今回の撮影、次回はいよいよ本シリー ズの最終回ですね。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
http://amzn.to/1M6Qnre
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
http://amzn.to/174AT7k
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
http://amzn.to/1CMhDbK
★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
http://amzn.to/1M6Qnre
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
http://amzn.to/174AT7k
SONY α55 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A55VL/
http://amzn.to/1CMhDbK
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 ※ このコーナーの写真を地図ソフト上でご覧になることができます。 ◆GoogleMaps http://tory.com/j/others/maps/2015/2015-02-10.htm
◆GoogleEarthファイル http://tory.com/j/others/mm/2015/02-10/2015-02-10.zip
〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12759 "A lake in the northland." 『北国の湖』 Img12761 "A lake withe lavender fields." 『ラベンダー畑と湖』 Img12763 "Going on the wide lake." 『広き湖をゆく』 Img12770 "A memories of northern summer." 『北国の夏の思い出』 Img12771 "A beautiful blue sky and white clouds." 『美しき青空と白い雲』 Img12772 "A shine brilliantly sunflowers." 『ひまわり燦々』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 → http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- → http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2015-02-10 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.