2015-04-08 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第632号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『かたくり咲く』(東京都瑞穂町・さやま花多来里の郷にて)


★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 1.鳥越デジカメ教室『少人数制クラス・スマホ&タブレット勉強会』が発足 --------------------------------------------------------------------------  先週は橋本校の『少人数制クラス』が発足しましたとお伝えしました。これは 純粋に撮影のためのクラスです。  その一方で、デジタルフォトのための周辺知識とでもいいましょうか。こうい うご時勢ですから、『スマートフォン』や『タブレット』を活用してデジタルフォ トを楽しむ時代になってきました。  そのような時代に合わせたトピックも大切なことなので、私も一度、年間の正 規の講座として『スマホ&タブレット講座』をプランニングをしようとしました が、いかんせん、その特殊性と日進月歩の業界のスピードについてゆけずに、頓 挫しました。  しかしそれは1クラス10人を最低集めなければならないという制約が課せら れていたため、思うようにならない部分もあったのです。新規の講座で10人の 人を集めるのはなかなか容易ではありませんものね。  しかし今年度より本格的に導入を開始した『少人数制クラス』なら、参加者が 個別にもちこんだスマホやタブレットに対してきめ細かいアドバイスができるは ずなのです。

 そのような経緯もあり、『スマホ&タブレット勉強会』のクラスが、埼玉メン バーと神奈川メンバーの双方で成立することになりました  このクラス、いついつにどこで、という定期的に開催されるクラスと異なり。 全てが流動的に決定されます。  そのため、『会議室を借りる必要がない』→『個室予約可能なレストラン』な どを利用して(食事の傍ら)その中で机上レクチャーは済ませることができます。  この勉強会にご興味のある方は、下記2点のいずれかご希望か(あるいは双方) にお答えいただき、ご連絡ください。 ●1.西埼玉方面(西武線沿線) ●2.神奈川方面は、横浜、橋本、海老名会場のなかから、参加者のリクエスト により決定されます。(^^) 個人レッスンおよび少人数制クラスについて ご興味あります方は下記ページにアクセスしてご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html#private
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  今週は横浜校デジカメ実践クラスのメンバーと訪問した、東京都瑞穂町にある かたくりの里(さやま花多来里の郷)と、埼玉県飯能市にある『あけぼの子ども の森公園』の様子をお届けいたしましょう。  例によって、まずは神奈川県の中央部にある海老名駅で集合して出発です。
( photo01 : ARROWS ES IS12F )  圏央道を1時間ほど走って、東京都瑞穂町にある『さやま花多来里の郷』 (狭山かたくりの里)というところに到着しました。
( photo02 : ARROWS ES IS12F )
( photo03 : ARROWS ES IS12F )  ちなみに『花多来里』というのはもちろん『かたくり』の当て字です。 『さやま』と銘打たれていますが、実際の埼玉県狭山市はもっと北の方にありま す。『さやま』とは言ってみれば『多摩地方』と同様に、実際の多摩市よりももっ と広く存在する漠然としたエリアのことです。そのため、狭山湖北西部一帯のこ とを『狭山地方』と呼んでいるようです。  このかたくりの里は城山かたくりの里に比べると規模は小さいですが、しかし ご覧のように逆光線で花を撮影することができるので、透明感のある仕上がりが 期待できます。
( photo04 : ARROWS ES IS12F )  さっそく撮影開始です。遊歩道が狭いので、三脚を立てる余裕がありません。
( photo05 : ARROWS ES IS12F )  花の時期もまだ少し早かったようです。2部咲きといったところでしょうか。 しかしこうしてツボミの姿を捉えるのもまた可愛らしくていいですね。
( photo06 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  何はともあれ花の写真の基本は『花と同じ高さで撮ること』です。 そのためローアングル撮影が必須となります。なかなかツライ体制ですね。
( photo07 : ARROWS ES IS12F )  三脚が立てられないからといって失望することはありません。ご覧のように 『ザックの上にカメラを置く』だけでも、かなり安定して撮影することができま すよ。一度お試しください。
( photo08 : ARROWS ES IS12F )  この日は冬型の気圧配置になり、素晴らしい晴天に恵まれたものの、風は少し 冷たかったですね。しかしだからこそ、空気中の塵は払われて、素晴らしい青空 が広がっていたのです。
( photo09 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  太陽の光を浴びると、それまで俯いていたカタクリの花が、徐々に頭をもたげ てきます。
( photo10 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  そうして花びらは反り返り、美しいカタクリが花開いたのです。
( photo11 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  神社のあるこんもりとした丘の斜面を埋め尽くすように咲くカタクリの花たち は、なんとも可愛らしく可憐です。
( photo12 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  枝の途中から可愛らしい小梅が顔をのぞかせていました。
( photo13 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  花の写真というと、マクロレンズを使って画面いっぱいに写している人をよく 見かけますが、それでは野暮な写真になってしまいます。  花が小さくて可愛らしいのだということを表現するためには、このくらい思い 切って花を小さく写してみてはいかがでしょうか。  さて、午前中の撮影が終了したら移動しましょう。
( photo14 : ARROWS ES IS12F )  東京都から県境を超えて埼玉県へとやってきました。
( photo15 : ARROWS ES IS12F )  さんぽ径(さんぽみち)という、ひきぐるみの蕎麦がおいしいお店です。
( photo16 : ARROWS ES IS12F )  狭山の里にある、文字通り、お散歩の途中にぶらっと立ち寄ってみたい雰囲気 のお店です。
( photo17 : ARROWS ES IS12F )  デジカメ実践クラスは撮影だけではなく、こうして食事を囲んで過ごす団欒の 時間がまた楽しいのですよね。
( photo18 : ARROWS ES IS12F )  今回の記録写真の撮影に使用したのはスマホカメラなので画質がイマイチなた め、あまり美味しそうに見えないかもしれませんが、とっても美味しいんですよ。(笑)
( photo19 : ARROWS ES IS12F )  さて、午後の撮影地でやってきたのは埼玉県飯能市(はんのうし)にある 『あけぼの子どもの森公園』です。
( photo20 : ARROWS ES IS12F )
( photo21 : ARROWS ES IS12F )  ゆるやかな斜面を登ってゆくと。。
( photo22 : Nikon D5100 + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  とっても個性的な建物がたくさんある公園です。
( photo23 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  なんでも『ムーミン谷』をモチーフにした建築物がたくさんあるということで す。
( photo26 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )
( photo24 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  カラマツ林の向こうにぽっかりと浮かんだ白い雲が素敵ですね。まるで本当に 童話の世界のようです。
( photo25 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  その建物の周りで子どもたちがハツラツと遊んでいます。やっぱり子どもの姿 は見ていてこちらも元気になります。
( photo27 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  さて、その『ムーミンの世界』を体現したという館の中へ入ってみましょう。
( photo28 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  中は北欧風を意識した作りになっていて、とっても素敵でしたよ!
( photo29 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  屋根の上にも個性的なキャラクターがいっぱいです。
( photo30 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  そうは言ってもただ撮るだけでは面白くありません。太陽を小悪魔?の瞳の中 に配置して絞りを絞って光芒を入れてみました。(絞り値をF16以上にすると出 ます)
( photo31 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  天気の良い日は光のコントラストが高く、その明暗差を活かして光と影の印象 的な写真を撮りたいですよね。
( photo32 : Nikon D5100 + + SIGMA 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM )  太陽の燦々とした光の下、カタクリの花と童話の世界の建物、そして元気に遊 ぶ春休みの子どもたちの姿が印象的な一日でした。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ ARROWS ES IS12F → http://www.fmworld.net/product/phone/is12f/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
http://amzn.to/1M6Qnre
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12871 "non-title." 『---』 Img12872 "non-title." 『---』 Img12876 "non-title." 『---』 Img12877 "non-title." 『---』 Img12879 "non-title." 『---』 Img12880 "non-title." 『---』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2015-04-08 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.