2015-04-30 Back to HomePage
 
おはようございます。自然風景写真館の鳥越です。
自然風景写真館ブログ、第635号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『白昼夢』(前橋市・赤城南面千本桜にて)


★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 鳥越デジカメ教室『所沢校レタッチクラス』と『浦和校レタッチクラス』 --------------------------------------------------------------------------  鳥越デジカメ教室が新年度を迎えて、各クラスがスタートしています。 今回は『所沢校レタッチクラス』(ライトルームRAW現像クラス)と 『浦和校レタッチ初級クラス』の様子をお届けしましょう。  会場は必ずしも所沢市の会議室が取れるとは限りません。今月の会場は狭山市 の公共施設で行われました。
( photo21 : SONY CyberShot DSC-TX10 ) 所沢校と言いつつ、参加者は主に西武線沿線から集まっていますから、 『西埼玉校』と呼ぶのが本当は正しいのかもしれません。  さて、午前中は『ライトルームRAW現像クラス』。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  デジカメの画像を最も高画質な状態を維持しつつ、自分の好みを反映してレタッ チができるのが、RAWファイルの最大に魅力です。そのためのソフトは数多くあ りますが、私のレタッチ教室では価格の割に強力なレタッチ機能を備えた、アド ビ社の『ライトルーム』というソフトをオススメしています。
( photo23 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  人数は15〜6名くらいなので、テーブルを回りながら個別にアドバイスをさ し上げるになちょうどよい人数ですね。  今月は初回なので、いきなりレタッチに入ることはせず、主に『デジタル画像 の効果的な管理方法『快適なRAW現像のための環境設定』というテーマでレクチャー をさせていただきました。
( photo24 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  一見地味な内容に思えますが、そのような下地づくりがけっこう大切だったり するのですよね。  ところでこの時、前年度のレタッチ初級クラスを受講された方から『オンライ ン・フォトブック・サービス』を利用して作成したフォトブックの紹介がありま した。  A5サイズではありますが、なかなか立派な装丁ですね。
( photo25 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  もちろん、外装だけでなく、中身の写真もとっても素敵ですよ。とフォローす るのは忘れません。(笑)
( photo26 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  デジタルフォトの楽しみ方は、フィルムの時以上に広がっていますよね。 〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・〜〜〜・  さて、こちらは埼玉県の中心地にある浦和で、今年度よりスタートする 『浦和校レタッチ初級クラス』の様子です。
( photo27 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  さすが浦和。駅前ビルがとっても立派です。
( photo28 : SONY CyberShot DSC-TX10 )
( photo29 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  エレベーターで9階まで登ってみました。
( photo30 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  さすがに眺めはバツグンです。広大な武蔵野を一望のもとに見渡すことができ ますね。
( photo31 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  さてさて、レタッチ初級クラスのはじまりはじまり。
( photo32 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  今回は初回なので、いきなりレタッチにはいることはせず、まずはパソコン操 作の話から入りました。レタッチは楽しく有意義なものですが、しかしそれを行 うためにはパソコンの基本操作のマスターが欠かせません。
( photo33 : Panasonic LUMIX DMC-GF1 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  受講生の皆さんとディスカッションを交えて、個別のニーズをつかみながら、 慎重に1年間の講習を進めてゆきたいえですね  鳥越デジカメ教室は4月から新年度を迎えていますが、途中入校も可能です。 ◆詳しい情報は『鳥越デジカメ教室&レタッチ教室』のページをご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  桜前線は日本列島をすっかり北上し。GWの主舞台は下北半島から海を渡り、 北海道へと達しているようです。  そのような中ですが、鳥越フォトクラブのメンバーは4月10日に群馬県の 赤城山麓にある『赤城南面千本桜』にて撮影会を実施してきましたので、その様 子をお届けしましょう。  集合場所である入間市から車で2時間ほどで現地の駐車場に到着です。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 ) ◆赤城南面千本桜の場所 → http://goo.gl/IHpmed
 入り口から見事な桜並木を抜けて、会場へと進んでゆきましょう。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  赤城南面千本桜の会場風景です。ゆるやかな赤城山麓の自然のスロープを利用 して、そこに多数の桜の木が植えられています。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  望遠レンズの狭い画角を利用して遠くの風景を切り取ると、密度ある迫力ある 桜の風景写真やスナップ写真が楽しめますね。
( photo04 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  この会場のもうひとつの売り物は『シバザクラ』なのですが、こちらは残念な がら生育状況が悪いようです。  しかしあきらめることはありません。そこは感性とテクニックでカバーしましょ う。地面すれすれのローアングル撮影をすれば、少ないシバザクラでも画面を覆 うことはできますから。
( photo05 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  例えばこんな写真などいかがでしょうか。それなりに、シバザクラ咲いている ように見えますね。(笑)
( photo06 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  ともあれ、これだけ桜が群生していますが、本日の天候はあいにくの曇り空で すから、広角レンズを使って空を入れる構図は使えません。青空なら絵になりま すが、白い曇り空では絵にならないからです。  そのため、どうしても望遠レンズを使って遠くから桜の群生している箇所を切 り取る構図が多くなってしまいます。
( photo07 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  桜だけでなく、白いハクモクレンの花も咲いているのが印象的でした。
( photo08 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  こちらは参加者の一人、川越から参加されている方です。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  三脚もカメラも良い物を揃えると、とてもカッコイイですね。(笑)
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  この時の千本桜はまだ満開には早くて、6〜7部咲きといった感じでしたが、 しかしまだ開いていないつぼみの花を狙うのも風情がありますね。
( photo11 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  こちらはソメイヨシノではありませんが、桜の仲間です。曇り空が幸いして、 とても柔らかいライティングで撮影することができました。
( photo12 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  こちらは参加者の人が撮影してくれた、撮影会の様子です。一番右側のつば広 のハットをかぶった人物が講師の鳥越です。
( photo13 : Canon EOS 5D Mark3 + EF 70-200mm f/2.8L IS II USM )  こちらの写真はハクモクレンの枝の一房を、曇り空に向かって広角レンズで撮 影してみました。少しハイキー調の露出で、アート的な雰囲気の写真になりまし たよ。
( photo14 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  ちなみに撮影状況はこんな雰囲気。
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  皆さん、上のような写真を撮ろうとして、みんな上を向いてい撮影しているも のですから、観光客の皆さんが『何か珍しい鳥でもいるのですか?』と尋ねてき ます。(笑)
( photo16 : Panasonic LUMIX DMC-LX5 )  明るい望遠レンズを使うと、背景が柔らかくボケて、なんでもキレイに写って しまいますね。参加者の撮影風景までもが。
( photo17 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )
( photo18 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  桜の枝の一房にピントを合わせつつも、背後にカップルの姿を軽くぼかして配 置してみました。このぐらいボケていれば肖像権侵害の心配もしなくて済みます から。(笑)
( photo19 : SONY α77 + SIGMA 50-150mm F2.8 II EX DC HSM )  苔むした太い幹の途中から、可愛らしい花が顔を覗かせていました。 まるでささやいているような可憐な花の姿でした。
( photo20 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  赤城南面千本桜はタイミングが良ければ、満開のソメイヨシノとシバザクラが 同時に見られるそうです。  また翌年も訪れてみて、そのチャンスが来るのを楽しみに待ちましょう。  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ ◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ SONY CyberShot DSC-TX10 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX10/
Panasonic LUMIX DMC-GF1 → http://panasonic.jp/dc/gf1/
Panasonic LUMIX DMC-LX5 → http://panasonic.jp/dc/lx5/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12907 "A sky castles." 『天空の城郭』 Img12909 "An arms race of the mountains and clouds." 『山と雲のせめぎ合い』 Img12914 "Obsess on mountainside." 『山肌に取り付く』 Img12915 "A lingering snow valley." 『残雪の渓谷』 Img12918 "Montains of Tateyama." 『立山の山々』 Img12919 "We aim to next peak." 『次なる峰へ』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2015-04-30 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.