2015-08-25 Back to HomePage
 
自然風景写真館ブログ、第641号をお届けいたします。



◆今週のお気に入り◆『きらめきの滝』(長野県横谷渓谷・乙女滝にて)

★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ★☆★ 写真教室【体験参加・無料キャンペーン】(1,2,3月)★☆★  鳥越デジカメ教室&レタッチ教室をより多くの方に体験していただくために、 2016年1月〜3月の各教室への『体験参加』を『無料』で行えるようにしました。 詳細は下記ページをご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
◆◇◆ ↓過去のブログ一覧↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
◆◇◆ ↓毎日更新されるワンショット写真のページ↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/others/go_last_dailyphoto.html
◆◇◆ ↓全ての情報が見られるホームページ↓ ◆◇◆ http://tory.com/j/top.html
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■1.季節の便り =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  暑い夏が過ぎ去ろうとしていますが、皆さんお元気にお過ごしでしょうか。  鳥越率いる鳥越フォトクラブでは8月2〜3日にかけて一泊撮影会が実施され ましたので、その様子を報告させていただきます。  海老名駅で参加者をピックアップして撮影地に向かいます。
( photo01 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  暑い夏の盛りです。日本列島は太平洋高気圧に覆われて晴天そのもの。 中央道を走っている途上、雲の彼方に八ヶ岳連峰の姿が見えてきました。
( photo02 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  諏訪南インターチェンジで下車して高原道路を走ります。この近辺ではどこか らでも八ヶ岳の雄姿を望むことができます。夏の青空に白い雲が眩しいですね。
( photo03 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  さあ4時間ほど走って(途中昼食休憩を含む)、最初の撮影地に到着しました。
( photo04 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  一番目の撮影地は、日本画の大家、東山魁夷先生の作品が生み出された場所と して名高い、茅野市にある『御射鹿池』(みしゃかいけ)です。
( photo05 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  元々は農業用の溜池だそうですが、せき止められた池の水が静かにさざなみ立 ち、その対岸の森の緑が水面に映りこみ、とても美しい風景を見せてくれます。
( photo06 : SONY α77 + ミノルタ AFマクロ 100mm F2.8 )  池のほとりに咲く草花もとても清楚で美しいものです。これはリンドウの花で しょうか。
( photo07 : SONY α77 + ミノルタ AFマクロ 100mm F2.8 )  撮影会の冒頭から、とても深い緑の色彩に身も心も癒やされました。
( photo08 : SONY α77 + ミノルタ AFマクロ 100mm F2.8 )  さあ、次の撮影地に向かいましょう。
( photo09 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  次にやってきたのは御射鹿池のすぐ近くにある『横谷渓谷』(よこやけいこく) です。
( photo10 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  渓谷は大小数々の滝を擁し、渓流に沿って遊歩道が伸びています。その散策も 楽しみですね。
( photo11 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  森のなかの遊歩道をたにへ向かって降りてゆきます。土の上の道を歩くのは やはり気持ちのよいものです。
( photo12 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  見上げれば森の緑は爽やかで、見上げると、まるで自分が森のなかに吸い込ま れてゆくような錯覚を覚えます。
( photo13 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  横谷渓谷で最も大きい滝『王滝』の展望台までやってきました。 立派な東屋がありますが、今ではそれほど訪れる人は多くないのでしょうか。そ れほど整備はされていない印象を受けました。
( photo14 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )
( photo15 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  この森のなかに潜むようにして王滝の姿がそこにありました。
( photo16 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  落差はかなりのものだと思いますが。遠方からだとちょっとその全貌が掴みづ らいですね。
( photo17 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  滝の展望台は長年刈り払われていないためか、草が伸び、滝壺の様子が全く見 えないのが残念です。  やむなく滝の流れの印象的な部分だけに注目し、緊張感のある構図で切り取っ てみました。
( photo18 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  参加者の皆さんの様子です。初参加の会員の方は『写真は体力が必要なんです ね〜』と驚いていました。(笑)
( photo19 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  滝の撮影を終えて、渓谷沿いの遊歩道を下流に向かってゆるゆると歩いてゆき ます。うっすらと木漏れ日が差し込む深い森の中の小径。心が癒やされます。
( photo20 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  さて、30分ほど遊歩道を下ったでしょうか、突然目の前にひとすじの滝が現 れました。
( photo21 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  横谷渓谷の最下部にある『乙女滝』です。ちょうど時間帯が夕刻にさしかかり、 低い陽光が滝の水しぶきに差し込んだため、美しい光の陰影を描き出していまし た。
( photo22 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  超広角レンズを選択し、太陽の光をあえて画面に入れてみました。レンズに付 着した水滴が画面に写り込んでいますが、『きらめき感』を演出するため、水滴 を除去せずにあえてそのまま撮影してみました。
( photo23 : SONY α77 + SIGMA 10-20mm F4-5.6 EXDC )  夏場の山麓では、常に雲が湧き上がります。その雲の隙間からも美しい光のシャ ワーがあふれ出て、私達の目を楽しませてくれました。
( photo24 : SONY α77 + Vario-Sonnar T* DT16-80mmF3.5-4.5ZA )  初日、午後の撮影を終えた一行は上諏訪のビジネスホテルに到着です。
( photo25 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  夜にはまた新たな被写体を求めて、外に出ます。それまでここでしばし休憩を とりましょう。
( photo26 : Panasonic LUMIX DMC-GF5 + LUMIX G 14mm/F2.5 )  来週も自然風景写真館にどうぞご期待ください。 ★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■2.今週のニュース =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= -------------------------------------------------------------------------- 鳥越デジカメ教室『横浜校テーマ別撮影クラス3』が開催されました --------------------------------------------------------------------------  毎回撮影テーマを絞って講習と撮影に望む『テーマ別撮影クラス』。 横浜校では毎年回数を重ねて、最も進んでいるクラスは3回目を迎えています。
( photo27 : Nikon D5100 + Tokina AT-X 12-24mm F4 PRO DX II )  まずは机上講習からスタート。外は猛暑が予想されるので、室内で大人しくし ていようという魂胆です。  その講習ですが、今回は少し違った内容の構成にしてみました。
( photo28 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  今回の持ち物の必須用具は『定規、カッターナイフ、製図用コンパス』です。
( photo29 : SONY CyberShot DSC-TX10 ) さて、一体なにができるのでしょうか?  講習後のミニ撮影会の会場は『よこはまコスモワールド遊園地』です。
( photo30 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  園内にはきれいなイルミネーションが施されています。さて、撮影開始です。
( photo31 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  このように、イルミネーションといえば美しい『丸ボケ』を画面に入れるのが 定番の表現方法ですね。身近な被写体で試してみましょう。
( photo32 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  このように、被写体の背後にイルミネーションを配置して、絞り開放値にする と、きれいな丸ボケが出ます。
( photo34 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  さて、取り出しましたのは『ハート型の穴』をあけた黒い画用紙です。
( photo33 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  これをレンズの前にかざしてみましょう。 (※)実際にはフードを外してレンズ面ギリギリまで密着させます。
( photo35 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  すると絞りの形が『ハート型』になってしまいました。
( photo36 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  この例の場合、黒い厚紙が『レンズの絞り』と同じ役割をはたしているのです が、このようにボケというのは絞りの形状と同じ形が映り込むのです。  ボケを大きくするためには、被写体にもっともっと近づく必要があります。 あいにく草花のような小さな被写体が近くにありませんでしたので、 遊園地の売店で『くまさんカステラ』をおやつ代わりに購入しました。
( photo37 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  これをイルミネーションを背景にできるような場所にあるポールの上などに置 いてみます。
( photo38 : SONY CyberShot DSC-TX10 )  そしてそのくまさんをクローズアップ撮影をすれば、背後のボケはますます大 きく写すことができるのです。
( photo39 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  そして先ほど行ったのと同じ手法で、『ハート型の穴』をあけた厚紙をかざし てみましょう。ご覧のように美しい(?)ハート型のボケが現れました。
( photo40 : Nikon D5100 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II )  このテクニックを利用すると『ドーナツ型のボケ』『星形のボケ』など、 いろいろな形のボケを楽しむことができます。  ぜい一度お試しください!  鳥越デジカメ教室は途中入校も可能です。 ◆詳しい情報は『鳥越デジカメ教室&レタッチ教室』のページをご覧ください。 http://tory.com/j/lecture/index.html
◆今回のレポート写真で使用したデジカメ◆ Panasonic LUMIX DMC-GF5 → http://panasonic.jp/dc/gf5/
SONY CyberShot DSC-TX10 → http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-TX10/
Nikon D5100 → http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5100/
SONY α77 → http://www.sony.jp/ichigan/products/SLT-A77V/
★☆★ 人気ブログランキングに登録中! ★☆★ 皆さんの応援が励みになります。下のボタンをクリックして下さい ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 人気ブログランキングへ   にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■3.ギャラリー更新情報 =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=  Photo Gallery『フォトギャラリー』は、このブログ発行に合わせて 毎週月曜日に更新されます。今週の新作は以下の通りです。 http://tory.com/
にアクセスして、 Photo Gallery『フォトギャラリー』のページをご覧になって下さい。 ●ギャラリーに追加された新作リスト Img12978 "Landing on the mountain light." 『山上・光の踊り場』 Img12979 "A glowing clouds cover sky." 『そら覆う光る雲』 Img12980 "Going on morning mountain hills." 『朝の山塊を行く』 Img12982 "A sky above summer mountains." 『夏山の空』 Img12983 "A shade and shadow of the mountains and the valley." 『山と渓谷の陰影』 Img12985 "Mt.Tsurugidake in summer." 『夏山の剱岳』 ●ギャラリーから削除された作品リスト --- 削除された作品はありません --- =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ■4.その他のお知らせ =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-==-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-= ※ブログのバックナンバーは下記URLにアクセスするとご覧になれます。 http://tory.com/j/others/index_mm.html
※ご意見ご感想などは ( akio@tory.com ) までお寄せください。 ※このお知らせメールは自然風景写真館(http://tory.com/)から登録された方、
 および、旧・自然風景写真館にご来館いただいた方々にお出ししています。 ※お知らせメール停止をご希望の方は、以下のURLにアクセスしてください。 ---------------------------------------------- ★自然風景写真館ブログお知らせメール解除ページ ---------------------------------------------- http://tory.com/j/others/mailmagazine.html
 もしどうしても解除できない時は、 ( akio@tory.com ) にご連絡ください。 ※メールアドレスご変更の方法は、お手数ですが、一度解除いただいてから、  新しいメールアドレスで再度ご登録ください。 --------------------------------------------------------                自然風景写真家 鳥越 章夫      E-mail:akio@tory.com WebSite: http://tory.com/
--------------------------------------------------------
 
 
2015-08-25 Back to HomePage
(C) Nature Photographer Akio Torikoshi , All Right Reserved.